« オープンキャンパス見学記 | トップページ | 子どもと共に笑える社会に »

2010年11月17日 (水)

困難があればこそ

1日の記事『すてきだらけ』で紹介した、かつやまの10周年記念誌のなかで、栃木県から8時間かけて来ていた子どもの文章が載っていました。

8時間かかるというと、たいていの人が「大変だね」と驚くのだそうです。でも、その子は、

【そりゃあ大変だ。なにせ1日の3分の1も使うのだから。けれども、そこまでしても行きたい!と思う学校があることを、私はうれしく思う。】

と、書いています。


かつやまは、大雪に見舞われることが多いし、家も遠いところの子がたくさんいます。でも、そういう困難があっても、「かつやまに行きたい」「この学校に入れてよかった」という熱い思いが、記念誌から感じられます。


我が家も大分から和歌山。最初はどうやって行ったらいいのかもわかりませんでした。


入学するにあたっては、毎週帰宅は無理だから、3〜4週間に一度の帰宅(長期)にするつもりでした。

でも、面接のときに、

「人数の都合で、すぐには長期になれません。少なくとも1学期間は毎週帰ってもらうことになりますが、大丈夫ですか?」

と聞かれて、内心、「えっ!そりゃあ大変だ」と思ったものの、きのくにに入りたい一心で、夫と声を合わせて

「大丈夫です!」

と答えていました。


経済的にも時間的にも大変だったけれど、私たちも子どもたちも、誰も、もうイヤ!、なんて思わなかった。

だって、行き先が、ほんとうに楽しいところなんだもの。


迎えの車中では、必ず激眠していた息子達も、大きくなって、眠ることなく、学校でのあれこれを話してくれるようにもなった。ああ、楽しかったなあ。


だいたい、きのくにを知ってから入学できるまでに、相当待ったし(定員いっぱいで)、雪の時期には、行き来に大変な思いもしたけど、そういう困難があればこそ、きのくにへの思いも揺るぎのないものになってきたような気がする。


あ、つい、昔を思い出して、しみじみ・・・。


だいぶ話しがそれましたが、とにかく、かつやま本は必見です。20日、27日教育講座会場でお買い求めください。

いろんな困難を乗り越えた、静かで熱い思いが溢れています。


公立小から転校してきた子が、前の学校とかつやまとを比較しているのもおもしろかった。


【この学校の子はいい意味で孤立していると思う。普通の学校の子はなんでも集団で行動する。「トイレ行こー!」「ご飯一緒に食べよー!」という感じで。でもこの学校にいる子は一人でトイレに行くし、ご飯も好きなところで食べる。いい意味での孤立。】


これ、わかるなあ。

一人でいることが、とてもつもなく惨めに感じてしまうあの空気、なんなんでしょうね。


いじめ、自殺。楽しいはずの学校が、死にたくなるくらいつらいなんて・・・。


小手先の解決方法ではだめ。


【まず、子どもを幸福にしよう。すべてはそのあとに続く。】 A.S.ニイル


|

« オープンキャンパス見学記 | トップページ | 子どもと共に笑える社会に »

コメント

mamiさんの記事を読むとホント勇気もらいます^^

物理的な距離なんて情熱で越えられるよね

我が次男も早く南アルプスに行くって言わないかな~って待ってるんだけど
夜になると泣きそうになるって言って踏ん切りがつかない様子。

通える距離にあったなら~と涙を飲んでいますが。。。

ひとりでいることはまったく悪でもなんでもないのに
集団行動をしなきゃならないことのほうがどれだけ悪か!

早く現場が気づかないと犠牲者が減らないよね

きのくにのような学校がどんどん出来て知られていくことを願ってやみませんよ

投稿: ミュルア | 2010年11月18日 (木) 14時10分

【夜になると泣きそうになる】って、息子さん、かわいいなあ。そういう時期もいつの間にか過ぎてしまうんですよね。

昨日の新聞には、「イジメの解決率」を全国で公表する、みたいなことが書いてありましたが、全くアホらしいったら。
今の教育の、根本が間違っていることに、どうして気がつかないんでしょうね。気づいてもらうためには、きのくにのような学校を支持する家庭が増えることが一番なのかな。

投稿: mami | 2010年11月19日 (金) 13時26分

一人でできない人は、何人集まったってろくなことはできません。

大人になっても、ひとりで行動できない人がいっぱいいますよね。

そういう人は、ずーっと他人の目を気にして、レールからはずれないように生きていくのでしょう。

そして、不満ばっかりたまって、人の幸せを妬みながら、つまんない人生を送るのね。

あー幸せ、人生って楽しい、って、心底思える人は、しっかり自立できている人だと思います。

投稿: 風の魔女 | 2010年11月19日 (金) 14時43分

風の魔女さん、はっきり書いてくれちゃって、気持ちいいです〜。o(*^▽^*)o

ほんとに、毎日、楽しいよね〜。

投稿: mami | 2010年11月22日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープンキャンパス見学記 | トップページ | 子どもと共に笑える社会に »