« 自立の一歩 | トップページ | 新規ブログ、はじめました←閉鎖いたしました »

2011年8月29日 (月)

子どもに自由を 教師にも自由を

早いもので、8月ももう終わり。

暑いの大好きな私としては、ちょっぴり寂しいです。


さて、今年もあと3分の1を残すところとなりましたが、北九州子どもの村小学校では、大人気のおもちゃづくり教室が、また、9月より開かれます。


9月25日、10月30日、11月27日と、それぞれ、最終日曜日です。

時間は11:50〜15:00

9月は「かっこいいのりもの」10、11月は「電池のおもちゃ」をつくります。


北九州子どもの村小学校にご興味のあるかた、どうぞ、このおもちゃ作り教室を体験してみてください。


それから、今年は、きのくに子どもの村小学校の20周年です。


11月5日には、以下のようなイベントが企画されています。


【特別記念講演ー生きる力の強い子を育てる】

会場:橋本市産業文化会館 アザレア大ホール

時間:10:30(10:00開場)

講師:岡田武史(サッカー日本代表前監督)
   天外伺朗(元ソニー上席常務・ホロトロピックネット代表)


【教育シンポジウムー子どもに自由を 教師にも自由を】

会場:きのくに子どもの村学園 20周年記念ホール

時間:13:30(13:00開場)

参加校:韓国ムジゲ小学校
    英国キルクハニティ子どもの村
    きのくに子どもの村小中学校

コメンテーター:天外伺朗さん
        キムキョンオクさん(韓国ミンドルレ出版社)
        野田正彰さん(関西学院大学教授)
        滝内大三さん(龍谷大学教授) ほか


息子たちが卒業してしまって、ちょっと、遠くなってしまった感じのきのくにですが、このシンポジウムんは、行くつもりです。


楽しみ楽しみ。


さて、話は変わりますが、当ブログ「自由教育が世界を変える」は、本日をもちまして、閉店することにいたしました。


理由は、

☆息子たちが卒業してしまったことにより、きのくにに関する、フレッシュな話題が提供できなくなったこと


☆教育以外にも、日常のあれこれ、原発のこと、好きな本のこと、コンサート(息子のだけじゃなくて)など、書きたいことがいろいろあるのですが、ブログタイトルからあまり外れたものは、心理的に書きにくくて、不自由になってきたこと


☆6年間書いてきたので、ここらでちょっと一休みして、他のことに時間を割いてみようかと、単純に思ったこと


☆仕事のほうで、PC環境が変わったり、システムを変更したりと、慣れない私には気分の悪くなるような作業が続いています。なので、プライベートでは、ちょっとPCから離れてみたい心境・・・


といったところです。


書くことが好きなので、また、しばらくしたら、別のタイトルで書き始めるかもしれませんが、自分の気持ちがどうなるか、様子をみてみようと思っているところです。


なお、ココログは、6ヶ月以上更新しないと、ブログ自体が削除されてしまうそうです。(不確かですが、確かめるのが面倒)


なので、当面は残っているように、6ヶ月にいっぺんくらい、1、2行、書くかもしれませんが、あくまで、削除にならないようにするだけなので、気にしないでください。


みなさま、これまでのご愛顧、どうもありがとうございました。


ブログを始めたことにより、知り合った方がたくさんいらっしゃいます。


「mamiさんのブログを見て、子どもをきのくにに入れる決心がつきました」とおっしゃってくださったかたも、たくさんいらっしゃいます。


たぶん、そういうかたは、私のブログを見なくても、ちゃ〜んと、きのくににお子さんを入れたと思いすよ。でも、ちょっとでも、お役にたてたなら、うれしいことです。


これからも、たくさんのかたがたが、子どもの幸福のために、きのくに、かつやま、南アルプス、北九州子どもの村と、ご縁ができるでしょう。

子どもとほがらかに笑い、そして互いを尊重しあって、幸福に生きていく。 

そんな親子関係が築かれていくことを、願ってやみません。


【まず子どもを幸福にしよう 
      すべてはその後に続く】  完


                


« 自立の一歩 | トップページ | 新規ブログ、はじめました←閉鎖いたしました »

きのくに」カテゴリの記事

コメント

mamiさん!
素晴らしいブログをありがとうございました。
娘の高校休学と同時に、あなたと、このブログに出会ったことは、
決して偶然ではないと思っています。(紹介してくれた菊さまにも大感謝!)
あなたの言葉に、どれだけ励まされたことか。
このブログが終わってしまうのはつらいですが、
落ち着いたら、今度はあなた自身のブログをぜひ始めてくださいね。
気長に待ってます☆

はじめてコメントさせていただきます。
来春からムスコがきのくに1年生でお世話になる予定です。
ブログいつも拝見させていただいていました。
共に歩いていくそんな真っ直ぐで素直な姿勢が大好きで、
ムスコもきのくにへ行けたらと思うようになりました。
ありがとうございます。

お久しぶりです。
時々、拝見させてもらってました。子どもはきのくにに行かなかったけれど、気持ちは非常に近くて、励みにさせてもらってました。お疲れさまです。また、どこかでお会いできますように。

○風の魔女さん
私も、魔女さんと出会えてほんとうにうれしい!!
風じん雷じん、いつ行ける?夫と私は10日にワサダタウンで「明日に向かって撃て」を見たあと、行くつもりよ!
それから、九電前で、16:30から18時、原発反対のプラカードもって、一人で立っている女性がいます。明日、1日は、私も行ってきます。
また、時間をつくって、会おうね。お話したいです。

○楽さま
コメントありがとうございます。11月のシンポジウム、行かれますか?とっても楽しいと思いますよ。お会いでいたらいいな。
これからは、「風の魔女」さんのブログ「風の音書店へようこそ」をぜひお読みください。とってもためになりますよ〜。

○シンドウヨウコさま
5月の、倉敷クラフト展に行くつもりだったんですよ!でも、ちょうどその日、夫の尺八の演奏会と重なり、夫婦円満のため、そちらを優先しました。
また、ブログで情報をお知らせくださいね。ぜひ行ってみたいです。

こんにちは
今日で終わりだなんて、私の楽しみが一つなくなるのかと思うと、とても寂しいです。

少し休んで、たっぷり充電したら、必ず戻ってきてね まみちゃん!

それから シンポジウム私も行きますので、その時はよろしくね

6年間 ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

mamiさん

これまで、きのくにの事を含めていろいろと
ブログで披露してくださりありがとうございます。
検索でこのブログに出会い、むさぼるように
何ヶ月かかけてすべて読み切り、
昨年6月には直接お目にかかることができて・・・

今年4月から子どもがきのくにでお世話になっています。
これもこのブログがなければなかったことだろう、
と思わずにはいられません。

このたびの大震災・津波・原発問題といろいろとありますが
mamiさんの考えを知るたびに、きのくにを通じて
同時代に同じ価値観を共有できたことをうれしく思います。

mamiさんの決めたことなので仕方ないですが
定期的に堀さんやニイルなどの原点を思い出させてくれる
場所として、とても重宝していたので
(きのくにに入って以降、ニイルなどの書籍から
少々遠ざかったいます・・・)
ブログ閉店を寂しく思うと共に、このブログを通じて
mamiさんに出会えた縁を有難く感じています。

きのくに時間をもう少し共有したかったなぁ、
と言うのが正直なところですが、
これまで、本当にありがとうございます。

これからは自分がきのくににディープに
はまっていく番ですね。

毎回の更新を楽しみにしていました。ありがとうございました

ウチの子は結局きのくにとご縁がなかったようですが、オープンキャンパスに行った経験は親子にとって心の宝石です。本当にお世話になりました。
この前湯布院に行った時、KUNUGINOOKAに行きました(残念ながらラストオーダー後でしたが)。素敵なお店でした。
新しいブログ開設の際はリンク貼りをよろしく!

この春にきのくにのことを知り、こんな学校あったらいいな・・・が存在することに嬉しくなり、調べるうちにmamiさんのブログにたどり着きました。たくさんの出来事を楽しく拝見し、きのくにのことをいろいろと知ることができました。ありがとうございます
おかげさまで、ムスコもこの9月から北九州に転入します。

これからも、よろしくお願いいたします

mamiさま

ブログ閉店されるのですね。とっても寂しいです。

毎回の更新を心待ちにし、きのくにでのいろんな出来事やmamiさまのお考えを楽しみに読ませていただいてました。
子どもがいて成長するってどういうことだろうっていうのを、素直に教えていただいた気がしています。

こちらのブログから頂いた元気は、私たち親子をとっても勇気付けてくださいました。
今ではわが子もきのくにっ子。こちらのブログに出会ったからこそ出来たことだと思ってます。

ほかにもいろいろご縁を感じるようなこともあったんですよ。(あくまで私が勝手に思ってることですが

11月のシンポジウムには参加します。
今度こそ、声を掛けさせて下さいね。

さびしいけど、なんだか清々しいです。
mamiさんは多分女性のサムライだと思います。
このようなスパッ!スカッ!とした方に出会えてほんとわたし幸せものです。
ありがとうです!!

ずっと、更新が楽しみでした。

長い間、ありがとうございました。
この間、拙文をご紹介くださったときには、カチカチの高野豆腐が戻ったみたいな感じでいろいろ、ふわぁっと思い出して懐かしかったです。

楽しみがひとつ、減りますが、

またお目にかかれる日を楽しみにしています。 

みなさま、温かい言葉、どうもありがとうございます。

○ぴいぶさんはきのくにで出会った、大切なお友達です。これからも、よろしくね。シンポジウムでは、つもる話もあるのよ〜。ちゅりぼうさんもいらっしゃいますよね?楽しみにしています。

○わかくささま
南アルプスでは、お会いできて、うれしかったです。
そうです!これからは、わかくささんが、どっぷりつかる番ですわ!

○ぶみちゃん、櫟の丘、またぜひ行ってみてくださいね。天気がいいときは、テラス席からの眺めも最高です。
これからも、どうぞよろしく。リンクの件、了解です!

○LLyukoさま
いつか、北九州でお会いできますね。
堀さんの講演会や、その他、親が学べる機会はたくさんあるので、がんがん参加してくださいね。^^

○narupinさま、11月には、ぜひお声かけてくださいね。ぜひ一度お会いしたいです。
スタッフのかたに、「大分からきてる松本さん」と聞いてもらえればわかると思います。

○かめポンさん、私、全然スパッとしとらんのよ。決断早いのは、食事処で注文するときだけ。(やたら早い!で、後悔すること多々あり)
世が世なら、私、テロリストになってたんじゃなかろうかと思うときがある。自分が怖いです。^^”

○さんちゃんには、ほんとうに、たくさんたくさん、教えていただきました。あの文章は、ほんとうにすてきでした。あれを読んで、私、忘れていたあんなこと、こんなこと、をいっぱい思い出しました。
ところで、大変な水害、大丈夫でしょうか?今朝の新聞を見て、心配していました。また、後日、メールします。この間のメールのお礼も書き途中でした。

夏休みの終わりごろ、寝ている私の夢のなかにmamiさんが現れて、
ハイテンションでおしゃべりしている夢をみました。
「お~♪」と思って後日、ブログをみたら・・・!!
突然のことで驚いています。
しかし、前向きなmamiさんらしい文面に、
よかった と、読んでて爽やかに思いました。

mamiさん、いろいろありがとうございました!

せっかくのブログですので、みなさんや、学校のこと知りたい方、
それから私のためにも、
ずっと、残るかたち で置いててくださいね

きのくにも今週から学校がスタートしました。
ブログ開始頃に入学した息子も
来週、修学旅行に出かける年齢へとなりました。

mamiさんのブログを読みながら、
「mamiさんのお兄ちゃんのような素敵なきのくにっこになってくれたら・・・」と思っていました。

これからも息子の年齢に合わせて、ブログを読んでいきたいと思っています。

さみしい気持ちもありますが、
20周年記念ウィークで夢が正夢となって、
mamiさんとお会いできることを今から楽しみにしています


koyamaさん、息子さん、もう修学旅行の時期になったのですね。早いものですね〜。今年はどこにいくのかしら。

ブログは、私ももう少し残しとこうとは思うのですが、ずぼらな私、うっかり半年すぎちゃったりして・・・。気をつけます。今だって、koyamaさんにコメントいただいてたのに、すでに6日もたっちゃって。ごめんなさい。


11月にお話できるの、楽しみにしています。
これまで、いろいろとありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自立の一歩 | トップページ | 新規ブログ、はじめました←閉鎖いたしました »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ