« 当ブログへようこそ | トップページ | 重なってる! »

2011年5月22日 (日)

代わってあげたかった

先日、体調が悪くて入院され、治療を中断していた患者さんが、2週間ぶりに来院されました。

様子を聞いてみましたら、

「どっこも悪くなかったんだけど、震災のニュースを見ていたら、若いかたがたくさん亡くなって・・・・、心臓がバクバクしてきて・・・・。代わってあげたかった・・・。」


そのかたは、もう80歳近くです。


「代わってあげたかった」


心がこもりすぎていて、こちらの方が涙がでてしまいました。


ほんとうに、震災、原発事故以来、考えることがいろいろあって、気力が萎えそうです。

無力な自分も腹立たしいし、原発推進派の意見にもムカムカするし・・・。


頭の中がいっぱいになって、耐えきれず、だだ〜っと30分くらいで原稿書いて、朝日新聞に投書しました。

1週間前のことです。まだ掲載されてませんから、ボツですね。なので、ここに載せます。せっかく書いたので。


ーーーーーーーーーーーーーーー

以前から、原子力発電所は作るべきでないと思っていましたが、福島の事故でその思いがますます強くなりました。

そこで、脱原発のためのビラ配りやデモ参加、人に伝えるなど、できることをしています。そのときに、よく言われるのが、「電気は必要だ」「停電は困る」ということなのですが、いったいどれだけの電気を使えば満足なのでしょうか。


 昨夜立ち寄ったスーパーでは、たった数分いただけなのに、強すぎる冷房に震えてしまいました。夏には、ドアを開け放したまま冷房をつけている店舗がほとんどです。店の前を通るだけでひんやりした空気が流れてきます。

以前からあったコンビニのはす向かいに、同じ会社のコンビニが建てられ、二軒とも昼間から蛍光灯を何十本もつけていました。


そうやって電気を湯水のように使うあなたたちのせいで、脱原発を訴えても、「計画停電するしかない」と電力会社に脅されるのです。家庭の節電努力を無にしてしまうほどの企業や店舗の電気の無駄使い、なんとかしてもらえませんか。


 誰も処分の方法がわからない放射性廃棄物を、子孫や過疎地、さらにはモンゴルなどの他国にまで押しつけても平気な人たちが、節電に無関心なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

|

« 当ブログへようこそ | トップページ | 重なってる! »

コメント

心打つ訴えです!大分合同新聞や毎日新聞にも投稿してください!朝日は日和見主義ですから、ほおっておきましょう^^
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

投稿: サムライ菊の助でござる^^ | 2011年5月22日 (日) 17時50分

怒り爆発で書いちゃいました。
毎日新聞は、「脱原発」がはっきりしていてすごいですよね。

とにかく、私が一番イヤなのは、ドア開けっ放しで冷房する店です。冷房強すぎるのもイヤ。うるさいおばさんよろしく、言い続けます!

投稿: mami | 2011年5月22日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当ブログへようこそ | トップページ | 重なってる! »