« 2011年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2012年11月30日 (金)

個人メールについてのお願い

以前から、きのくにへの入学に関してメールをいただくことがよくありましたが、ここのところ、特に多くなっています。


内容は、「うちの子は◯◯なのですが、入学できますでしょうか?」「うちの子は◯◯なのですが、子どもの村でやっていけるでしょうか?」という質問が特に多いのです。


◯◯、の部分には、気質的な問題、アレルギー、身体の障害などが入ります。


上記のような質問に関しては、私は答える立場にありませんことをお断りさせていただきます。


きのくに・かつやま・南アルプス・北九州子どもの村学園に関心をお持ちのかたは、


まず、学園長である堀真一郎氏の著書を読む。

次に、子どもさんとともに学校を見学する。

より理解を深めるためA.S.ニイルの本を読む。


以上をなさればたいていわかるのではないでしょうか?

「うちの子は◯◯なのですが・・・」という質問は、どうぞ、見学に行かれたときにでも、直接学園のほうになさってください。


どうぞよろしくお願いいたします。


それから、メールをお送りいただく際には、お名前(フルネーム)や居住地、連絡先等、簡単な自己紹介をお書きください。


これまで、メールをいただいたかたと、その後も交流を持ち、楽しい出会いも多々ありますが、常識のないメールや、上記の、私が答えられない質問にはお返事を致しておりませんので、ご了承ください。

« 2011年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ