« 2019年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年10月 7日 (水)

息子月間!

今月は長男F(とずっと書いてきたけど、前回の記事で、名前出ちゃいましたね。😃)が4日の東京での演奏会を皮切りに、大分、福岡と三箇所の公演、経費を浮かすために私は受付としてお手伝い。あ〜疲れた〜、あ〜楽しかった〜。昨年末に結婚(入籍)したのでメインは同業者(ギタリスト)でもある妻さん(奥さん、という言い方好きじゃないので、妻さん)が取り仕切ってくれるので、だいぶ楽です。💕

 

そして昨日までの三連休には次男のNが帰省。お正月以来だったのでいろいろと話も尽きず、のんびりうちで過ごしました。私はいつもより料理がんばりました。✌

 

東京のレストランでサービスの仕事をしているのですが、話を聞くと、私の知らないいろんな仕事があって面白い。へえ〜、そんなこともしてるんだ〜、忙しいんだね〜、大変なんだね〜、と。

 

普段は夫と二人暮らしですが、そんなわけで、この9月は息子たちと話をする機会も多かったのです。彼らがそれぞれの家に帰ったあと、私たちが口するのはいつもの言葉。

 

「いい息子たちだよね〜、きのくにに行かせてよかったよね〜」
きのくにに行くことで息子たちが変わっというよりも、私たち親が、きのくにとの出逢いによって、子どもを支配しようとしなくなって、不必要な心配をしなくなったから、いつも心が平和なんだろうな、と思います。

 

最後にまたFの宣伝をば。東京公演の動画です。6分くらいの演奏です。なかなか良いです。この間から始めたばかりのYouTubeチャンネルです。まだ3本しかあげてませんが、音楽好きな方、どうぞご覧くださいませ。

 

きのくにに行ってた息子がもうすぐ30歳!

    一年ぶりの記事です。

今年はコロナできのくにも本当に大変な日々を過ごされていることと思います。でも、きのくに通信を見ていると、不自由な生活の中でも工夫をしてできるだけみんなが楽しめるように大人が心を砕いているなあ、と感じます。

親御さんもいろいろと不安があるかもしれないけど、子どもの村での生活は子どもたちの一生の宝です。あまり悩み過ぎずに大らかに過ごされることを願っています。

 

さて、久々の記事でいきなりですが、息子の宣伝させてください。

長らくこのブログをご覧になってくださっている方はご存知だと思いますが、小学4年生の時から和歌山のきのくに子どもの村学園に転入した長男は、中学卒業の頃に「ギターで食べていく」と決意しました。その辺りのことはこの過去記事をどうぞ。↓

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_de8f.html

 

その後8年間のスイス留学を経て、昨年帰国。今年からボチボチ演奏活動を、と思っていたところでコロナ。でも演奏家にとってはお客様に直に聞いていただくのはとても大切なことです。

今回、東京、大分、福岡での演奏会を行います。定員の半分までしか入れられないので、小さな会場の大分はもうチケット完売してしまいましたが、4日の東京と18日の福岡はまだチケット少し残っているようです。普通のギターじゃなくて、バロックギターと19世紀ギターでの演奏です。お好きな方、ぜひどうぞおいでください。息子の追っかけなんで、私、全部行きま〜す!

Photo_20200831220801Photo_20200831220802

東京:9月4日(金)19:00 近江楽堂(オペラシティ内) 前売り3500円

福岡:9月18日(金)19:00 九州キリスト教会館 前売り3000円

 

« 2019年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ