« 北九州子どもの村中学校できた! | トップページ | あれやこれや »

2011年3月18日 (金)

なにもできないけれど・・・

今、多くの方が、地震と原発事故の被災者のことで胸をいためていることと思います。


私も、日常生活を送りながらも、「何ができるんだろう」と、頭から離れません。


でも、阪神大震災の被災者で、現在、西宮市議である今村岳司さんのブログを読んで、目が覚める思いがしました。

今村岳司さんのブログ
http://xdl.jp/diary/index.html#20110313


私は、被災者の方々を思ってどんなに涙をこぼしても、心の奥底では、「大分でなくてよかった」と思っている、ほんとうに恥ずべき自己中な人間です。


「被災者の方々がお気の毒」なんて、もう、言えない。 もう、言わない。


そのかわり、しっかり働いて、お金を出す!

でも、それだって、自分の生活が危機になるほどは出さないわけなので、エラそうなことは言えないです。ごめんなさい。


で、その募金先ですが、たくさんありますよね。迷います。


今日、知人のブログで紹介されていた、ジャパンハートさん、こちらの団体、初めて知りました。具体的に動いておられて、感動します。

たいした額ではありませんが、目に見える形で募金が生かされるなら、ありがたいことです。


ジャパンハート
http://www.japanheart.org/

ジャパンハート代表の吉岡秀人さんのブログ
http://japanheart.exblog.jp/


以上、上記三件の情報は、シンドウヨシコさんのブログで拝見しました。ありがとうございます。
http://y445.seesaa.net/


それからもう一カ所、日本の森を守り、日本の木材を使って様々な、味わい深い家具や小物を作っているオークヴィレッジさんのHPに、こんな情報が載っていました。


宮城県気仙沼市のNPO法人「森は海の恋人」への寄付の募集です。
http://shop.oakv.co.jp/shopdetail/049000000001/


どこに募金をしようか迷われているかたがいらっしゃいましたら、ご参考にしていただけるとうれしいです。


あさって20日は、きのくに子どもの村学園の「卒業を祝う会」です。


何が起こっても、子どもたちは成長し、巣立ち、未来を作っていくのです。

明日の夜から、フェリーで行ってきます。


|

« 北九州子どもの村中学校できた! | トップページ | あれやこれや »

コメント

こんにちは!
今村岳司さんのブログのご紹介、ありがとうございます。目の覚める思いです。

「できることは、落ち着いたという雰囲気になってきたときに行動を起こすこと」という文に、「うん、そうだな」と思いました。
「人は忘れますからね・・・今は盛り上がってるけど・・・」と今日職場の隣の席の人と話したばかりでした。

とりあえず落ち着いた頃から成分献血を定期的にしようと思っております。できることを息を長く。

投稿: ヒカル母 | 2011年3月19日 (土) 00時16分

ヒカル母さん、コメントありがとうございます。
共感していただけてうれしいです。

今村さんの、13日の【「何かしよう」と考えることが、ほんとうは自己満足ではないのか、考えるべきです】という記事もグサグサきました。

忘れずに、根本を見すえて、今回のことを決して無駄にしないようにしたいですね。

投稿: mami | 2011年3月19日 (土) 16時14分

mamiさん
考えさせられる情報を、ありがとう!
経験のない者には、当事者の苦しみは分かりません。
でも、テレビで繰り返し放映されるニュースを見て、分かったような気になってるんですよね。
そして、お笑い番組が始まれば、一緒に笑う……。

今は必死な被災者の方々も、本当に涙を流すのは、国民が震災に興味関心を失った頃なのかもしれませんね。今村さんのように。

よくよく考えて、行動(募金・献血)しようと思いました。

投稿: 風の魔女 | 2011年3月20日 (日) 09時10分

風の魔女さん、コメントありがとうございます。

風の魔女さんもブログで書かれておられましたが、私たちにできることは、原発のいらない社会を作ることだと思います。

投稿: mami | 2011年3月21日 (月) 22時02分

こんにちは。
早速、ご紹介して下さり、ありがとうございます。
お礼が遅くなり、申し訳ありません。

原発のいらない社会、そうですよね。
電気に頼りっぱなしの生活、私も反省するところ多そうです。

ところで、吉岡医師の奥様は子ども達の心理面のケアを考えられていて、避難所に子どもスペースを作る構想があり、とりあえず近くの友人達に絵本を集めてもらおうかという話になっています。こういう目に見えるささやかな支援もいいなと思っています。
(自己満足な支援も、邪魔にならなければ良いのではと)

投稿: シンドウヨシコ | 2011年3月25日 (金) 16時58分

シンドウヨシコさん、わざわざコメント、ありがとうございます。大切な情報を、ほんとうにありがとうございました。

奥様、吉岡春菜さんですよね、すばらしいご夫婦ですね。子どもたちへの心のケア、とても大事なことだと思います。

投稿: mami | 2011年3月27日 (日) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北九州子どもの村中学校できた! | トップページ | あれやこれや »