« 自由な学校で子どもは育つ | トップページ | 行くのが楽しみな学校 »

2010年9月 2日 (木)

お知らせ みっつ

今日はご紹介したい情報、みっつまとめてお知らせします。

一つ目は、大分在住のかたへ(もちろん遠くから来ていただいてもうれしいですが)、二つ目は、きのくに国際高等専修学校に関心のあるかたへ、三つ目は関東方面のかたへ(もちろん九州から出向かれてもすばらしい!)。


では、順番にご紹介します。


①小林道夫 プロムナードコンサート
小林先生(ピアノ)が毎月一回開いているコンサートに、今回、Fが一緒に出演させていただきます。

とき:9月8日(水)16時〜17時
ところ:由布院 空想の森 アルテジオにて
料金:600円(アルテジオ入館料)

曲目:アンダンテと変奏 Wo044−2 ベートーベン
協奏的大二重奏曲イ長調 I モシュレス/M ジュリアーニ 共作
或る貴紳のための幻想曲 J ロドリーゴ


大曲のうえ、大先生と一緒の舞台に上がらせていただくので、必死で練習しています。

どうなりますことか親としてはドッキドキですが、こんな貴重な経験をさせてくださる小林先生には感謝の気持ちでいっぱいです。


お時間のありますかた、どうぞ、応援してやってください。

ゆっくりと美しい音楽に耳を傾け、残暑で疲れた体を癒してください。


②きのくに国際高等専修学校のオープンキャンパス

9月23日(木)と11月3日(水)の二回開かれます。

両日とも祝日ですが、きのくには普通の授業日です。在校生と一緒に授業に参加して、どんな授業、高校生活なのか、体験することができます。


詳しくは、きの高のホームページをご覧ください。

http://www.kinokuni.ac.jp/nc_kousen/html/htdocs/

7月4日の記事『きの高の魅力ーその①』には、昨年のオープンキャンパスに参加した生徒の文章を載せています。合わせてご参照ください。


③シンポジウム
【水から考えた都会と山のつながり〜クマのすめる森が都会の水を生む】

「森林伐採による山の保水力低下やダム開発に伴う水質悪化の問題などを取りあげ、水や森の大切さを考える」(朝日新聞 情報クリップより)

とき:9月19日午後1時半〜5時
ところ:東京都豊島区の立教大学池袋キャンパス
講師:ジャーナリスト橋本淳司
        日本熊森協会群馬県支部長

詳しくは、下記、ホームページからどうぞ。

http://kumamori.org/event/tokyo_sympo4/index.php

|

« 自由な学校で子どもは育つ | トップページ | 行くのが楽しみな学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由な学校で子どもは育つ | トップページ | 行くのが楽しみな学校 »