« 息子語録 | トップページ | 人生はやり直せるから »

2011年2月24日 (木)

めしシック

我慢していたハリーポッターの第四巻『炎のゴブレット』、ついに解禁。

3日前から読み出し、こうなると、もう、仕事と最低限の家事(洗濯と料理)以外は、ずっと、お地蔵さんのようになって読み続ける私。


二回目(正確には三回目ーフランス語版で読んだから)なのに、全くストーリーを忘れていて、夫が

「○○は死ぬんだよね」

と言うもんだから

「え〜、そうなん!なんでネタバレするん!私、まだそこまで言ってないのに!!」

と激怒。

「えっ、だって、それ二回目なんだろ。なんで覚えてないん?信じられん・・・」

とあきれられる始末。

私、バカなんですね。どうして覚えてないのか、自分でも不思議。


でもね、まっさらな気持ちで何度でも楽しめるから、幸せかもね。


「ハリーは墓石の陰でうずくまり、最期が来たことを悟った。望みはない・・・助けは来ない。ヴォルデモートがさらに近づく気配を感じながら、ハリーは唯一つのことを思いつめていた。

恐れをも、理性をも超えた一つのことをー

子供の隠れんぼのようにここにうずくまったまま死ぬものか。ヴォルデモートの足下に跪いて死ぬものか・・・父さんのように、堂々と立ち上がって死ぬのだ。たとえ防衛が不可能でも、僕は身を守るために戦って死ぬのだ。」

14歳のハリーの勇気に、涙が・・・。


でも、五巻に突入する前に、ブログも書きたい。

さて、本題です。


このところ、ひと月の三分の一くらいを東京で過ごすF。

祖母宅に滞在して、ギターとドイツ語のレッスンに励んでいます。


この間帰宅したとき、私、こんなこと言ってみちゃいました。

「Fくん、ずっと東京にいて、ホームシックにならな〜い?」

もちろんF、

「ならんよ」

と笑って答えましたが、私が、しょぼんとした顔をしてみせると、


「う〜ん、でも、めしシックにはなるよ」

ですって!

母さん、ちょっとうれしいな。♪


でもFくん、母さんを喜ばせてくれようと思って言ってくれたんだよね。ありがとう。


子どもは親の期待を汲み取って反応してくれるんですよね。


「寮生活、寂しくない?」


きっと、子どもは、親の気持ちを察知して、親の望む答えをするでしょう。

子どもって、けなげです。

|

« 息子語録 | トップページ | 人生はやり直せるから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息子語録 | トップページ | 人生はやり直せるから »