2011年6月11日 (土)

Fのコンサート

堀さんの講演会まであと一週間。


当日使う資料の準備をしているのですが、堀さんの文章を読みながら、「やっぱりすごい教育だなあ」と、自由教育の奥深さをしみじみと感じています。


「叱らぬ教育」 この言葉を最初に使った霜田静志氏はこのように書いています。

「問題は、叱ることがよいか悪いかではなくて、叱らずにいられる人と、叱らずにはいられぬ人との相違である」


この言葉のふか〜い意味は、19日、講演会場で、じっくり感じて、味わって、考えてみてください。


参加者の中には、現役の保育士さんも、何人かおられるようです。

教職に就かれている方にも、ぜひとも聞いていただきたい内容です。もちろん、お父さん、お母さんにも!
(とは思うものの、残席あと少しですが・・・。)


私も、また話しが聞けるのが楽しみでしかたありません。


さて、クラシックギタリストの卵、長男Fのコンサートのお知らせです。


バーゼル音楽院への留学記念コンサートとして、7月3日(日)には湯布院で、9日(土)には福岡で演奏させていただきます。


福岡での詳細はこちらをご覧下さい。↓

http://www.foresthill-morioka.com/music/artist/info/fuyuki_B.jpg

会場はこちら↓
http://www14.ocn.ne.jp/~qkyoku/kaikan/kaikan_shisetu.html


きのくに子どもの村中学校を卒業してから、約5年学んできた、フォレストヒルギターアカデミーさんが主催してくださいました。


湯布院では、7月3日(日)17時より、空想の森 アルテジオにて行います。

コンサートは無料ですが、アルテジオの入館料600円が必要となります。

会場はこちら↓
http://www.artegio.com/museum.html


ギターの音が好きな方、クラシック音楽が好きな方、これから成長するであろうFの演奏を、お聞きいただければうれしいです。

| | コメント (2)

2011年2月 7日 (月)

ずっとギターを弾いているから

F、二十歳になったので、年金加入のお知らせがきました。

でも、まだ収入がないので、加入延期の手続きをすることにしましたら、いろいろと説明書類が送られてきました。

で、最初から収めてないと、60歳すぎてもらえる年金額が低くなる・・・云々・・・。

「まあ、いいよ。俺、ずっとギター弾いてるから・・・」


なんか、静かに感動してしまった。


やりたくもない仕事を、「なんとか定年まで」「年金がもらえるまで」、と頑張る人も多い中、「ずっとギターを弾いてる」っていう気持ちが、いいな〜と思ったんです。


まだまだ勉強中の身、稼げるようになるには、何年かかるかわからないけど、そんなに好きなことならやっていけるよね。


3月末には受験のため、スイスに出発します。親はもうなにもできないけれど、彼が不在の間、これまでのDVDなどを見て、応援していようと思います。


ネットで見ることのできるものがありますので、ご紹介します。

京都在住のギタリストであり、作曲家でもある藤井眞吾先生が昨年9月に福岡でリサイタルをされたとき、先生との二重奏で出させていただきました。(「一月一日」と「海」の二曲です)

『はじまりの音楽』という曲集は、先生と生徒との二重奏のためにつくられました。日本の美しいメロディーが、ギターのための二重奏曲としてよみがえりました。

この曲集の出版記念として、生徒代表で弾かせていただいたのです。先生のHPから、どうぞご覧くださいませ。

8.一月一日
http://homepage3.nifty.com/shingogt/guitarstudy/hajimarinoongaku/08_video.html


12.海
http://homepage3.nifty.com/shingogt/guitarstudy/hajimarinoongaku/12_video.html


ニッポンの曲、いいですね〜。つい口ずさんでしまいます。

全部で12曲。左側の曲目のところをクリックして、開いたページの一番下にあるビデオテープの画像をクリックしていただきますと、他の先生方の演奏を聞くことができます。F以外はプロの先生がたが弾かれています。

クラシックギターの音色の美しさ、たくさんの方々に知っていただきたいな。

| | コメント (3)

2010年12月12日 (日)

大分のみなさまへ

ちょっと、直前になってしまいましたが、コンサートのお知らせです。


小林道夫先生(ピアノ&チェンバロ)と佐藤俊介さん(バイオリン)のデュオリサイタルが開かれます。

とき:12月14日火曜日 19時開演(18時30分開場)

ところ:iichiko総合文化センター 音の泉ホール


今日は、日田市のホールでもコンサートがありました。

Fは譜めくりを仰せつかっておりまして、さっき帰ってきました。


「すんごくよかった!!!」

と、興奮しております。


なので、これは、少しでも多くのかたに聞いていただきたいものだと、直前ではありますが、お知らせすることに致しました。

詳しくは、下記をご覧ください。

http://plaza.rakuten.co.jp/caromusik/diary/


もし、連絡がつかない場合は、カロムジーク代表のかたの直接の連絡先(携帯)をお教えしますので、私までご連絡ください。


いたるところ、スピーカーを通した音が溢れていますが、ほんとうに美しい生の音は、なんだか体に染み込むようで、心が落ち着き、私は大好きです。(息子が譜めくり、っていうのが、なんだか落ち着かないけど・・)


日本音楽界の大御所でありながら、日々研鑽を積まれている小林先生と、新進気鋭の佐藤俊介さん(26歳)の共演、みなさま、どうぞお聞き逃しなく!


なお、リンクしたブログには載っていませんが、

「未就学児童のご入場はご遠慮ください。託児サービスがあります。詳細は、カロムジークまでお問い合わせください。」

と、チラシには書いてあります。

| | コメント (4)

2010年9月 2日 (木)

お知らせ みっつ

今日はご紹介したい情報、みっつまとめてお知らせします。

一つ目は、大分在住のかたへ(もちろん遠くから来ていただいてもうれしいですが)、二つ目は、きのくに国際高等専修学校に関心のあるかたへ、三つ目は関東方面のかたへ(もちろん九州から出向かれてもすばらしい!)。


では、順番にご紹介します。


①小林道夫 プロムナードコンサート
小林先生(ピアノ)が毎月一回開いているコンサートに、今回、Fが一緒に出演させていただきます。

とき:9月8日(水)16時〜17時
ところ:由布院 空想の森 アルテジオにて
料金:600円(アルテジオ入館料)

曲目:アンダンテと変奏 Wo044−2 ベートーベン
協奏的大二重奏曲イ長調 I モシュレス/M ジュリアーニ 共作
或る貴紳のための幻想曲 J ロドリーゴ


大曲のうえ、大先生と一緒の舞台に上がらせていただくので、必死で練習しています。

どうなりますことか親としてはドッキドキですが、こんな貴重な経験をさせてくださる小林先生には感謝の気持ちでいっぱいです。


お時間のありますかた、どうぞ、応援してやってください。

ゆっくりと美しい音楽に耳を傾け、残暑で疲れた体を癒してください。


②きのくに国際高等専修学校のオープンキャンパス

9月23日(木)と11月3日(水)の二回開かれます。

両日とも祝日ですが、きのくには普通の授業日です。在校生と一緒に授業に参加して、どんな授業、高校生活なのか、体験することができます。


詳しくは、きの高のホームページをご覧ください。

http://www.kinokuni.ac.jp/nc_kousen/html/htdocs/

7月4日の記事『きの高の魅力ーその①』には、昨年のオープンキャンパスに参加した生徒の文章を載せています。合わせてご参照ください。


③シンポジウム
【水から考えた都会と山のつながり〜クマのすめる森が都会の水を生む】

「森林伐採による山の保水力低下やダム開発に伴う水質悪化の問題などを取りあげ、水や森の大切さを考える」(朝日新聞 情報クリップより)

とき:9月19日午後1時半〜5時
ところ:東京都豊島区の立教大学池袋キャンパス
講師:ジャーナリスト橋本淳司
        日本熊森協会群馬県支部長

詳しくは、下記、ホームページからどうぞ。

http://kumamori.org/event/tokyo_sympo4/index.php

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

Fのイタリア滞在記

今年の7月、Fは、一ヶ月間、イタリアのシエナという町に滞在していました。

キジアーナ音楽院で毎年行われるサマーセミナーに参加するためです。

様々な国から参加者が集まり、声楽、指揮、フルート、ピアノ、ヴァイオリン、作曲・・・まだまだたくさんの科でレッスンと聴講、コンサートなどが開かれ、音楽漬けの一ヶ月なのです。

このことは、以前、ちょっと書きましたね。↓

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-da85.html

8月2日に無事帰国しました。

最初の二泊はホテルを予約していましたが、あとは現地で見て決めることになっていました。

Fの英語力で、そんなこと、できるのだろうか、と思っていたのですが、向こうで知り合ったスペイン人と部屋をシェアすることができて、こんなきれいなところで過ごすことができました。

すてきなお部屋!
1_4

部屋で練習していたら、隣の部屋のベランダに人がいる気配がしたので、うるさいのかな〜、と思ってドアを閉めようとしたら、その、隣の住人、サマーセミナーの指揮科の学生二人が、ベランダ伝いにFの部屋にやってきて、「なんで閉めるの!? 君のギター聞いてたんだよ。すごくよかった!もっと聞かせて!」と言いにきたそうです。

こちらはギター科講師のオスカー・ギリア先生。

Photo_2

かつて、このキジアーナ音楽院で、セゴビアに師事していました。すばらしい演奏家であるとともに、多くの優秀な弟子を育てています。

ちょっと怖い先生、と聞いていたようですが、レッスンは楽しくて、とてもためになったそうです。

その、ギリア先生のレッスンを受けるためには、初日にオーディションがあって、それに合格しなければなりません。今年は約35名が受けて、うち、23名が合格して、レッスンを受けられることになりました。

そして、最終日には、そのなかから優秀だったもの13組(デュオ含む)が、ファイナルコンサートで演奏することができます。

こんなすてきな会場で演奏ができるのです!

1_5

なんと、Fはファイナルに選ばれて、ここで演奏することができました。wine

T_2

参加者のなかには、現在留学中の人も多く、いろいろと学校の話しも聞けたそうです。

Fが来年留学したいと思っているスイスの音楽大学は、「あそこは難しいよ〜。20人に1人しか受かんないんだよ」と、数人に言われたらしく、「そんなに難しいんだ・・・」と驚いています。

でも、あまりそういう数字を気にすることなく、日々、やるべきことに取り組んでいるF。
ギターを心から楽しんでいるF。

そういうところが、彼の強さかな。

| | コメント (2)

2009年8月28日 (金)

びっくり&幸運&感動

先日の東京行き&南アルプス詣ででは、楽しいことが、い〜っぱいありました。


南アルプス子どもの村小学校でのサマースクールの様子は書きましたが、そこで、びっくり!の再会がありました。


まだオフレコかも、と思って、詳しくは書きませんが、「きのくにって、人の人生を、すてきに変えてしまうところだなあ」と思ったことでした。それにしても、堀さんの、人に対する嗅覚って、すごい!・・・って、これじゃあ、なんのことか、さっぱりわかりませんよね。すみません。10月に開校したら、もっとオープンに、書けるかな?


さて、今回の旅行中(というか、法事がメインだったんですが・・・)一番の感動は、私、大ファンのヴァイオリニスト、川畠成道(かわばたなりみち)さんにばったり会ってしまったことなので〜す。

川畠さんに関しては、過去にも記事を書いていますので、こちら↓をご参照ください。

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_7e1f.html

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_3d87.html


22日、河口湖からの帰途、乗換駅の大月のホームで電車を待っていたら、なんとそこに成道さんが!!!


びっくりして、まず、Fに小声で、「ねえ、あの人、成道さんじゃない?」とささやくと、Fもびっくりして、「あっ、ほんとや!」。


間違いないことがわかると、私、後先考えず、話しかけてました。

「あの、失礼ですが、川畠成道さんではありませんか?」


もう、そこから、とにかく、だだ〜っとしゃべって、Fと成道さん、Nと成道さんで、それぞれ写真を取らせていただきました。成道さん、とても穏やかなかたで、快く写真におさまってくださいました。

Nは一時期シャーロックホームズにはまっていたのですが、それは、成道さんの影響です。そして、きのくににいるときに、大阪の友だち一家に、成道さんのコンサートに連れて行ってもらったこともあるのです。


成道さんは、子どもを対象のセミナーを終え、その日は横浜でのコンサートに向かうところだったそうです。


10月23日は、福岡でコンサートがあるので、「行くつもりです」とお伝えし、さらに、私、図々しくも、名刺までお渡ししてしまいました。こういうとき、湯布院在住というのは、なにかと便利で、「お忙しいとは思いますが、ぜひいつか、温泉にもで入りにいらしてください」と、アピールしちゃいました。


私たちの指定席の場所から、そのホームの位置はだいぶ離れていたのですが、階段を下りる時によくわからずその場所にいたのです。最初から、指定席に近いホームに立っていたら、成道さんとお会いできなかったかもしれません。


なんという幸運!

義父からの、ご褒美だったのかなあ。

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

天才の育て方

日曜日の朝日新聞に、けっこう長く続いている、『天才の育て方』というコラムがあります。

有名人の親に、どのように育てたのかを取材したもので、4回続きのコラムです。共感するものもあれば、苦々しく思うものもありですが、興味があるので毎回読んでいます。


今回は、クラシックギタリスト村治佳織さんの『育て方』ということで、ギタリストの村治昇さんが三回目の登場です。前回までは、まだ佳織さんが小学校に上がる前までの指導法についてで、まず遊び感覚で、ご褒美も用意しつつ、楽しくレッスンしていたということが書かれていました。

今日は、小学校に入ってからの様子です。


【毎朝、「今日の練習メニュー」を書いて出かける。学校から戻った佳織は、そのメニューを自分でこなす約束だった。
音階練習○回、アルペジオ奏法の練習○回、曲○回・・・。

友だちと遊んでしまい、練習をさぼった翌朝。
「なまけ虫がお尻から入ったな」
昇は平手で思い切りお尻をたたく。 ー略ー

「練習をしなくちゃ上手になれないことや、約束をやぶっちゃいけないことが、わかり始めた年齢。だからこそきつくしかりました。自尊心を傷つけないために、本人ではなく虫のせいにして」

勝ち気な性格を逆手にとって、こんな方法をしたこともある。

「北海道にマリちゃんというギターのうまい子がいる。佳織より3ページ前を練習しているんだって」と昇がいう。すると佳織は、マリちゃんに負けまいと猛練習する。もちろん「マリちゃん」なんていない。でも、佳織は本気で張り合った。】


こういうふうにして培われてきた力って、音楽に、どのように反映されるんだろう・・・。
小さい頃から「天才」と呼ばれてきた人の多くは、こんなふうな家庭教育なのかなあ。
そうえいば、五嶋みどりさんのお母さんも、スパルタだったと聞いたことがあります。


私、昨年秋頃、ヴァイオリニスト天満敦子さんのコンサートに行って、すっかりファンになってしまいました。その後、CDを買ったり、本を読んだりしましたが、天満さんのお母さんは、スパルタとはほど遠いかたで、とても面白かったです。

天満さんが小学六年生のとき、NHKの「ヴァイオリンのおけいこ」という番組にでて、半年間その番組のなかで、超一流の先生にレッスンを受けられることになったそうです。その収録のときの話しが印象的でした。


【収録が始まってびっくりしたのは、他の子供たちはヴァイオリンのケースもお母さんが持つの。それからケースを開けて弓の毛を張って、松脂を塗って、ー略ー  準備するのは全部お母さんなの。楽譜を開いて「今日はここよ」なんてやってる。それを見て私たち親子はまたビックリした。だってママがヴァイオリンを持ったことなんてなかったし、それは死ぬまでなかった。

それで先生のご注意をお母様方が自分の譜面に書き込むわけ。それで今度はママが慌てたの。かわいそうに他のお母様方の真似をしたんだけど、音符をよめないから、ママが見ているとこと皆が見ているところは全然違う。 ー略ー
それで、そういうことをするのは、一回でやめちゃった。では何をしたかというと編み物をよくやってた。 ー略ー

それでママは「ヴァイオリンのおけいこ」に私がでていた半年の間に、スーツを編んだの。グリーンのこま編みのすごくいいスーツをスタジオの隅っこに座って六ヶ月かけて編んだ。 ー略ー
慣れないことはさっさと止めて、スーツを編んじゃったあの時、ちょっとうちのママ、誇らしかったな。】


この話しは、コンサートに行ったあとに読んだのですが、こういう家庭で育った伸びやかさが音楽に現れているような気がしました。そして、ヴァイオリンが大好き!演奏できて幸せ!、という空気が伝わってくるのです。


『天才の育て方』の話しに戻りますが、棋士、羽生善治さんのお母さんの話しが好きでした。

羽生さんは中学三年でプロになったのですが、家族が、「せめて高校くらいは」とすすめて都立高校に入学しました。そのことを、お母さんは後悔しているそうです。

【義治には、好きなことを好きなだけやらしてあげるべきだったかもしれません。本人はずっと早い段階から、将棋一本、と決めていたわけですから」

いいお母さんだなあ。

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

これでいいのだ!

まずは、ご報告です。

さる11月2日、3日に、福岡で、九州ギター音楽コンクールが開かれ、初挑戦ながら、Fが首席二位(一位なし)という、うれしい結果を出すことができました。(今頃のご報告ですみません。)

http://kyusyuguitar.org/Contest/54/index.htm

このコンクールは、ものすごく課題曲が多いので、挑戦すればとても勉強になり、ステップアップにつながるということで出場することにしました。

結果が後からついてきた、という感じです。


その後も、浮かれている間もなく通常のレッスン、特別講師のレッスン、24日はスクールの発表会で演奏。

練習の合間には、コンサートを聞きに行ったり、バイトしたり。

30日は、知人がコンサートを企画してくれ、ヴァイオリンとの共演。そのヴァイオリン奏者は中学三年生の女の子ですが、キャリアはFを遥かに越え、三歳から英才教育を受けていて、コンクールでの優勝数回、現在は月に一回東京までレッスンに行っているそうです。


昨夜は夜10時に帰宅して、それから夕食。その前夜は福岡泊まりだったので、疲れてもう休むのかと思ったら、夜中まで練習。


この間、「今の生活はどう?」と聞いたら、「何も後悔することはないよ」という返事。


自分で決めて、進んできたことだから、やれるのかな。
我が息子ながら、かっこいい、と思います。


でも、こんなふうに、10代半ばでやりたいことがみつかって、まっしぐら、というのは、珍しいかもしれません。

堀さんも、「急がなくていい」と、よくおっしゃいます。


そう、やりたいことがみつかる、みつからない、じゃなくて、やりたいことをみつけるのも、しばらく考えるのも、いろんなことをやってみるのも、とにかく、親が指図するんじゃなくて、「自分で考えて、自分で決める」ということが、大切なんだろうと思うのです。

それが、少々のことではへこたれない強さにつながるのでしょう。


少し前に、きのくに高等専修学校の大人と、Nのことを話していたとき、こんなことを言われました。(今は詳しくかけないので、ちょっと漠然としているかもしれませんが、ご容赦ください。)

「結局、それが一番やりたことなら、天才バカボンのことばみたいに、“これでいいのだ”、と自分で思えるはずです。それならそれで、ええんちゃいますか?」


自分で考えて、自分で決めて、そのことに、自分でOKをだす、「これでいいのだ!」と思えること、それが生きていく力になるのですね。Fを見ていると、そのことばが、すっきりと腑に落ちる思いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

もうすぐシンポジウム

11月22日は、きのくに子どもの村学園主催の、教育シンポジウムが開かれます。場所は和歌山県橋本市の教育文化会館で13時からです。詳細は下記をご参照ください。

http://www.kinokuni.ac.jp/kenkyusyo/page009.html

きのくに主催の講演会、シンポジウムは、何度も行きましたが、行ったら必ず実りがあります。(何かを得ようと、積極的な気持ちで行くならば、ですが。)

今回は、主に中学生が話しをするようです。子どもたちの様子を見れば、自由教育というのが、どんなものか、きっと、何かを感じ取れるでしょう。

きのくにとかつやまの中学生以外に、韓国にあるガンディ・スクールの子どもたちも参加するようですね。(誰が通訳するのかな・・・?)

自由教育に興味のあるかた、ぜひ、おでかけください。


かく言う私、数日前まで行く予定にしていたのですが、他の用事ーこれもとっても興味があるものーが二つ重なったので、今回は、そちらを優先することにしました。

以前少し触れましたが、日本くま森協会の福岡支部が主催の講演会が北九州で催されます。

「クマの棲む豊かな森を次世代へ残そう」というくま森協会の活動を知ってから、ずっと、何かしたいと思っていたのですが、なかなかチャンスがなく、日々を過ごしていました。今回、せっかくの機会なので、行ってきます。

http://www7.plala.or.jp/kumamori_fukuoka/index.html

*「講演会のご案内」から、「詳細はココ」をクリックしてください。

それと同じ場所で、夜、クラシックギターのコンサートがあり、これは以前から行きたかったのですが、シンポジウムと重なっていたのであきらめていたものです。

http://www.hpmix.com/home/guitarra/E4.htm

九州のみまさま〜、きのくにのシンポジウムにも行ってほしいけど、上の二つもお勧めです!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

ゆふいん音楽祭

みなさま、お久しぶりです。

7月24日から27日まで、ゆふいん音楽祭がひらかれました。(プログラムはこちら↓)

http://www.coara.or.jp/~mieko/ymfj.htm

このブログには、順次、そのときの写真などがアップされると思います。


24日の夜は、前夜祭といって、出演者のご紹介をかねて、無料のコンサートが開かれました。その、前夜祭に、Fが出させていただけることになり、それを見るために、音楽祭期間中、東京の義母が我が家にステイ。

5日間も一緒に過ごすなんて、初めてのことなので、それなりに緊張しつつ、昼夜のコンサートにでかけ、合間に食事つくって、仕事もありで、めくるめく(?)夏の日々。はふ〜。


で、その前夜祭、F以外は、すべてばりばりのプロの音楽家のかたばかりですので、同じ舞台に上がらせていただけるだけでも、ほんとうにありがたいことです。ひとえに小林道夫先生の、「若者を育てたい」という優しいお心のおかげだと思います。

本人も、演奏後、たくさんの課題を自覚したようです。


このときの様子が、下記の、音楽ジャーナリストの渡辺和氏が書かれているブログに出ています。↓


http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2008-07-24#comments


*着ているのは、「音楽祭Tシャツ」で、毎年新しいデザインでつくられ、期間中スタッフはこれを着用します。また、前夜祭のみ、出演者も、このTシャツを着て演奏します。


この記事の前後にも、たくさんゆふいん音楽祭についてのレポートが書かれていますので、ご興味のあるかたは、どうぞご覧ください。音楽に関するお話が、とてもすばらしいです。


Fは、不本意な演奏だったらしく、ショックを受けていましたが、音楽祭期間中に、しっかりそのことに向き合い、最終日には、自ら渡辺氏のところへ歩み寄り、「僕に、なにかアドバイスがあれば、お願いします」と尋ねたそうです。そこで、ビシッと、的確なアドバイスをいただけたそうで、今後の、大きな糧になることでしょう。


逃げない姿勢が強いな、と思います。


sunみなさま、来年の夏は、ゆふいん音楽祭を堪能する、湯布院ツアーなどいかがでしょうか〜?

| | コメント (0) | トラックバック (0)