« 冷房にまいりました | トップページ | 働く息子 »

2011年8月14日 (日)

きのくに子どもの村通信バックナンバー

あれから、自然な暑さの中での生活と、食事にひと手間かけたことで、すっかり体調もよくなりました。

それでまた、片付け復活!


今日は書類の日。

私の片づけバイブル、『人生がときめく片づけの魔法』では、モノ別の片づけを勧めています。

服と本と食器が終りましたので、今日は書類。


あともう少しだあ。


それで出てきたのは、きのくに関係のもの。


これらは、まだこれから必要なので保存しておきますが、通信の同じ号がいっぱい出てきました。


1313305273292.jpg


古いものでは、1998年のものからあります。


今は大きくなった子たちの可愛らしい文章や、若々しいスタッフ!

さらにじっくり見ていくと、現在スタッフをしているかたが、在校生だったときの文章ものっています。


欲しい!読みたい、というかたがいらっしゃいましたらお分けしますので、ご連絡下さい。


なお、おゆずりするかたは、すでに堀さんの本やニイルの本を読まれたかたに限らせていただきます。

« 冷房にまいりました | トップページ | 働く息子 »

きのくに」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
岡山県在住の吉岡と申します。
年長と年中の子どもをもつ母です。
きのくにに入学したいと思っています。
堀さんの考えにとても共感しています。
もしまだ在庫がございましたら、通信を読みたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
失礼いたします。

吉岡様
ありがとうございます。

さきほど、直接メールさせていただきました。

こんなところにコメント入れてしまい、大変もうしわけございません。堀先生の講演会を2016.4.23(URLがイベントページになっております)開催いたします富山の市村と申します。
個人的にお伺いしたいことがあり、メールアドレス等お伺いしたいのですが、ご連絡させていただくことは可能でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷房にまいりました | トップページ | 働く息子 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

きのくに関連映像

おすすめの本

  • 堀真一郎: 【自由学校の設計】
    黎明書房
  • 堀真一郎: 【きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり】
    ブロンズ新社
  • A.S.ニイル (堀真一郎訳): 新版ニイル選集:問題の子ども・問題の親・恐るべき学校・問題の教師・自由な子ども
    黎明書房
  • きのくに子どもの村中学校わらじ組: 山の村から世界が見える
  • スーザン・フォワード: 毒になる親
無料ブログはココログ