« 幸せな親子関係を築く『叱らぬ教育』 | トップページ | どこがクリーンエネルギなんだ!? »

2011年4月12日 (火)

このごろ思っていること

Nもきのくにを卒業してしまって、なんか、「終わった」感があるというか、書き尽くしたというか、今は、原発問題を書きたいというか、自分自身が何のために生まれてきたのかとか、いろんなことを考えだして、全然ブログが書けない〜!!


ほんとは、3月末の時点で、このブログはスパッとやめちゃおう、なんて思っていたのですが、考えてみたら、6月に堀さんの講演会があるから、宣伝もしなきゃだし、とにかく、やめるのはやめて、一度、総括してみようかな、と思い、とりあえず書いてみます。


現在Fは音大受験のため、スイスに滞在中。たまにメールが来ますが、元気にやってるみたいです。


すごい偶然なんですが、うちにいらしてた患者さんが、

「スイスの人と結婚することになったので、向こうに行きます」

とおっしゃったのが、昨年の今頃だったかしら。


なんだか、私、もしかして・・・と感じて、
「スイスのどこですか?」

と聞いたら、なんと、Fが行く予定の「バーゼル」!


3月末、バーゼルに到着したその日は、新婚さんご夫妻にお昼ご飯をごちそうになったとか。

その後、夕食にも招かれたりしたということで、日本では一度しか会ったことがないのに、Fは図々しく自然体でお世話になっているようです。


スイス滞在は一ヶ月で、試験まではホテル住まい、その後は、Fの知り合いの友人(イギリス人?)がチューリヒに住んでいるということで、そこにホームステイさせてもらうんだそうです。


こういう物怖じしないところ、彼の生まれつきのものかもしれないけど、やっぱり私、「きのくに効果」を感じてしまうんです。


私は人付き合いが苦手です。(今はだいぶマシですが)


うちに人を呼ぶことは、ほとんどないです。(我が家に足を踏み入れたかたは、希少なのです)

一人ご飯、ノープロブレムです。働いていた頃は、居酒屋も一人で行ってました。


夫も同じようなもので、どちらかと言えば、一人が好き。


こんな家庭に育ったら、どんなに人見知りする子になるでしょう。いや、反動で、社交的になるのか?


よくわからないけれど、FもNも、人のうちに泊まりに行くとか平気ですし、年齢に関係なく誰とでも、あまり緊張せずにお話できます。(私はぜ〜んぶ、ダメダメです。)

いいな〜と、うらやましくなります。


さて、Nのほうは、志望校、一校しか受けてなくて、それに落ちたから、今はうちにいて、骨休め(?)しています。これからどうするのかなあ。


とりあえず、家事手伝い?


ご飯つくってくれるときは、ついでに包丁も研いじゃっててくれて、それがよく切れること!
年末の大掃除では、換気扇をきれいにしてくれたし。

これって、寮生活で自然に身についたのかなあ?


私は、わりと自分でやっちゃうほうなので、彼がずっとうちにいたら、換気扇掃除なんてさせなかった、というか、できるわけないと思ってたし、包丁研ぎなんて、頼もうともしなかっただろうなあ。

こういう、私みたいな母は、子どもの成長のチャンスをつぶすんだよね。


きのくにと出会って、一番効果を感じてるのは、私自身かもしれません。

だいぶ変わったと思いますもん。


昔の私だったら、高校卒業した息子が家事手伝いって状態に、耐えられなかったと思う。

もちろん、いろいろ考えることはあるし、悩むこともあるし、夫とも話しをするんだけど、「自分がNだったら・・・」とか「どんなサポートをすることがNのためになるんだろう」っていうふうに考えられるようになってる。


私がとっても後悔するのは、彼らがもっと小さいときに、ニイルの考え方を知っていたら、もっともっと暖かい子育てができたのに、ということです。


自分自身が未熟で、そのためにイライラをぶつけて叱ってしまったり、無神経なこともいっぱいしてしまったよね、子どもたちに。


今生で学んだことを、死んでも忘れないで、次に生まれ変わったときに生かせたらなあって、心から思います。


こんなところかな、今の私。


子育ては一段落、ということで、ブログも社会問題や趣味の読書や語学のことを書くものを別に作ろうかなあとも思ったのですが、当面、このままでいきます。


でも、内容が、教育以外のことになっていくかもしれません。
更新頻度が下がると思います。


それでもよろしければ、たまにお立ち寄りくださいませ。


いろいろな話題があることで、逆に、社会問題関連で来てくださった方が、きのくにのことを知ってくださったり、教育つながりで訪れてくださったかたが、原発の問題を考えてくださったり、ということがあったら、それはうれしいことだし、と思っています。


最後に、今、関西の高校生たちがやっている、『温泉でリフレッシュプロジェクト』、なんだかすてきです。ブログがありますので、見てみてくださいね。

http://blogs.yahoo.co.jp/refreshonsen

|

« 幸せな親子関係を築く『叱らぬ教育』 | トップページ | どこがクリーンエネルギなんだ!? »

コメント

まず子どもを幸福にしよう。すべてはその後に続く。

この言葉の奥深さを思うとき、
どんな話題を扱っても、結局は
「それは子供にとって幸福か?」
「その行為は、子供に胸を張って語れるか?」
ということに集約されてしまうように思います。
(趣味の話など、その範疇に収まらないものもあるでしょうが)

ニイルを、堀さんを、きのくにを、知ってるmamiさんだからこそ書けることは多いと思いますよ。
いつも考えさせられますもの。

これからも、楽しみにしています☆

投稿: 風の魔女 | 2011年4月13日 (水) 16時40分

風の魔女さん、ありがとう。
無理せず、ぼちぼち書いていきますね。

コメントくださったその時間、ちょうど私、魔女さんのブログを見てて、「コメントしたい!」と思っていたのです。仕事中で、時間がとれず、読んだだけだったので、あとで魔女さんのコメントと時間を見て、びっくりしました。

投稿: mami | 2011年4月14日 (木) 14時18分

Nさん、ご卒業おめでとうございます。

mamiさんのブログを読むと、元気になるのでゆっくりでも更新し続けてくださいね。

息子が成長するにつれ、mamiさんのブログがますます大事になっています。

これからもよろしくお願いしますhappy01


投稿: koyama | 2011年4月15日 (金) 15時51分

こちらに書くのは初めてですが、長い間たくさん力をいただいて感謝しています。今後はどうぞのんびりお続け下さい。またお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: N村papa | 2011年4月15日 (金) 19時15分

mamiさんも 
ご卒業おめでとうございます。

「希少なこと」とは、露知らず…
光栄に存じますhappy01

わたしも、これからも楽しみにしていますので、ぼちぼちでいいから続けてくださいませ。m(_ _)m

投稿: さんちゃん | 2011年4月15日 (金) 19時44分

○koyamaさん、昨年度は、koyama家の存在がどれほど力になったことか!ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。それにしても、きのくにや北九州で会っても、なかなかゆっくり話せないものですねえ。

20周年行事には、万難を排して行こうと思っています!その日を楽しみにしています。

○N村papaさん、コメントありがとうございます。
N村papaさんご夫妻が、いつも楽しんできのくにの行事に参加されていて、私もとてもうれしいです。

「更新滞るかも」と書いたそばから、気が楽になって早速更新、でも、きのくにとは関係ない話題で恐縮です。

○さんちゃん、考えてみたら、きのくにと出会ってから、来客が増えました。ほとんどきのくに関係。もしくは、ここにコメントいただくかたです。

価値観に共通点があると、肩もこらないのかな。

急に気が楽になりました。ありがとうございます。書きたい時に、気まぐれに、ですが、続けさせていただきます。

投稿: mami | 2011年4月16日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せな親子関係を築く『叱らぬ教育』 | トップページ | どこがクリーンエネルギなんだ!? »