« 親も学べる学校です | トップページ | それぞれの8月 »

2011年7月26日 (火)

原発のこと

小出裕章さんの本を読んでいたら、いろいろ考えて、眠れなくなってしまいました。


四冊目の著書で、最新のものです。

新たな内容が盛り込まれているので、これまでの著書をすでに読まれた方にも、大変お勧めです。


サイエンティストの有志による、政府への提言書や、山田恭暉さん(元住友金属鉱業の技術者)による『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』(別名 シニア決死隊)の呼びかけ文などが、全文掲載されています。

また、福島の事故を受けての「原発Q&A」のコーナーは、とても参考になります。


「原発を廃止して、自然エネルギーへ」という流れもありますが、小出さんがおっしゃるように、「電気が足りようが足りまいが、原発は廃止」が一番大切なことだと思います。


エネルギーを使い放題、ということこそ、改めるべきことです。

夏なのに、どこいっても冷房が寒くて、私、イヤになってしまいます。どこが節電なんじゃ!

うちの医院は、今だに冷房使ってませ〜ん!まあ、湯布院という土地柄もあるでしょうが、やはり、パソコンや電気、その他、機械から発せられる熱で、30度超えることもあります。


でも、ある程度の暑さは慣れの問題ではないでしょうか。


小出さんの本の話しに戻りますが、あとがきには

【一人ひとりのみなさんが今後、自らの内部からわきあがる思いに従って、それぞれの個性を発揮して行動してくれるなら、日本だけでなく世界中の原発を廃絶させることができると私は思います。】

と書かれていて、私も、めげそうな気持ちを立て直すことができました。


この間は、上関原発建設に反対行動をしている、らんぼうさん、というかたの話しを聞きにいってきました。

http://ameblo.jp/earthguide/


彼は、「原発推進の人とも対話をしたい」と言います。

そのとき見せていただいた映像には、建設作業のために木を切り倒しに来たかたを説得して、帰っていただく様子がうつっていました。

「帰ってくれて、ありがとう」と言っているのです。若いのに、なんて立派な態度!心が震えてしまいました。


その彼が、原発を止めるために、「みなさんにもできること」の一つとしてあげてくれたのが、地元の議員さんに話しをすること、でした。


たとえば、こちら↓は、「大分県 国会議員」で検索した結果です。

http://dir.yahoo.co.jp/Regional/Japanese_Regions/Kyushu/Oita/Government/Members/

ネットって、便利ですねえ。


HPやブログを持ってるかたもそうでないかたもいらっしゃいますが、事務所の場所もでていますので、メール、お手紙、電話、訪問など、1人ひとりがやりやすい方法で、原発をとめるように動いてほしい、という要望を出しませんか?

あなたの県の国会議員さん、調べれば、すぐヒットします。


ほかにも、電力会社や経産省などに意見を伝える、ソフトバンクや城南信用金庫、その他、脱原発を明言してくれた企業を応援するなど、「私ひとりがやったって・・・」と思わず、気持ちが動いたら、なんでもやってみたらいいんですよね。


よし、明日も(って・・・もう、日付かわってるやん)頑張るぞ!

|

« 親も学べる学校です | トップページ | それぞれの8月 »

コメント

冷房なしの医院、いいですねえ。来院者さん達の反応はどうですか?私だったら、その心意気に感動して、ひいきにしてしまうけど。

我が家も、2台あるエアコンが次々と故障して使い物にならなくったのを良い機会に脱冷房を去年から実施しています。暑いときは昼寝を決め込んで、朝と夜に活動してます。おかげで、電気代は以前の半分以下です。

それと、原発メーカー(日立、東芝、三菱)製品のマイボイコット運動、我が家でも実施しています。脱原発を宣言するまでこれら企業の製品は買わない。そして、浜岡原発停止にいち早く支持を表明したスズキの車を今度の車として購入することにしました。担当の人にはスズキの応援であることを伝えて。

先日、放射能についての勉強会に参加した折、役場に勤めている方からいい話を聞きました。その方の話では「デモは全然怖くない。署名やメール、FAXも怖くない、放置しておいても問題になることはない。しかし、電話や訪問による質問は大変困る。電話には対応する義務があるし、途中で切ってはいけないことになっている。訪問も断れない。ただし、電話する場合でも、電話対応係に回されると適当に回答されておしまいになってしまうので、こちらから対応部署を指名し(出来れば名指しで)、即答はないだろうから後日の返答を求める(あるいはかけ直す)。これをみんなでやられると仕事にならないし、なんらかの対応を取らざる得なくなる」とのこと。

デモや署名活動にはは今後参加し続けたいですが、役場や政治家に有効なのは電話・訪問での質問・要望のようですね。

投稿: 静岡のO | 2011年7月27日 (水) 18時54分

静岡のOさん、こんにちは〜。コメントありがとうございます。卒業されてから、お会いする機会もなくなりましたが、こうしておつきあいが続けられること、うれしく思います。

冷房、医院には、あることはあるんです。でも、私自身が冷房苦手で・・・。
少し前、ものすごく暑かったときは、さすがに申し訳なかったです。今度の猛暑のときは、うちわであおいで差し上げようかと思ってます。坂道のぼったところにあるので、歩いてこられるかたは、つらいですもんね。
でも、たいがい涼しいんですよ。風がよく通るので。
待合室には小出さんの本を初めとして、原発関連のものがずらっと並んでいるので、みなさん、うちの方針(?)をわかっておられるのかな、と思います。

さて、議員さんにお葉書書こう、と思ってペンを取りあげつつ、PC立ち上げてコメントを見たもので、方針転換。電話にします!すでに脱原発路線のかたにだけ、応援メッセージということで、お葉書にしました。

アドバイス、ありがとうございました。
それから、スズキのこと、知りませんでした。工業製品をつくる会社が、そういう意思を表明してくれるのは、心強いですね。

経済界の連中、口を開けば「経済経済」っていうけど、工業製品なくても、生きていけます。でも食べ物なくちゃ、生きられません。菅さんには、福島の一次産業を崩壊させないよう、また、今後こういうことが起こらないためにも、脱原発、頑張ってもらいたいです。

投稿: mami | 2011年7月27日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親も学べる学校です | トップページ | それぞれの8月 »