きのくに

2018年12月10日 (月)

いつまでも不安な親

昨日(12月9日)は、北九州子どもの村小学校の教育講座で、少し話をさせていただきました。

これまで、南アルプス子どもの村で話したのも含め3回話をしています。そして、ほぼ、三回とも、最後に「でも、やはり、学力がつくのか心配なんですが・・」「高校受験は大丈夫なんでしょうか」という質問が出て、がっくりくりきます。


堀さんの本、読んでないの?読んでも心配なの?しかも、たったいま、卒業生の保護者が、「心配ないです」って話したじゃん。

私は気が短いので、そういうとき、すぐムッとしちゃうんですが、昨日話をした別の保護者さんは、怒る私に、優しく「みんな、早く楽になりたいと思ってるのよ」と。う〜ん、そうかもしれないけど、本人が自分で悩んで進路を決めるのが、この学校のいいとこなのになあ・・・と、気分モヤモヤ。


私は今でもはっきり覚えています。『自由学校の設計』を読んだときの感動を。特に、「まえがき」に書かれた卒業生(15歳)の文章。


【高校が決まるまで
私がきのくにの中学校を卒業した後のことについて考え始めたのは、ずいぶんと遅かった。それまで何も考えていなかったというわけではなかったけれど、気が付いた時にはもう11月で、頭の筋がピンと張ってしまうくらい悩んだ。

自分が何をしたいのかは、まだよくわからないし、普通の高校に通ってしまうのも、納得いかないところがあった。

誰かに教えてもらったのでは、自分の人生でなくなってしまう。そんな気がしていたから、できるところまでは自分で考えてみたけれど、自分が考えたたくさんの意見は、なかなか一つにまとまらなくて、最後に堀さんに相談した頃には、頭のてっぺんを何かに突かれている気分だった。】


私自身がしたかったのは、こういう経験です。でも、私を含め、ほとんどの人が「何がやりたいか」よりも「どこなら入れるか」という偏差値のものさしで進路を決めたのではないでしょうか?


高校卒業して、大学に行くときも、私はやりたいことがなかった。ただ、家から出たかっただけ。こんな私に、この15歳の少女の文章は衝撃でした。

だから、もちろん、私は息子たちがきのくにに入った時、「高校も本人が行きたくないなら行かなくていいのかも」というくらい、腹が座っていました。

他の保護者も、きっとそうだと思っていたら、焦る人が多いことにびっくり。私ですら、冒頭の質問にはちょっとムッとしちゃうくらいですから、堀さんなんて、実は相当頭にきてるんだろうなあ・・・。


どうか、皆様、しっかり本を読んでくださいませね。

そして、どっぷりきのくにの理念を理解して、そこに浸かった方が、自分が楽ですよ。


さて、昨日紹介した『自由学校の子どもたち』、今なら2000円前後で手に入りますよ!オススメです。ミーティングの場面なんて、何度読んでも感動します。

2018年10月22日 (月)

きのくに研究家? きのくにオタク?

我が家ときのくに子どもの村学園との関係は、学園長である堀さんの本『自由学校の設計』に本屋さんで出会ったことに始まりました。

それがもう20年前のことです。


以来、堀さんの本、ニイルの本を読みまくってきました。

Photo


付箋をつけ、線も引いて、読んだ読んだ。


堀さんの確かな理念と子どもたちへの温かい心配りに、本当に感動したものです。

中にはスタッフの書いた文章もあって、それもよかった。


そして、きのくに主催の教育講座には、和歌山だろうと東京だろうと馳せ参じました。きのくにが実践している教育理論が面白くて、しかも、子どもが通う学校のことだもの、全て知りたかった。

会場で配られる資料も、帰ってからじっくり目を通しました。

Photo_2

中でも、サマーヒルのゾーイさんの言葉は素敵だったな〜。


学園から数ヶ月に一度発行される通信はもちろん読みましたが、時折出される堀さんからのお手紙も、いまだに全部保存してあります。

堀さんの、まず第一に子どものことを考えて出される親への手紙は、これまで誰にも指摘されたことのないことばかりで、とっても勉強になりました。


Photo_3


写真に写っているもの以外もたくさんありますが、ファイルから抜き取るのが面倒だったので、三枚だけピックアップ。


私は今だに、何がどこに書いてあるか、だいたい把握しています。それくらいよく読んだからね。


最近また読み返してるんだけど、本当にいいことが書いてある。


堀さんのお手紙は、書籍になってるわけじゃないから、読んだことない人も多いだろうな、あ〜、もったいない。
教育講座で配られた冊子も、すごくいいことが書いてあるけど、あの時もらった人だけのものだもの、中身は知らない人が多いだろうな。これを埋もれさせちゃ、ダメでしょ。


ということで、これからぼちぼち内容を紹介して行きます。(堀さんには了承を得ました。)


1週間に1〜2回程度ですが、内容をそのまま転載していこうかと考えています。


きのくに・かつやま・南アルプス・北九州の保護者の皆様、どうぞ、お読みくださいませね。


もちろん、自分で手に入れらる本はすでに読んでいるという前提です。

本も読まずに子どもを入学させるのはナシですよ!


2018年6月14日 (木)

最近思うこと

何年か前に更新を止めたものの、必要に応じてちょこちょことご案内事項だけアップしたりしていました。

そんな状態であるにも関わらず、毎日たくさんの方が過去記事をご覧下さっているようで、恐縮です。


本当に気まぐれで悪いんですが、またちょっと、年に数回かもしれないけれど、更新するかもしれません。


このブログをいまだにたくさんの方が見てくださることは、嬉しいことではあるのですが、自由教育に関心がある人が多いのか、子どもの入学を検討、もしくは入学させたけれど、心配でたまらない保護者のかたがご覧になっているのか・・・。


うちの息子たちが在学していた頃と比べて、いまはこうしてネットも発達しているので、情報が多すぎて、親も(学校も)大変ですね。


自分がブログを書いておいて、こんなこと言うのもナンですが、きのくにの教育に関しては、学園長の堀さんや、サマーヒルスクールの創設者であるニイルの本を読めばいいんですよ。


読んで、それをどう感じるか。自分が子どもだったらこの学校に行きたいかどうか。子どもを入れるのだったら、親自身も学園の理念をしっかり理解するつもりがあるのかどうか。


たまに、私の耳にも入るし、直接メールがくることもあります。

受験が心配でやめさせた、とか言う話。そう言うの聞くと、ムカ〜っとしますね。じゃあ、なんでこの学校に入学させたの?って。


子どもの人生、近視眼ではいけないと思う。


子どものことで頭をいっぱいにするより、せっかく子どもの村とご縁ができたなら、親は自分自身が成長することを考えた方がいい。


花開くタイミングは、その花自身が知っている。


それを邪魔するのは、大概、親、なんだよね。

2012年11月30日 (金)

個人メールについてのお願い

以前から、きのくにへの入学に関してメールをいただくことがよくありましたが、ここのところ、特に多くなっています。


内容は、「うちの子は◯◯なのですが、入学できますでしょうか?」「うちの子は◯◯なのですが、子どもの村でやっていけるでしょうか?」という質問が特に多いのです。


◯◯、の部分には、気質的な問題、アレルギー、身体の障害などが入ります。


上記のような質問に関しては、私は答える立場にありませんことをお断りさせていただきます。


きのくに・かつやま・南アルプス・北九州子どもの村学園に関心をお持ちのかたは、


まず、学園長である堀真一郎氏の著書を読む。

次に、子どもさんとともに学校を見学する。

より理解を深めるためA.S.ニイルの本を読む。


以上をなさればたいていわかるのではないでしょうか?

「うちの子は◯◯なのですが・・・」という質問は、どうぞ、見学に行かれたときにでも、直接学園のほうになさってください。


どうぞよろしくお願いいたします。


それから、メールをお送りいただく際には、お名前(フルネーム)や居住地、連絡先等、簡単な自己紹介をお書きください。


これまで、メールをいただいたかたと、その後も交流を持ち、楽しい出会いも多々ありますが、常識のないメールや、上記の、私が答えられない質問にはお返事を致しておりませんので、ご了承ください。

2011年8月29日 (月)

子どもに自由を 教師にも自由を

早いもので、8月ももう終わり。

暑いの大好きな私としては、ちょっぴり寂しいです。


さて、今年もあと3分の1を残すところとなりましたが、北九州子どもの村小学校では、大人気のおもちゃづくり教室が、また、9月より開かれます。


9月25日、10月30日、11月27日と、それぞれ、最終日曜日です。

時間は11:50〜15:00

9月は「かっこいいのりもの」10、11月は「電池のおもちゃ」をつくります。


北九州子どもの村小学校にご興味のあるかた、どうぞ、このおもちゃ作り教室を体験してみてください。


それから、今年は、きのくに子どもの村小学校の20周年です。


11月5日には、以下のようなイベントが企画されています。


【特別記念講演ー生きる力の強い子を育てる】

会場:橋本市産業文化会館 アザレア大ホール

時間:10:30(10:00開場)

講師:岡田武史(サッカー日本代表前監督)
   天外伺朗(元ソニー上席常務・ホロトロピックネット代表)


【教育シンポジウムー子どもに自由を 教師にも自由を】

会場:きのくに子どもの村学園 20周年記念ホール

時間:13:30(13:00開場)

参加校:韓国ムジゲ小学校
    英国キルクハニティ子どもの村
    きのくに子どもの村小中学校

コメンテーター:天外伺朗さん
        キムキョンオクさん(韓国ミンドルレ出版社)
        野田正彰さん(関西学院大学教授)
        滝内大三さん(龍谷大学教授) ほか


息子たちが卒業してしまって、ちょっと、遠くなってしまった感じのきのくにですが、このシンポジウムんは、行くつもりです。


楽しみ楽しみ。


さて、話は変わりますが、当ブログ「自由教育が世界を変える」は、本日をもちまして、閉店することにいたしました。


理由は、

☆息子たちが卒業してしまったことにより、きのくにに関する、フレッシュな話題が提供できなくなったこと


☆教育以外にも、日常のあれこれ、原発のこと、好きな本のこと、コンサート(息子のだけじゃなくて)など、書きたいことがいろいろあるのですが、ブログタイトルからあまり外れたものは、心理的に書きにくくて、不自由になってきたこと


☆6年間書いてきたので、ここらでちょっと一休みして、他のことに時間を割いてみようかと、単純に思ったこと


☆仕事のほうで、PC環境が変わったり、システムを変更したりと、慣れない私には気分の悪くなるような作業が続いています。なので、プライベートでは、ちょっとPCから離れてみたい心境・・・


といったところです。


書くことが好きなので、また、しばらくしたら、別のタイトルで書き始めるかもしれませんが、自分の気持ちがどうなるか、様子をみてみようと思っているところです。


なお、ココログは、6ヶ月以上更新しないと、ブログ自体が削除されてしまうそうです。(不確かですが、確かめるのが面倒)


なので、当面は残っているように、6ヶ月にいっぺんくらい、1、2行、書くかもしれませんが、あくまで、削除にならないようにするだけなので、気にしないでください。


みなさま、これまでのご愛顧、どうもありがとうございました。


ブログを始めたことにより、知り合った方がたくさんいらっしゃいます。


「mamiさんのブログを見て、子どもをきのくにに入れる決心がつきました」とおっしゃってくださったかたも、たくさんいらっしゃいます。


たぶん、そういうかたは、私のブログを見なくても、ちゃ〜んと、きのくににお子さんを入れたと思いすよ。でも、ちょっとでも、お役にたてたなら、うれしいことです。


これからも、たくさんのかたがたが、子どもの幸福のために、きのくに、かつやま、南アルプス、北九州子どもの村と、ご縁ができるでしょう。

子どもとほがらかに笑い、そして互いを尊重しあって、幸福に生きていく。 

そんな親子関係が築かれていくことを、願ってやみません。


【まず子どもを幸福にしよう 
      すべてはその後に続く】  完


                


2011年8月14日 (日)

きのくに子どもの村通信バックナンバー

あれから、自然な暑さの中での生活と、食事にひと手間かけたことで、すっかり体調もよくなりました。

それでまた、片付け復活!


今日は書類の日。

私の片づけバイブル、『人生がときめく片づけの魔法』では、モノ別の片づけを勧めています。

服と本と食器が終りましたので、今日は書類。


あともう少しだあ。


それで出てきたのは、きのくに関係のもの。


これらは、まだこれから必要なので保存しておきますが、通信の同じ号がいっぱい出てきました。


1313305273292.jpg


古いものでは、1998年のものからあります。


今は大きくなった子たちの可愛らしい文章や、若々しいスタッフ!

さらにじっくり見ていくと、現在スタッフをしているかたが、在校生だったときの文章ものっています。


欲しい!読みたい、というかたがいらっしゃいましたらお分けしますので、ご連絡下さい。


なお、おゆずりするかたは、すでに堀さんの本やニイルの本を読まれたかたに限らせていただきます。

2011年7月20日 (水)

親も学べる学校です

休みのたびに、片付け三昧。

すっかり忘れていたものがでてきて、楽しかったりします。


その一つ、『大人のための研修旅行』という冊子、しばし読みふけってしまいました。

2002年の夏に、きのくに子どもの村学園が企画してくれた、保護者とスタッフのためのイギリス旅行。その参加者が文章をまとめたものなのです。


7名の保護者の中で、一番心に残っていたのが、「さんちゃん」の書かれた文章です。

ご本人の了解を得て、ほんの一部だけ紹介させていただきます。


【「急がなくていい」 堀さんがこうおっしゃるのを二度聞いた。

一度目は、丸山さん(きのくに教員)が、バス運転中に。


二度目は、レストランで、ウェイトレスの勘違いで、ひとテーブルだけ料理が極めて遅く出てきた時。

他のテーブルは、もう食事が終わりかけてから料理が出てきた。 


ハードスケジュールの日で、レストランに入る前から、早めに食べてできるだけ早くユースに帰ろう、という予定になっていた。

ほんとうは、少しでも早く帰って早く休みたい、という状況でのことである。


私は、息子たちにそんなふうに、絶妙のタイミングで、実にスマートに、「急ぐ必要はない」と言ってやったことがあるだろうか、と考えた。


ここで、「早よ、しいや!」とは、言ったらアカンのやな、と思い、そう言いたいのをグッと堪えて、黙っていなければ、と思い、黙るようにはなっていた。ここ4〜5年は。

でも、ただ、グッと黙るようになっていただけ。

ついでに言うと、「急がなくていい」なんて、私が言ってもらったこともないような気がする。】


こんなふうに、自分を振り返れる人ってすばらしいなあ。


私がこの文章を読んだのは、まだ、きのくにと出会って3年くらいのことだったから、こんな保護者さんがいることに、感動してしまったことを覚えています。


旅行中、バスのクラッチのワイヤーが切れる、というアクシデントがあったとき、堀さんは、小さな声で、「これはちょっと大変だな」と言われたそうです。

その前にもアクシデントはたくさんあったけど、堀さんやきのくにのスタッフは、うろたえない。

そのあたりのことを、こう、書かれています。


【クラッチのワイヤーが切れる程度のアクシデントだと、か細い声で、「ちょっと、大変・・・」。

私が、日々、いかに些細なことに、大声を出しているか!いつも、そのことは反省しているけれど、改めて驚いた。】


同じ場面にいても、堀さんのひとことを、聞き流してしまう人もいる。


きっと、今も、いろんな保護者がいて、スタッフの言動から、たくさんのことを学んでいるかたがいらっしゃるでしょう。そして、その学びを、子育てにおおいに活かして、幸福な親子関係を築いているでしょう。


その一方で、自分のことは振り返らず、学校への要求ばかりをどんどんふくらませる保護者もいる。

もったいない・・・。


7月30日は、北九州子どもの村小学校で、堀さんの講演会が行われます。13時30分から。

テーマは、『体験学習と子どもの学力』。


転入学をお考えのかたは、事前に、学園の教育理念を学ばれることをお勧めします。


子どもの村は、子ども一人分の授業料で、親まで学べる、お得な学校です!


*なお、講演会につきましては、定員があるようですので、事前に北九州子どもの村小学校までお申し込み、お問い合わせをしていただきますよう、お願いいたします。

2011年6月20日 (月)

叱らぬ教育、実践しましょ!

19日の講演会においでいただきましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

いろいろと不慣れで、行き届かぬ点、多々ありましたこと、お詫び申し上げます。

Nに、「お母さん、もう少し落ち着けばいいのに」と言われちゃいました。


結局参加者80人。みなさんなんとか座れてよかった〜。


私のバタバタとは関係なく、堀さんのお話は、よかったですね!


アンケートでも、

「いつも叱ってばかりで、これじゃだめだ、とは思ってたけど、どうしたらいいかわからなかった。とても参考になった」

「イライラして、どうしても叱ってしまうのは、私の問題だということに気がついた」

とか、自分を振り返ることばが多く見られました。


うれしいですね。

やっぱり、今を変えるには、まず自分が変わっていくしかないですから。


私、一番心に残っているのは、堀さんが、「息子を呼び捨てにしたことがない」とおっしゃったことです。


確かに、堀さんは、学校の生徒はもちろんですが、息子さん(きのくにの教員です)のことも「くん」づけで呼びます。

それは、学校のなかではニックネームのようにもなっている(つまり○○くん、と生徒に呼ばれている)ので、実際にご家庭でどのように呼ばれているのかは知りませんでした。やっぱりお家でも、○○くん、と呼んでいるんですね。


私も、なんとなく、うちではFくん、Nくん、と呼んでいます。

もう二十歳の息子をくんづけなんて、変かなあ、と思わないこともないのですが・・・。


でもね、Fくん、と呼びかけておいて、そのあと、息子をなじったり、きつい言い方をしたりはできないんです。


たとえば、Nの部屋が、ものすごく汚い。


N、と呼びかけてしまうと、その後は、「部屋、ちょっとくらい掃除しなさいよ!」という勢いになりそう。


それが、くん付けするとなると、なんだか、『叱らぬ教育』モード(?)になるんです。


「Nくん、あんなに部屋が汚いと、頭もすっきりしないような気がするけど、どう?」

みたいな感じで、あまり上からの命令口調にはなれないんです。


我が家が平和なのは、くん付け効果もあったのかなあ、なんて思ったことでした。


昨日お話を聞かれた方は、おうちに帰ってから、どんなふうに実践されたかな?


日数がたてば、講演会効果も薄まるかもしれないけど、日々、忘れず取り組んでいきましょうね!


ニイルの本は、ぜひぜひお読みください。


それから、霜田静志さんの『叱らぬ教育の実践』(黎明書房)は、アマゾンの中古で手に入ります。これも、すぐに役立つ良い本ですよ。


2011年6月16日 (木)

託児に空きができましたー追記あり

19日の講演会の託児、キャンセルがでましたので、3歳以上でしたら1人お引き受けできます。

ご希望のかたは 090-3733-2665 松本まで。

本日(16日)は仕事が休みなので、日中でもお電話受けることができます。

講演会自体の参加も、あと数名大丈夫です。

定員(席に座れるかたの人数)に達しましたが、申し込んでいたかがた当日来れなくなるということもありますので、講演会に関心のありますかたは、当日、お電話にて状況をお問い合わせください。(6/18)


2011年6月15日 (水)

講演会についてーお知らせ

6月19日(日)の堀真一郎さんの講演会、「幸せな親子関係を築く『叱らぬ教育』」に申し込みをされたかた、今、参加を検討されているかたへ。


自由教育に関心を持ってくださって、ありがとうございます。


・13時30分開場ですが、申し込み済みのかたはそれより若干早くても受付できますので、お入りください。参加者が多く、また託児の手続き等ありまして、受付が込み合うことが予想されます。お時間に余裕をみて、お越し下さい。


・これまでに、メール、ファックスでお申し込みいただいたかたには、すべて「お受けしました」の返信をしておりますが、もし、それが届いていない、というかたがおられましたら、至急お電話ください。メール、ファックスの不具合で、私が見ていない場合がありますので。


・本日以降のお申し込み、お問い合わせは、できましたら、すべてお電話にてお願いいたします。
090-3733-2665 (仕事をしていますので、18:30〜23:00の間にお願いします。)


・託児、託児室で過ごす小学生、どちらも定員となりました。


講演会の詳細につきましては、下記をご参照ください。

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-8ec7.html


では、19日、コンパルホール4階、視聴覚室でお待ちしております。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ