« 人間の価値 | トップページ | 孫正義さん、尊敬します »

2011年4月30日 (土)

きのくにの価値

これ、ちょっと不気味・・・ですか?

Photo

実はこれ、Fが小学二年生のときの「じゆうちょう」に書いていた『迷路』です。


棚を片付けていたらでてきて、しばし見入ってしまいました。


めちゃくちゃなように見えるけど、ちゃんと、出口に行き着ける『迷路』になっているのです。(裏がうつっちゃってるので、わかりにくかもしれませんが・・・。)

こういうのが、他のページにもいっぱい書いてあります。


小学二年生と言えば、まだ、きのくに子どもの村小学校の存在を知らず、地元の小学校に行っていた頃です。

当時は、これを見ても、「よく書いてるなあ」くらいにしか思わなかったのですが、今改めて見てみると、すごいです。


でも、たとえば算数で、コンパス使って、きちんとした円を描く、なんてことにはあまり関心ないんです。


あの頃の私、Fを怒鳴りつけて、「きれいな円」を描かせたなあ。

「ちゃんと、ほら、こうやって、針をブスッとノートにさして、しっかり上をつかんで、こっちをゆっくりまわすの!!」って・・・。


私には理解できないんだけど、F、コンパスの針の部分を突き刺すのが気が進まない(?)のか、ノートの上をコンパスがすべってしまうんだもの・・・.


あ〜、イライラする!


でも、そうやって怒鳴りながらも、「なんか違う・・・」「なんでこんなにイライラしてるんだろう・・・」と、自分のことを悲しく思うことがあったし、「もっと楽しい教育」を求める気持ちもあったから、だから、きのくにに出会えたんです。


よかった。


Fの、不思議な感性を、つぶさないで済んだから。


次男のNはたぶん、地元の小学校でも十分うまくやっていけたと思うし、実際、頭もよく、足も速くて、クラスのリーダー的存在でした。

*Fの名誉のために補足しますが、もちろんFも、それなりに楽しくやってました。でも、なんせ、親(=私)がガミガミうるさかった!・・・「だって、学校が、宿題、忘れ物など、いろいろうるさいんだもん。」←親(=私)の言い訳。


Nは、いわゆる受験競争の波にも乗れたと思う。


だからこそ、私は、彼がきのくにで育ったことがよかったと、心から思っています。


ある、きのくにの保護者さんに、

「うちの子が、Nは一番信頼できるんだ、って言ってたのよ。」

と言われました。


こういう「評価」は点数には現れないものですが、なによりも価値があることだと思うのです。


先日の記事に、「原発反対のビラ配りをした」ということを書きましたが、ほとんどの人が無関心に通りすぎて行きました。


こちらを見ようともしないたくさんの人達を眺めながら、こういう人たちを量産(?)するのが、今の普通の教育ではないかと感じました。


福岡から帰った夜、その日のことを泣きながら話すのを、静かに聞いてくれたN。

そして、その2日後、大分でのビラ配りと九電への申し入れがあることを知り、「行ってみようかな」と言って、行動に移したN。


原発のことは、きのくに国際高等専修学校での授業でも扱ったことがあり、もともと関心はあったようですが、今は、食事のときの話題が、もっぱら原発のこと。


大学受験は失敗しちゃったけど、それに勝る価値が山ほどあるものだと、つくづく思う今日この頃です。


本人がきのくにの価値に気がつくのは、もっと大人になってからかもしれませんが・・・。


そういえば、今日はきのくに子どもの村学園の春祭りだったんですね。

新入、転入後まもないご家庭もたくさんですね。堀さんの講演会はどうだったかな〜。


「きのくには大変お得な買い物ですよ」と言われたOB保護者さんがおられましたが、その通りです!


でも、そう思えるかどうかは、「親次第」だと思います。


さて最後に、↓こちらは、ソフトバンク社長孫正義氏のお話です。約1時間。その後、質疑応答。大変わかりやすく、心打たれるお話です。(リンクがうまくいっていなければ、USTREAMの中で、孫正義氏で検索してください。)


http://www.ustream.tv/recorded/14195780


もうひとつおまけに、尊敬する小出裕章氏と、原発推進派の東大教授、大橋宏弘忠氏の対談です。私の息子が大橋氏だったら、私は非常につらくて悲しくて、嘆かわしいと思う。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/04/25/genkai-h17/

|

« 人間の価値 | トップページ | 孫正義さん、尊敬します »

コメント

まみちゃん^^先日は風の音のライブで、ご家族の皆さんとお会いできて、大変嬉しかったです!
東大教授の大橋さんも、競争を勝ち抜いてきた方なのでしょう。競争教育は本当に人間を冷酷にしてしまいますね。

投稿: サムライ菊の助 | 2011年5月 3日 (火) 10時45分

私も、菊様、まこさまとお会いできて、うれしかったです〜。
Nにとっては、沢庵プロジェクトについての菊様のお話しをきけたことも、よかったなあ、と思っています。たくさんのすてきな人達と出会えることは、とても幸せです。

投稿: mami | 2011年5月 3日 (火) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の価値 | トップページ | 孫正義さん、尊敬します »