社会問題

2019年6月30日 (日)

学校制度そのものが構造的虐待である

来月4日にから選挙が始まりますね。山本太郎氏が立ち上げた「れいわ新選組」からの候補予定者で安冨歩さんという方がおられます。先日記者会見を開かれましたが、教育について大変素晴らしい発言をしておられましたので、その部分だけ書き起こしました。

きのくに子どもの村学園の学園長堀真一郎さんは、著書の中で、「すべ手の子どもに同じ教材を与え、教師の話が理解できなくても、じっと静かにすわっていることを強制する施設。それは、学びの場というよりは、むしろ「昼間子ども強制収容所」(Graubard: Gree the Children)とでも呼んだようがよい。」と書かれています。

安冨さんのお話を聞いても、まさにその通りと思います。

堀さんが20年以上前に本に書かれ、さらにそれより前から研究、実践を積み重ねてこられたことが、またこうして別の方から話されるのは、大変嬉しく思います。このことに、多くの大人が気がついて欲しいものです。

 

Q : 子供大事にされていない、という実例というか、状況はこの国でいうと、どういうところに見られると考えますか?

国民国家が終わって、新しい世の中の形に組み替えるというのは、どういうプロセスを経て、どれくらいのタイムスパンで実現されるとお考えですか?

 

安冨 : 子供の虐待というのは、いわゆる虐待だけではないと思っています。例えばですね、学校制度というもの自体がですね、システムの構造的虐待だと思っていて、私自身、研究者であり、なんていうんですかね、特別変わった研究者であって、普通の研究者は専門分野だけ勉強するんですけど、私はいろんな分野の勉強もしてるんですが、

私の知識のうち、学校で身につけたものって、ほとんどないに等しいんですね。それは私だけではなくて、皆さんも我が身を振り返っていただければ、学校で行われたことをどのくらい覚えているか、正直に告白していただきたいんですけど、だいたい、一人当たり2、3千万円税金がかかってるんだと思うんですけど、学校教育にですね、ひとり2千万も3千万もかけた割に、皆さん全然、何も身につけていない。

 

じゃあ、これは一体何をしているんだ、と。私は、(現在の学校教育というのは)知識を子供が習得する場ではないと考えていて、そうではなくて、「お前は無能で、無力で、なんの力もないから、そこに座っておれ」、ということを叩き込んでいるにすぎないんだと思っています。だから私たちはですね、莫大な税金を投入し、子供をスポイルし、自分で立って行って、暮らしを立てる力を持たない人間を作り出している。それが教育だと思っています。

 

だから、私たちは苦しいんだと。

 

なので、目に見えている虐待に対処する、ということではないんだと私は思っていて、子供というものが社会の中心であって、大人はその子供を守り、子供の夢を叶えたりするために生きているんだって、そういう風に位置づけを変えることがない限り、子供は大人になる前の段階の、劣った人間であるというのが今の制度です。

全ての大人はですね、選挙権を持っていて、それを代表する政党があるかもしれないけれど、子供は、子供の利益を代表する政党はないんですね。そういうことの構造的なものが、私は全てが虐待だと、そういう風に思っています。

 

それから、その、将来はどうなるのかっていうと、私にも全くわからない。私もその国民国家の中で生まれ育ち、そのイデオロギーの中でもがき苦しんでようやく今ですね、それがある種の狂気だということに気づいたにすぎないので、この先がどうなるのか、私が自ら提示するということはできないと思います。

じゃあどうするのか、というと、それはやはり子供達に決めてもらうしかない。見出してもらうしかない。

だから、その19世紀的なですね、軍隊とか工場に適応するような、命令を聞いてそれを実行するような人間ではなく、未来を切り開いてく、暮らしを立てていくという力を、創造性を持った子供たちを、莫大な数養成しないと、次の時代をどうやっていったらいいかなんて、わかるはずがないと思っています。

で、そのプロセスは、ですから少なくとも一世代、ワンジェネレーション、たった今私たちが、これまでの国民国家システムに適合するように子供達を虐待するシステムを一生懸命維持してきたのをやめ、一人一人の子供達を守り、彼らの夢を叶えるために全力をあげるという風に、たった今切り替えたとしても、一世代かかりますね。だからそういう意味でいうと、何十年、という時間が必要なんだとは思います。

 

42分30秒から記者の質問があり、それに答える形で上記の発言となります。お時間おある方は、どうぞ冒頭からご覧ください。

(なぜかこのブログの幅が狭くて動画がかけてしまっています。YouTubeで検索されるとフル画面で見られます。)

 

2011年8月19日 (金)

無責任社会

(*書いて一晩たったら、少し落ち着いたので、タイトル変えました。)

片づけをしていたら、忘れ去られた2004年の通販生活(カタログハウス)の春号がでてきました。

 

通販生活というのは、文字通り、通販のカタログ雑誌なんですが、環境に配慮した商品を扱うとともに、社会問題に関しての特集記事を組むなど、読み物としても大変面白い本なのです。

 

で、捨てる前に、一応、中身をぱらぱらとみましたら、

「中部電力と原子力安全・保安院への質問状

浜岡原発は即刻、運転中止すべきではありませんか。

 

という特集記事が組まれている!

 

すべて載せたいくらいですが、そうもいきませんので、一部だけ。

 

「万が一地震によって浜岡原発が重大な損傷をきたし、チェルノブイリのような放射能漏れ事故が発生した場合について、中部電力、原子力安全・保安院ではどんな対策を練っているのか?」

 

という質問への回答。

 

中部電力

 

【浜岡原発の耐震設計は、国の耐震設計審査指針に基づいて行われ、国による厳重な審査を受けています。

また、耐震設計審査指針は、多くの被害を出した兵庫県南部地震を踏まえても、その妥当性が損なわれることがないことが、国において確認されています。

従って、浜岡原発において、地震が原因で原子力災害が発生し損害を与えるようなことはないと考えております。

原子力災害に関しては、万が一原子力災害が起こった場合を仮定して、国、静岡県、浜岡町および当社において、原子力防災対策を定めています。

また、当社においては、法律に基づき作成した「原子力事業者防災業務計画」に従って、毎年、緊急事態に対処するための訓練を行い、防災体制の充実に努めています。

なお、チェルノブイリの事故は、日本の原子力発電所とは、設計および運転管理が全くことなることから、日本ではこのような事故は起こりえないと考えております。】


原子力安全・保安院:

【東海地震などの地震の発生に伴う原子力災害の防止については、核原料物資、核燃料物資及び原子炉の規制に関する法律をはじめとした法令などの規定に基づいて、原子力発電所が十分な耐震性を有していることを確認するなど様々な措置がなされており、原子力発電所における災害の防止に万全を尽くしております。

また、万が一、地震の発生に伴って原子力発電所で事故が起こった場合でも、災害対策基本法に基づき作成されている防災基本計画、さらにはその防災基本計画に基づき作成されている防災業務計画に原子力災害対策について定めており、その対策に従って適切に対応することが可能であると考えています。】


ですと・・・。


この回答したヤツ、出てこい!

ざけんじゃねえ~!!


と、言いたくなる。


下品、かつ、凶暴ですみません。でも、腹が立ってしょうがないです。


とか言ってる私も、2004年にこの記事を目にしたときには、ほとんど真剣に考えなかったわけですから、同じ穴のムジナなんですが・・・。

とはいっても、福島の事故が起こった今、

「原子力災害対策に従って、適切に対応できる」

なんて、たわごととしか思えませんよね。

それなのに、なんで今でも

「ストレステストをすれば」とか、

「国が安全性を保障したから」

なんていう理由で、運転できるのでしょうか?

誰も責任をとらずにすむ原子力政策、無力感でいっぱいです。

2011年7月26日 (火)

原発のこと

小出裕章さんの本を読んでいたら、いろいろ考えて、眠れなくなってしまいました。


四冊目の著書で、最新のものです。

新たな内容が盛り込まれているので、これまでの著書をすでに読まれた方にも、大変お勧めです。


サイエンティストの有志による、政府への提言書や、山田恭暉さん(元住友金属鉱業の技術者)による『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』(別名 シニア決死隊)の呼びかけ文などが、全文掲載されています。

また、福島の事故を受けての「原発Q&A」のコーナーは、とても参考になります。


「原発を廃止して、自然エネルギーへ」という流れもありますが、小出さんがおっしゃるように、「電気が足りようが足りまいが、原発は廃止」が一番大切なことだと思います。


エネルギーを使い放題、ということこそ、改めるべきことです。

夏なのに、どこいっても冷房が寒くて、私、イヤになってしまいます。どこが節電なんじゃ!

うちの医院は、今だに冷房使ってませ〜ん!まあ、湯布院という土地柄もあるでしょうが、やはり、パソコンや電気、その他、機械から発せられる熱で、30度超えることもあります。


でも、ある程度の暑さは慣れの問題ではないでしょうか。


小出さんの本の話しに戻りますが、あとがきには

【一人ひとりのみなさんが今後、自らの内部からわきあがる思いに従って、それぞれの個性を発揮して行動してくれるなら、日本だけでなく世界中の原発を廃絶させることができると私は思います。】

と書かれていて、私も、めげそうな気持ちを立て直すことができました。


この間は、上関原発建設に反対行動をしている、らんぼうさん、というかたの話しを聞きにいってきました。

http://ameblo.jp/earthguide/


彼は、「原発推進の人とも対話をしたい」と言います。

そのとき見せていただいた映像には、建設作業のために木を切り倒しに来たかたを説得して、帰っていただく様子がうつっていました。

「帰ってくれて、ありがとう」と言っているのです。若いのに、なんて立派な態度!心が震えてしまいました。


その彼が、原発を止めるために、「みなさんにもできること」の一つとしてあげてくれたのが、地元の議員さんに話しをすること、でした。


たとえば、こちら↓は、「大分県 国会議員」で検索した結果です。

http://dir.yahoo.co.jp/Regional/Japanese_Regions/Kyushu/Oita/Government/Members/

ネットって、便利ですねえ。


HPやブログを持ってるかたもそうでないかたもいらっしゃいますが、事務所の場所もでていますので、メール、お手紙、電話、訪問など、1人ひとりがやりやすい方法で、原発をとめるように動いてほしい、という要望を出しませんか?

あなたの県の国会議員さん、調べれば、すぐヒットします。


ほかにも、電力会社や経産省などに意見を伝える、ソフトバンクや城南信用金庫、その他、脱原発を明言してくれた企業を応援するなど、「私ひとりがやったって・・・」と思わず、気持ちが動いたら、なんでもやってみたらいいんですよね。


よし、明日も(って・・・もう、日付かわってるやん)頑張るぞ!

2011年6月 6日 (月)

ゆとり世代(?)に期待

朝日新聞の5日の教育欄、なかなかよかったです。

「ゆとり教育」を受けた人達が、今、大学生くらい。彼らにスポットをあてての取材です。


登場する若者たちのことばが力強くて、うれしくなりました。


「中高になると急に大学進学の実績が大事って雰囲気になって。文部科学省は『生きる力』とか言うけど、結局偏差値じゃんってイヤでした。」


「大学の序列とか、そういう日本の教育の雰囲気を崩したいんです。」


「今までの日本の教育で育てられてきた学力って『与えられたものをこなすこと』でした。受験とか。学校のシステムもそうなっている。でも社会にでていくとほとんどのことが答えがないですよね。」


「自分たちが生きていく社会を、自分たちで考えたい。この時代の空気を誰より感じている僕らが動くことで、社会は変わると思う。」


こういう若者が育ってるってことが、とてもうれしい。
全国学力テストなんかして、都道府県を競わせているなんて、まったくバカバカしく思えてくる。


親も教師も、テストの結果に一喜一憂してるから、お勉強だけできて、「自分さえよければいい」というような人間が育つんだ。


「子どもへの放射線の上限、年間20ミリシーベルト」、について説明を求める大人たちに対して、文科省の若いお役人たちの冷たい態度。

「数値で人の命を買うな!」何も答えられない文科省・原子力委員会

http://youtu.be/L1ocUT17Axc


こういう人間が育つ教育は、間違っていると思う。

2011年6月 3日 (金)

もう一つ、ユーチューブから

昨日のユーチューブのアップ、なんか端っこ切れてて変ですが、なんとか見られますね。

ならばもう一つ、トライしてみよう。

これも、関心のあるかたはすでのご存知でしょうけれど・・・。

海外から送られてきた数万個の放射線線量計が、なぜか、成田の倉庫で眠っている。 福島みずほさんが、追求してくださっています。

それにしても、この、答えてるお役人さんたち、高学歴、だったのでしょうけれど・・・。

頭がよくて、価値観の低い人って、ものすごく迷惑。

2011年6月 2日 (木)

城南信用金庫さん、ありがとう

すでにご存知のかたも多いと思いますが、私は今日知りました。 城南信用金庫の理事長さん、脱原発宣言。

うれしいです。 *ユーチューブの画面を取り込めるかどうかわからないので、とりあえず、記事短めで、アップしてみます。 ちゃんとできてるかなあ。

2011年6月 1日 (水)

重なってる!

毎日、新聞、ネットで原発に関するニュースを読みあさり、怒ったり、落胆したり、希望をもったり、めまぐるしい今日この頃です。


昨日の朝日新聞には、『九州電力の原子力発電所の安全運転は 私たちが責任を持って行います』という、全面広告が載っていて、あきれかえるばかりです。


最近の家族の会話はもっぱら原発のこと。

Nも、「まだ言うかっ!って感じだよな」と、この広告を見て憤っていました。


さて、今日、「大分県保険医協会」というところから、講演会のチラシが届きました。


「原発大崩壊!第2のフクシマは日本中にある」と題して、中部大学教授の武田邦彦氏が話されます。


おお〜、あの武田さんだ〜、行きたい!いつ?

・・・

6月19日(日)14:00 コンパルホール 多目的ホール


が〜ん、堀さんの講演会と、丸々重なってる!

場所も同じやん!


それで気になったのが、駐車場。


武田さんの講演会は、開演は14時ですが、開場は13時です。

なので、堀さんの講演会が始まる頃には、コンパルホールの駐車場がすでに満車になっている恐れがあります。

みなさまどうぞ、時間に余裕をもってお越し下さい。なお、周囲にもパーキングはたくさんございます。


それから、もし、すでにお申し込みなさっていたかたでも、武田さんのほうに行きたい、ということであれば、どうぞご遠慮なくお申し出ください。

堀さんの講演会、今現在、たくさんのかたの予約をいただいています。今後も、お申し込みいただいたみなさんに来ていただきたいと思いますので、キャンセルのかたは、必ず事前にご連絡いただきますよう、お願いいたします。


そして、原発問題に関しては、私が一番信頼しているのが、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんです。

「小出裕章(京大助教)非公式まとめ」というサイトでは、これまで小出さんのご発言をたくさん見ることができます。


↓こちらは、そのサイトに掲載されている、国会参院行政監視委員会(5月23日)に呼ばれて話しをしたときの模様です。

15分ではとても足りなかったと思いますが、そのなかで精一杯大事なことを伝えてくださっています。どうぞご覧下さい。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/23/sangiin-may23/


その小出さんの講演会は、9月17日(土)小倉、18日(日)博多、そして大分では12月18日(日)に開催されるそうです。(「小出裕章非公式まとめ」のコメント欄より見つけた日程です。大分での講演会は、17日と書いてありましたが、主催者の情報では18日とのことです。)


こういう講演会には、もともと関心のあるかたがどど〜っと集まる傾向がありますが、それでは広がらないと思うんです。

ひとりでも、ふたりでも、原発問題にあまり関心のなさそうなかた、「いいのか悪いのかわからない」というかたに声をかけて、来てもらいたいです。


まあ、とにかく、みなさま、6月19日(日)は、堀さんの講演会を聞いて、「幸せな親子関係を築く『叱らぬ教育』」について学びましょう!

2011年5月22日 (日)

代わってあげたかった

先日、体調が悪くて入院され、治療を中断していた患者さんが、2週間ぶりに来院されました。

様子を聞いてみましたら、

「どっこも悪くなかったんだけど、震災のニュースを見ていたら、若いかたがたくさん亡くなって・・・・、心臓がバクバクしてきて・・・・。代わってあげたかった・・・。」


そのかたは、もう80歳近くです。


「代わってあげたかった」


心がこもりすぎていて、こちらの方が涙がでてしまいました。


ほんとうに、震災、原発事故以来、考えることがいろいろあって、気力が萎えそうです。

無力な自分も腹立たしいし、原発推進派の意見にもムカムカするし・・・。


頭の中がいっぱいになって、耐えきれず、だだ〜っと30分くらいで原稿書いて、朝日新聞に投書しました。

1週間前のことです。まだ掲載されてませんから、ボツですね。なので、ここに載せます。せっかく書いたので。


ーーーーーーーーーーーーーーー

以前から、原子力発電所は作るべきでないと思っていましたが、福島の事故でその思いがますます強くなりました。

そこで、脱原発のためのビラ配りやデモ参加、人に伝えるなど、できることをしています。そのときに、よく言われるのが、「電気は必要だ」「停電は困る」ということなのですが、いったいどれだけの電気を使えば満足なのでしょうか。


 昨夜立ち寄ったスーパーでは、たった数分いただけなのに、強すぎる冷房に震えてしまいました。夏には、ドアを開け放したまま冷房をつけている店舗がほとんどです。店の前を通るだけでひんやりした空気が流れてきます。

以前からあったコンビニのはす向かいに、同じ会社のコンビニが建てられ、二軒とも昼間から蛍光灯を何十本もつけていました。


そうやって電気を湯水のように使うあなたたちのせいで、脱原発を訴えても、「計画停電するしかない」と電力会社に脅されるのです。家庭の節電努力を無にしてしまうほどの企業や店舗の電気の無駄使い、なんとかしてもらえませんか。


 誰も処分の方法がわからない放射性廃棄物を、子孫や過疎地、さらにはモンゴルなどの他国にまで押しつけても平気な人たちが、節電に無関心なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

2011年5月 7日 (土)

脱!原発サウンドデモin福岡

明日、行ってきます。

http://nonukefukuoka.web.fc2.com/

デモなんて、参加したことないし、私が行ったからって、一人くらい、なんの力にもならないし、わざわざ行くくらいだったら、うちでできること(メールや手紙書き)でもして、脱原発行動したほうがいいかな、とか、いろいろ悩んでましたが、とにかく、行って、歩いてきます。


そしたら、さっき、夫が、「俺も行こうかな。サウンドデモか・・・尺八吹きながら歩こう!」ですって。


今頃のブログアップですが、お近くのかた、一緒に歩いてみませんか?


【あなたの行う行動が ほとんど無意味だとしても

それでも あなたは それをやらなければなりません

それは 世界を変えるためにではなく

あなたが世界によって 変えられないようにするためです】

ガンジーの言葉より

2011年5月 6日 (金)

孫正義さん、尊敬します

6月19日(日)は、大分市で、きのくに子どもの村学園学園長 堀真一郎さんの講演会をいたします。

チラシをご覧になって、このブログを訪問してくださったかたもいらっしゃるでしょう。

それなのに、最近、原発のことばかりで、???だったかしら。すみません。


『きのくに』のカテゴリーには、教育のこと、いっぱい書いていますので、そちらをお読みください。

講演会については4月4日の記事↓をどうぞ。

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-8ec7.html


さて、やっぱり今日も、原発のことです。


先日紹介した、USTREAMでの、ソフトバンク社長、孫正義氏のお話、もうご覧になりましたか?

http://www.ustream.tv/recorded/14195780

質疑応答までいれると1時間半近くですから、まだ見てない方も多いでしょう。


そこで、私が見て、一番感動したところを、書き起こしましたので、お時間のないかた、まず、ここを見てください!お話になる様子、ぜひともご覧下さい!!


自然エネルギー財団を設立するにあたっての、孫さんによる1時間のお話のあと、質疑応答となります。

会見開始から1h23m05sあたりで、フリーランスの島田さんというかたの質問に答えて。


【自由報道協会記者会見】

Q : 孫さんの本気度、孫さんが事業としてどのように取り組んでいくのかをおうかがいしたい。(1:23:05)


孫 : そこは正直、この一ヶ月間毎日悩んでおります。これ、正直なところです。

ツイッターでですね、「原発が問題だ」とか「20ミリシーベルトを子どもにまで向けて、けしからん」と怒りまくってると、それを書けば書くほど、書くたびに、「そういうことより、本業、早く電波つなげ」と書かれるわけですね。

毎日書かれるわけです。それも事実だから、それもせないかんなあと・・・。(苦笑)


そうするとですね、まだ心が定まらないというのが正直なところですね、これ、正直なところです。

ですから、とりあえずは、ソフトバンクという通信を、情報革命を本業とした会社が、ここまで手を広げていいのかどうか、ということについて、私としては非常に悩んでると・・・。


でも、これだけ国難のときに、人の命、子どもたち、孫達の命が危険にさらされているときにですね、それをただ見過ごしていいのか。


他の誰かがやってくれるのなら、別に私は本業じゃないところまで首をつっこむべきではない、というふうに思います。

しかし、今、見るにみかねる状態だと、放っておれないという状態だという、なんか正義感がムラムラとしておるという中で、日々、毎日悩んでいるという・・・。

とりあえず会社に迷惑かけない範囲で、個人の範囲でできることはまず一回踏み出そうと、そのうえでもう少し、あと何日か悩み続けようというのが、今の、正直な気持ちです。


Q : ちょっと追加を。孫さんの言う「正義感」というのは、言葉の定義としてどういうものだとお考えでしょうか。


孫 :  ソフトバンクのね、長期的な理念、ビジョンとして、「情報革命で人々を幸せに」という、この一行なんです。

今、情報革命を、操業以来、ずっと疑わず、僕はこの一本だけを追い求める、というふうにきたんです。

いっさい脇目をふらないということできたんですけど、合わせて、「人々を幸せに」ということなんですが、今、「日本の人々が一番不幸せだ」と感じておる共通テーマが、この原発問題ではないかという気がしております。


だから、究極の選択で、情報革命を追い求めるのか、人々の幸せを追い求めるのか、どっちか一つを選ばなきゃいけないと。

平時であれば、両方追い求めます、情報革命をし、人々を幸せに、と。


でも、今、国難の時代に、自分は情報革命だけをやっておれば、それで自分の生まれてきた使命は果たせるのか、それが正義なのか、ということについて、今、毎日、心底悩んでいると・・・。


で、震災を受けたみなさんに対しても、福島で、日本中が心配しているみなさんに対しても、自分の非力さ、力のなさに、今、自分で自分が、一番腹が立っていると、なんかしなきゃいかんと。


さきほどからでているように、「あんたがいくらドンキホーテになったところで政府は動かせるのか」「電事連(電気事業連合会)だかなんだというのは動かせるのか」と。

わかりません。そんな力は私にはないと思います。

「過信してるのか」というふうにツイッターでも書かれました。「なんかちょこっと寄付して、いい気になってるんじゃないか」と、「過信してるんじゃないか」という声があるのも事実だと思います。


だけど、できるかできんかわからんけど、やらないかんことがある、と。

・・・そういうことです。(1:28:40)


最後、こみ上げてくるものを押さえながら、声を絞り出しています。ほんとうに、悩まれたんだなあと、胸が熱くなりました。この部分、ほんの5分くらいですから、ぜひみなさま、見てください。

実は、私のMac ではうつらなくて、仕事場のwindowsで見ましたが、Macの方、OSがいくつでも、見られないのかな・・・?


6月の講演会が終わったら、早くソフトバンクの携帯にしようっと。


それから、5月5日の朝日新聞に、原発推進派の加納時男氏(東電顧問・元参院議員)と、反対派の河野太郎氏(衆院議員)の話しが併記されていました。


加納氏の話しより一部抜粋。

【東電をつぶせという意見があるが、株主の資産が減ってしまう。】

【低線量の放射線は『むしろ健康にいい』と主張している研究者もいる】


全く、あきれかえる意見です。でも、朝日新聞、よくぞ載せてくれましたね。加納さんの浅さがおおっぴらになって、かえってよかったかも。


河野氏の話しより一部抜粋。

【電力会社は大学に研究費を出し、都合の良いことしか言わない御用学者を作り出す。多額の広告代をもらうマスコミは批判が緩み、巨悪と添い寝してきた。】

【自民党がやるべきことは謝罪だ。利権で原子力行政をゆがめたのだから。】


私は、孫さん、河野さん、その他、勇気を持って脱原発&自然エネルギーを推進する人達を応援します。


応援といっても、メールや手紙を送るとか、そのメーカーのものを使うようにするとか、くらいなんですが・・・。


あとは、「原子力を守る」がうたい文句の「エネルギー政策合同会議」のメンバー議員が、今度の選挙で落選することを祈るのみです。


なにか、他にできること、ないかなあ。


より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ