« 原発のこと | トップページ | 冷房にまいりました »

2011年8月 4日 (木)

それぞれの8月

8月3日、Fがスイスへと出発しました。


直前まで荷物の整理が済んでなくて、貫徹してました。マッタク〜。


さきほどメールがきて、無事ホテルに着いて、一夜明けたところだそうです。出入国も問題なかったようで、ほっとしました。


スイスでは、留学生は入国ビザは持たずに入れます。でも、それが、日本では周知徹底されていなくて、福岡空港では、なんやかんや言われてました。


それで、入国してから、「滞在許可証」というものを、役所に申請に行かなければなりません。

「なんのため」とか「何年滞在するのか」とか、「学業が終わったらすぐ帰国します」という宣言を書いて、親の残高証明書や入学許可証や大学のカリキュラムとともに提出するのだそうです。


役所窓口は、けっこう意地悪な人も多いらしいから、大丈夫かなあ。


さらに、銀行口座開設やら、住まい探しもしなくちゃだし。

1人で。あの語学力で・・・。coldsweats01


こっちはこっちで、住まいが決まったあとの荷物の送り出しという仕事が待っています。

山のような楽譜があるので、一部は持っていったけど、送るのにも重量がかなりなもの。


国際郵便なんて、初めて送るので、知らないことがたくさんです。


持って行く予定のデジカメに不具合があったので、交換品が到着したら、こちらから送ることにしていました。

携帯電話も、ぎりぎりまで使いたい、ということだったので、空港で受け取って、こちらで解約。それが終わったら、データを見たり、目覚ましとして使うために、これも後から送る予定でした。


ところが、リチウム電池は国際郵便で「危険物」扱いのため、送ることができないのです!!


ええ〜っ!


どうしようかと、いろいろネットで調べたり、デジカメ会社に相談したり、ああ、いろいろあるんだなあ。


まあ、Fも向こうで頑張ってるんだから、私もこっちでできることはやってあげよう。


いっぽうのNは8月から11月まで、これまでのアルバイト先で、契約社員として働くことになりました。

そして、資金をためて、東京にでて、とにかく自活してみたいんだそうです。


最初、その考えを聞いたときは、不安もあり、少なからずショックだったのですが、だんだん、それもいいかも、と思い始めました。

まず、やってみたいことに挑戦する、そこからじゃないと道は開けないかな、と思って。


そして、Fが出発する日は、仕事も休みにして、朝4時半にうちを出て、福岡空港までお見送り。

「前の晩、遅くまで仕事だったんだから、無理しなくていいよ」って言ったんだけど、「いや、見送り行きたいから」って。


寝ぼけ眼で起きてきて、28キロのスーツケースの積み込みも、Nがやってくれて、ああ、いい子だなあ。


私は今週末、百姓屋敷わら、でのお泊まり研修。


『人生がときめく片付けの魔法』を読んで以来、かなりすっきりしてきました。


さあ、さらにすっきりさっぱりしてくるぞ!


私がいない間、夫は、本の片付けに取り組むそうです。

「片付けの魔法」、家族に伝染しています。


|

« 原発のこと | トップページ | 冷房にまいりました »

コメント

F君、そろそろかな、と思っていましたが、もうバーゼルなのね……。
日本の常識が通用しないので、はじめは戸惑うことも多いでしょうが、
いろんなしがらみから解き放たれたスイス暮らしは、
シンプルで快適だと思いますよ。
帰国記念コンサートが、今から楽しみです!

N君、優しくて前向きで、いい青年ですね~。
やってみたいことは、とりあえずやってみる。
足りない部分があれば、気づいた時に学ぶ。
それが本当の力になっていくのだと思います。
自由な人間は、無限の可能性を持っている!

「わら」いいな~。
帰ってきたら、お話聞かせてね☆

投稿: 風の魔女 | 2011年8月 5日 (金) 19時39分

風の魔女さん、コメントありがとう。勇気づけられます。(^_^)

今、ソニックの中です。行ってきまーす!

投稿: mami | 2011年8月 6日 (土) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発のこと | トップページ | 冷房にまいりました »