« かっこよすぎ〜 | トップページ | 息子に感心 »

2010年12月30日 (木)

家族行事

12月29日は、午前中大掃除(親は医院、息子達は自宅)をして、夜は近くのレストランで忘年会をしました。

ここ数年の恒例になっています。


忘年会では、その年の、自分にとっての三大ニュースをピックアップして、それを振り返りながら、話しをします。


みんな、それぞれ、いろんなことがあったなあ。


そして、来年は、FとN、ふたりとも、受験で〜す!

どちらも、かなり難しいところに挑戦するので、しかも、滑り止めなしの、一発勝負なので、どういう結果になるか、全くわかりません。


4月以降、2人とも旅立っていくのか、2人とも浪人生活に突入するのか、どちらか一方だけなのか・・・。

まあ、真剣に取り組んだ結果ならば、どのようであっても、また道は開けるでしょう。


さて、家族行事は、忘年会ともう一つ、大事なことがあります。


それは、ハリーポッターの映画を、みんなで見ること。


ハリーポッターが初めて出版されたとき、息子達はまだ小学校低学年の頃。Nはまだ保育園児だったかな。

毎晩、寝る時に読んでもらうのを楽しみにしていて、そのうち、自分で読むようになって・・・。

お父さんが、声色も工夫して、真剣に読んでくれてたのに、全員眠っちゃってた、なんてこともありました。(お父さん、ゴメン!)


ハリーポッター、子ども向けのファタジーととらえる人もいるようですが、そんなことないです。

愛、勇気、強い人にひそむ弱さ、悪のなかの善。大人こそ、じっくり考えながら読める名作だと思います。


映画化されたときは、見てしまったら、本で想像していたものがぶち壊されたらいやだな、と思って、ちょっとためらってしまったのですが、やっぱり見たくなって、以来、ハリーポッターだけは、家族全員で見にいくようになりました。


だんだん、四人そろうことも難しくなってきましたが、今回も、忘年会後、21時25分からのレイトショーで、やっと見ることができました。


だけど、受験生、しかもNは年明け早々センター試験が控えてる。

私:「受験生を映画に誘ってもいいんかな〜」

N:「そんくらい、いいやろ〜」

ということで、見終わって、帰宅したのが夜中の1時。


あ〜、楽しかった。

ハリーポッター、最後の映画の公開は、来年の夏くらいですか?

ああ、家族四人で見られるのか?

見られるとすれば、それは、2人とも、旅立っていないということ? 
ううむ、微妙な気持ちです。


とはいえ、20歳と18歳の息子と、一緒に映画に行けるなんて、幸せだなあ。

帰りの車でも、ストーリーのことで、いろいろおしゃべり。


きのくにと出会ってなかったら、こんなふうじゃなかっただろうなあ。


来年もまた、多くの子どもたちが、きのくに(かつやま、南アルプス、北九州)に入学して、自己肯定感を持って成長してくことを願っています。

それが、親にとっても最高の幸せであることを、私は確信しています。


来年はNもきのくにを卒業します。

OB保護者になってからも、いつまでもこのブログを書き続けてよいものかどうか、悩むところですが、これから先を考えながら、とりあえず、ダラダラやっていきます。


来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« かっこよすぎ〜 | トップページ | 息子に感心 »

コメント

mamiさん!
うちもハリーポッターには特別の思い入れがあるの。
やはり、私とダンナとで、毎日読んでやってたわ~。
ドイツにいたとき、日本語そのものに飢えていた幼い子供たちは
(なにせ、テレビで放映されるセーラームーンもドイツ語しゃべってるんだから)、
日本語訳ハリーポッターを読んで貰う時間が至福の時だったようで
大興奮で聞き入ってました。
早く続きが知りたくて、知らない漢字ばっかりの本にかじりついて、必死で読もうとしていた長女(7歳)。
あの頃から、無類の読書好きになっていったのです。
もちろん自分で読めるようになってからも、全巻何度も読み返してますよ。彼女。

あー、懐かしい。
mamiさんのお蔭で、たいせつな思い出がよみがえりました!!
ありがとう。

投稿: 風の魔女 | 2010年12月31日 (金) 09時21分

風の魔女さん家も、ハリーポッターファンね!うれしい〜。

ドイツで読んでもらう日本語のハリーポッター、それはまた、思い入れも大きいですね。

こういうことって、忘れるわけじゃないけど、普段、なかなか思い返さないですもんね〜。
我が家も、ハリーポッターは、育児期の、大切な思い出です。

投稿: mami | 2010年12月31日 (金) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かっこよすぎ〜 | トップページ | 息子に感心 »