北九州子どもの村

2019年9月30日 (月)

眠くならない授業です

朝日新聞の「いま 子どもたちは」の連載、いいですね。

今日は5回目。中学校のクラス(プロジェクト)「グローカル・グループ」が取り上げられていました。ここは担任がいなくて、子どもたちが主体的にテーマを見つけて運営していくクラスです。

今年のテーマは「食品ロス」。学校の昼食が残っているのを見て、もったいないなあ、と思って提案したそうです。毎日残飯の重さを図り、写真に撮り、記録。そして国全体はどうなのかと調べていく。こういう興味から始まった学習は、記憶しようとしなくても、深く頭と心に残りますよね。

昨日の記事は、小学生のクラス「ひらおだいファーム」というプロジェクトで、農作物を作ったり、取れた野菜を料理したり。そこにも調べたり考えたり話し合ったりが必要になります。料理する時は計算もしなければなりません。

私も学校の行事できのくにに行った時には、夢中で活動する子どもたちをよく目にしたものです。

とはいえ、いつもみんなが真剣に活動して、キラキラしてて、とはいかないこともあります。気分が乗らないのか、すみの方でプラプラしている子どもを見かけたこともあります。そんな時も、教師は参加を無理強いはしません。

記事の中では開校当初からの教師Tさんのことばが載っていました。

「発達の過程と思って見守っている。その子によって興味を持つ対象やタイミングは違う。」

そうなんですよね。親はいつも子どもが「キラキラして、頑張ってて、何かに没頭」していることを期待してしまうけど、そうじゃない時も、それはそれで認めていくれる。だから子どもたちも自分のスピードで成長していけるのだと思います。

良い学校に出会ったなあ、と記事を読んで改めてそう思いました。

 

この日(日曜日)の記事の隣には、長野県のある小学校で「眠気を抑える」ために立ち机で授業を受けられるよう「スタンディングデスク」が導入されたという記事が出ていました。

「体を動かしながら主体的に学ぶ『動きのある授業』に転換するツールになる」と、この学校を調査した大学教授の意見がありましたが、私は、それは違うんじゃないかな・・・と思いましたね。

立って眠気を飛ばすのでなく、眠くならない授業を子どもたちが受けられたらいいのだと思うのです。子どもの村の子どもたちは、そもそもじ〜っと椅子に座っている必要がないんですよね。そして、自分が興味あることに没頭できる。

椅子を変えるんじゃなくて、こっちの方向で教育を見直したら、教師も子どもも幸せなのになあ、つくづく思います。

 

2019年9月22日 (日)

子どもへの声かけー親として子どもとどうかかわるか

本日(9月22日)の朝日新聞「いま子どもたちは」のコラムに北九州子どもの村小学校が取り上げられました!

このコーナー、もうNo.1611ですが、ずっと「子どもの村学園」が掲載されないのかな〜、と思っていたので、とても嬉しいです。

今回は主に「体験学習」について書かれていますね。「ものづくり工房」(←小学校の一つのクラス=プロジェクト)で育てている綿花。多分、この学校のことを全く知らない人が読んだら、びっくり、でしょうね。

記事の一部、転載します。

【本物の仕事に挑戦して学ぶー。この学校の特徴だ。畑の綿花は250本。うまくすれば1本に25個の実がなり、125個の実でTシャツが1枚作れるらしい。じゃあ、全部で何枚のTシャツができる?教室に戻ってそんな計算をしてみる。

他にも、花のつくりを観察したり、綿、織物、紡績といった糸偏の漢字に触れたり。海外の綿花生産や植民地、奴隷貿易など地理や歴史にも広げていく。】

Photo_20190922104001

うちの息子たちが和歌山県のきのくに子どもの村学園に行ってた時も、パン作りをして、そこから世界の小麦文化を調べたり、日本の食を研究したり、庭づくり、焼き物、建物をつくりなど、そこからどんどん世界とつながる調べ物に発展していました。いわゆる教科の勉強(国語、算数、りか、社会)全て網羅されます。そうして身につけて知識はしっかりと身につくのです。

 

子どもの村学園の良さは、この体験学習だけが注目されがちですが、私が一番素晴らしいと思うところは、学校のスタッフが子どもの気持ちや心を大切にしてくれるところです。言葉かけの一つ一つに深い配慮がなされています。これについて書き出すと、ものすごく長くなるので、次回にします。

ちょうどタイミングの良いことに、今度の日曜日29日に、「子どもへの声かけー親として子どもとどうか変わるかー」という学園長(堀真一郎)の講演会が開かれます。事前申し込みが必要です。あと何回聞けるかわからない堀さんの講演会、ものすごくオススメです。その日から、子どもへの接し方が変わるでしょう。

私はこの学校の教育と出会ってから、子どもへの暴言がなくなりました。

「さっさとしなさい!」「なんでこんなことができないの!」なんて昔は平気で言ってたなあ・・・。イライラしなくても、子どもを叱ったり脅したりしなくても、というか、そんなことしないほうが、ずっとずっと子どもは素敵に育つし、良い親子関係が築けます。

どうしたらいいの? という方は、ぜひ、講演会へお出かけください。(新聞に載ったから、もう満席かなあ・・・?)

 

 

Photo_20190922104101

 

また、新入生の募集もしています。ご興味のある方は、堀さんの本がたくさん出ていますので、どれか一冊は必ずお読みください。

くれぐれも、まず、学園の理念を十分理解して欲しいと思います。単に、「宿題がないから」とか「寮があるから」でなく、この学校の良さをわかって入学してほしいと思います。そうでないと、学校では自由を体験して楽しく過ごしても、家庭だは、親が口うるさく勉強させる、というのでは、子どもがかわいそうです。

親の価値観の転換が迫られる学校です。(私見ですが・・・)

Photo_20190922104102

2018年8月26日 (日)

自分の魂の船長になる

9月30日(日)に、北九州子どもの村小・中学校の教育講座で、卒業生保護者の一人として、お話をさせていただくことになりました。他に二人保護者の方がいらっしゃるということで、一人15分くらいです。


これまで散々このブログに書いてきたし、お話しする機会もすでに何度かいただいてきました。


今回は、何に的を絞って話をしようかな〜と考え中です。

考えながら、自分のブログの過去記事をよんでいたら、読みふけってしまった。感動して涙まで出てきた。

つくづく、素敵な学校に巡り合ったなあと思います。


しっかし、私が滔々と感動話を披露しても、最後の質問で

「小一から寮に入れるのって、大丈夫でしょうか?」とか

「やっぱり勉強は心配で・・・」

などと言われると、ガクッとくる。


だから、今度は最初からその方面で攻めて行こうかな?


いやいや、ストレートに言っても響かない人には響かないしなあ・・・。


こんな感じで、ここ数日、何をポイントに話をしようかとずっと考えてます。


考えた末、結局行き着くところは、ニイルの言う「自分の魂の船長になる」と言うところなのかなあ、と思います。

もう一度ニイルの本をパラパラと読み直して見て、この言葉がしっくりときたのです。


私自身は、子ども時代に嫌という程偏差値教育を受け、道徳的な「こうあらねばならない」というものに縛られて生きてきました。

きのくにと出会って、その、「こうあるべき」というものから自由になれ、本当に楽になれました。

子どもをどうする、ということよりも、親自身が自分の無意識に気がつき、自分で自分に規制をかけていることに気づき、そこから自由になること、それが何よりも大事なのだと思っているところです。


あ〜、でも、これを、観念的でなく、伝わるように話すって難しいな〜。


また、考えます。


2011年3月14日 (月)

北九州子どもの村中学校できた!

13日は北九州子どもの村小学校で、『一年のおわりの会/卒業を祝う会』が開かれました。


卒業生のスピーチ、堂々として、ユーモアがあって、みんな、とってもすてきな子たちです。

こういう子たちが、中学校の一期生になってくれるなんて、ほんと、うれしいです。


できたてほやほやの中学校の内覧会もありました。

木の香りがただよい、解放感あふれる建物です。


子どもたちも大喜びで、中を走り回っていました。


昨年度末と比べて、人数も格段に増え、4月からはたくさんの新入生も予定されているので、ますます楽しくなることでしょう。


東北、関東の地震で、悲しい気持ちになっていましたが、北九州で希望の光とエネルギーを分けていただきました。


幸い義母のところは、無事だったようですが、東京でも余震が何度もあるそうで、心配です。


あ、それから、N、落ちちゃいました。残念!

でも、二次まで進めただけでも、ほんと、良い経験をしたと思います。

小学校二年生からずっと寮生活だったんだし、きのくにでは、ほんとに楽しく忙しく、やることめいっぱいで過ごしてきたんだから、しばらくうちでゆっくりして、今後のことを考えたり、いろいろ興味のあることをやってみるのもいいんじゃないかな。


それにしても、地震と原発の問題がショック過ぎて、合格不合格、というのが、すごく小さな問題に感じてしまいます。


こういうとき、テレビがないって、いいんだか悪いんだか。

ときどき携帯のワンセグで見ていますが、これを、テレビ画面の映像で延々と見せられたら、めげてしまいそう・・・。


今日は夫もFも東京に滞在しているのですが、停電の影響で電車が止まったりして、大変なようです。


でも、電気、ほんとうに足りないんでしょうか。


はい、もちろん、私、節電はしますよ。
無駄なネオンとか、夜中まで煌煌とついているコンビニやドラッグストアの蛍光灯も消してほしいですよ。


だけど、そういうことは、普段からしてもらいたいし、そもそも原子力発電所をつくらずに、自然エネルギーでまかなえる範囲でやっていくことを考えるべきだったと思います。


でも、まず、「原発ありき」、「ないと困るでしょ」、みたいな感じでどんどんつくられていって、「クリーンエネルギーですから」と主張してきたのに、今回の「想定外」の地震。


「だから原発はいらない!」という流れにならないように、そして、「原子力発電所がなくなったら、みなさん、ほら、こんなに困るんですよ!」と思い知らせるために、停電にしている、ということはないのでしょうか・・・?


現場で働いておられるかたのご苦労は、想像できないほどだと思いますが、実際、正しい情報が出されているのかどうか、そのあたりのトップの判断、マスコミ報道だけを鵜呑みにできないような気もして・・・。


このあたりのこと、田中優さんのお考えを聞いてみたいです。


【田中優さん=未来バンク理事長、坂本龍一氏/桜井和寿氏らと立ち上げた「ap bank」監事。
著書:『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方』『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』『地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか』他、多数。

2011年1月25日 (火)

寒いけどアツイぞ、北九州

寒がりの私、毎日毎日「寒いよ〜」と言っていますが、北九州子どもの村小学校では、雪も寒さもなんのその、1月から3月の毎月最終日曜日に『おもちゃづくり教室』が開かれます。


リピーターのかたもおられると思いますが、この教室は、ほんと、楽しい。

そして、親御さんが様子をご覧になったら、目からウロコがぽろぽろ落ちちゃうんじゃないでしょうか?


だって、スタッフの大人(いわゆる先生)は、大きな声を張り上げるんじゃなくて、静かに、楽しげにおもちゃづくりの説明をしてるんだもの。

子どもたちは、キラキラの目でしっかりお話を聞いて、自分で作りたいおもちゃを選んで、熱中します。


堀さんやスタッフからよく聞く話しなんですが、「大人(先生)が子どもをひっぱるのではなく、活動そのものが子どもを惹き付ける」ということが、よくわかる光景です。


「しずかにしろ〜」
「ちゃんと、前を向いて話しを聞かんか!」

と、教師が大声をださないと子どもは静かにならない、というのは、巷の学校でよく聞く話しですが、それは、その活動、勉強自体に魅力がないんですよ。


活動が魅力的であれば、子どもたちは驚くほどの集中力を発揮します。

もちろん、子どもの村の大人たちは、子どもの様子を注意深く見ていますし、肯定的な言葉かけをしてくれるからこそ、子どもたちものびのびと、本来の力をだせるのです。


たくさんの子どもたちに参加してほしいな。そして、楽しんで、自信をつけていってほしいな。


福井県にある、かつやま子どもの村小学校では、『手作り教室』が開かれています。
http://www.kinokuni.ac.jp/katsuyama/


年長さんの一年間、こういうものに参加できたら、きっと、親子ですごく成長できるでしょうね。

子どもがのびのび活動できるためには、(口を出さずにはおれない)親は見ていないほうがよいのかもしれないけど、スタッフの言葉かけは、ほんとうに参考になります。


それから、2月11日には、北九州子どもの村小学校にて、オープンスクールと掘さんの講演会が開かれます。

今回の堀さんのお話は、キルクハニティスクールの教育についてになりそうですね。

昨年も子どもたちみんなで出かけたイギリス、滞在したキルクハニティスクール。子どもにまけず、親もスコットランドの自由学校について、しっかり学びましょう!

この日は私も行く予定です。いろんな方とお会いできるのを楽しみにしています。


北九州の情報、詳しくは、学校のHPをご覧ください。
http://www.k-children.jp/


あ、それから、今のところ、おもちゃづくりは行く予定にしていないのですが、もし、『自由学校に子どもを入れた親に直接話しを聞いてみたい」というかたがおられましたら、喜んで出向きますのでお声かけてくださいね。

プロフィールにも書いてありますが、我が家は大分から、和歌山県のきのくに子どもの村学園に転入して、寮生活を送ってきました。次男(18歳)がとうとう、きのくに最後の年、あと、二ヶ月です。さみし〜。

2010年11月 9日 (火)

北九州子どもの村中学校開校

わ〜い!

2011年4月、北九州子どもの村中学校の開校が決定しました。


よかったよかった。これで子どもたちも安心ですね。

やっぱり、小学校、中学校と、継続してこその自由教育だと思います。


さて、今年も残すところ2ヶ月を切りましたが、北九州は熱いです!


2011年度の【新入生のための体験入学】と保護者面談の日程が発表されています。

11月18日を皮切りに、今年は3回、そして、来年2月に1回と、あわせて4回のチャンス。年長のお子さんをお持ちで、来年4月からの入学をお考えのかたは、ぜひ、この体験入学にお申し込みください。


その前に、学校を見てみたい、どんな活動をしているのかしら、というかたは、11月23日の【オープンデー】へどうぞ。在校生と一緒に、授業に参加できます。


この日は都合が悪いわ・・・というご家庭は、12月25日から2泊3日の【冬祭り】はいかがでしょうか。

今年大好評だったサマースクール同様、木工やクッキング、楽しいことがいっぱいです。


オープンデー、冬祭りとも、小学六年生まで参加できます。


そうそう、恒例となった月末日曜日のおもちゃづくり、11月もありますよ。


詳しい時間、費用、対象学年等は、下記、北九州子どもの村小学校のHPをご覧ください。

http://www.k-children.jp/


そして、しつこいようですが、この学校に興味をもたれたかたは、ぜひ、学園長、堀真一郎さんの著書をお読みください。

黎明書房から『自由学校の設計』がでています。

それ以外でも、アマゾン等で検索されると、書店では手に入りにくくなたった本もたくさんヒットします。運がよければ、お安く入手できることも!


私は今、『ニイルと自由な子どもたちーサマーヒルの理論と実際』を読み返しています。

いやあ、実に、いい教育だな〜。


これから九州で自由教育の輪がどんどん広かっていくと思うと、うれしくてたまりません。

2010年11月 1日 (月)

すてきだらけ

昨日は北九州子どもの村小学校に行ってきました。

今年になって、何回北九州に行ったかしら。ほんとに身近な存在になりました。


昨日はおもちゃづくり教室が開かれていたのです。

でも、北九州子どもの村の子どもたちは、イギリス旅行中。スタッフも事務のかたをのぞいて、全員行っています。

それなのに、どうやっておもちゃづくり教室?大丈夫。ちゃんと、きのくにからたくさんスタッフが来てくれたのです。


今回は、電池や豆電球を使って、光るお家や車、イライラ棒、電池と磁石の力を使った、くるくる回るおもちゃなど、をつくりました。

最初に見本を見てもらいながら説明するのですが、その説明のうまいこと!子どもたちは、すっかり惹き付けられて、身を乗り出して、し〜んとして聞いています。


今回は年長から小学校低学年の子どもたちばかりでしたから、「難しいんじゃないのかな〜」と思っていましたが、みんな、すごいです。熱中して、作り上げていました。


さて、今年になってしょっちゅう遊びに行っている北九州ですが、ここで、いいもの見つけちゃいました。

Photo_2

2007年につくられた、かつやま子どもの村小学校創立10周年の記念誌です。

私としたことが、今まで手にしたことがなかったなんて、不覚ですわ。


小学生、中学生、卒業生、職員、保護者、いろんなかたが、それぞれの日々を振り返って文章を書いています。

子どもたちは、どんな思いでこの学校に入ったかとか、かつやまの好きなところとか、過去の自分のこととか、ほんとうに率直に表現しています。一人ひとりが、埋もれることなく、強く自己を出しているように感じました。


卒業生の「今だからいえる話」、おもしろ〜い!

職員が、「子どもたちと生活するうちに自分自身が好きになった」という言葉には、じ〜ん。


きのくに、北九州、南アルプスには行ったことあるけど、かつやま子どもの村にだけ、まだ行ったことがなくて、私の中では、かつやまって、遠い存在だったのですが、この本を読んで、大好きになりました。

どの学校も、理念は同じだけど、それぞれの個性があって、全部すてきです。

子どももスタッフも、みんなすてきです。


1冊1000円500円。読み応え十分。これはお宝本かも。

まだ、在庫はあるそうです。

きのくにや南アルプスでの教育講座のときにも、販売してくれないかなあ。お願いしてみます。


2010年10月25日 (月)

誰の心配なのか

北九州と南アルプス子どもの村小学校の子どもたちは、現在イギリスに滞在中。約三週間四週間の予定です。


子どもたち、ドキドキわくわくでしょうね。


保護者さんたちはどうかな・・・、と思っていたら、

北九州子どもの村小学校の保護者さん、KUuさんのブログに、いいことが書いてありました!


【離れていると色々心配な気持ちになる方も多いと思いますが、
親の心配は子どもに瞬時に伝わってしまうもの。(そう、例え海の向こうでも?!)

せっかく子ども達が自分で成長しようとしている大事な時。
親のできることは仕事や家事やお出かけに!没頭して、心配を忘れちゃうことぐらいです。
どんな風に過ごしたのかは、帰って来てからゆっくりボチボチ聞く方がお楽しみですよ~。】


ほんとにその通りです。


この後も、親にとって、とても参考になることが、しっかり、はっきり書いてあります。みなさま、ぜひぜひお読みください。

http://k-children-chiacchie.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23


【「お土産を買ってきてね」とか「写真をたくさん撮ってきてね」とかはNG】

【「荷物は少なく。自分で用意してね」これは、とても重要だと実感しています。親が全てパッキングするのは最もNG!】

というくだりも、保護者さんたちにはぜひとも理解してほしいところです。


親が自分の思いを押さえきれなかったり、心配に耐えられなかったりすることで、子どもの成長の芽を摘んでいること、けっこうあると思います。

「子どものことが心配」っていうけど、結局、「親の」心配なんですよね。


学校への行き来なんかでも、親が心配で、いつまでも送り迎えしていたら、自分で考える機会も、失敗する機会も奪ってしまいます。


心が解放されていて、たくましく、自己肯定感のある子どもに育って欲しいなら、親も、ハラをくくるしかないですね。

2010年9月22日 (水)

9月もおもちゃづくり

明日はふだん通りの授業+オープンデー+教育講座、という、スタッフ大忙しの一日。

なのに、まだまだ働く、北九州のみなさま。


はい、9月からまた、最終日曜日のおもちゃづくり教室が始まります。

9月26日11:30〜15:00。

昼食付いて、楽しいおもちゃをつくれて、スタッフが温かく見守ってくれて、これで1200円。すばらしい!


23日は都合が悪くて参加できない、というみなさま、26日、チャンスです。

いつもはあっという間に定員オーバーするおもちゃづくり。リピーターも増えています。


でも、26日は、市内の幼稚園、学校等で、運動会と重なっているところが多いようで、若干空きがあるそうです。


今回つくる「ワクワク楽しい“イライラ棒”」って、なんだろ〜。気になるう〜。


お申し込み、お問い合わせはは、北九州子どもの村小学校まで、お電話で、どうぞ。
HPからは詳しい情報、チラシがご覧いただけます。

2010年9月 1日 (水)

自由な学校で子どもは育つ

今日から9月。もうすぐ夏休みもおしまいです。


きのくには9月6日から始まりますので、Nは、長〜い夏休み、バスケットの大会出場、みっちりアルバイト、たっぷりのんびりと、充実していたようです。

バイトでは、社会人の平均的初任給を上回るほど稼ぎ、ホクホクしています。


さて、北九州子どもの村小学校では、9月23日(秋分の日)に、子育て講座とオープンスクールが開かれます。

オープンスクールは、在校生と一緒に木工やクッキングなど、楽しい授業が体験できます。

10時から15時までで、費用は1200円。定員10名です。まだ大丈夫かな?ご希望のかたは、学校までお電話を。


子育て講座(13:30〜15:00)は、6月に南アルプス子どもの村小学校で行われたように、「母親たちが語る」ということで、今回は、きのくに子どもの村学園に子どもを通わせている保護者2名が話しをします。


お一人は、現在きのくに子どもの村中学校在学中の女の子のお母さん。

小学5年生で転入してこられました。そのときの入学を祝う会で、私、「もしかして、転入のかたかな?」とピンときて、話しかけた記憶があります。

話しているうちに、ご出身が北九州(ご主人が、だったかな?)ということもわかって、なんだかうれしかったのです。


そして、もう一人が、私です。


南アルプスでお話させていただいたことと内容はあまり変わりませんが、その後2ヶ月で、また息子たちの状況も少し変化がありますので、そのことも付け加えようと思っています。


我が家は、きのくにを選んで、何の後悔もありません。


『自由学校の設計』を読んだときには、「こんな学校に入れたら、絶対幸せ!」と確信したけれど、ここまで心穏やかな日々で、幸福な親子になれるとは、想像もしていませんでした。


きのくにでの感動話、あれもこれも話したい、を我慢して、25分に凝縮して、心を込めてお話しさせていただきます。


なお、子育て講座、オープンスクール、開始時間は異なりますが、どちらも小倉駅からの送迎バスがでます。予約が必要です。

子育て講座は託児もありますが、こちらも要予約となっています。


詳しくは、下記の、北九州子どもの村小学校のホームページをご覧ください。チラシのダウンロードもできます。

http://www.k-children.jp/

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ