« 寮生活とホームシック | トップページ | 自由な学校で子どもは育つ »

2010年8月26日 (木)

有意義病

夏休み、おうちでゴロゴロ、の子どもをみて、『有意義病』のイライラに陥っているかたはいらっしゃいませんか〜?


えっ?『有意義病』ってなあに・・・って?


辞書によると


【きちんと計画をたてて日々を過ごすことが、何より大切だと考え、ぼーっとしていることは、無駄な時間だと思ってしまう病。しかし、この病の持ち主は、自分自身のことを振り返るよりも家族、特に、自分の子どもに対して、「有意義に過ごすこと」を過剰に要求する。

小学生の頃から、教師に、“夏休み、有意義に過ごしましょう”“きちんと計画をたてましょう”と言い聞かせられ、うちでちょっとでものんびりしていると、親からは”宿題はやったの!?”と言われ続けてきたことが、この病の原因と思われる。】


なんて、書いて、・・・ありません。


でも、なんか、こういう病気、ありそうじゃないですか?


私、有意義病、そのものでしたし、今でも、ちょっと、その気がありますもの。


息子達が中学生の頃、なが〜い夏休み、ゴロゴロしてると、気になったなあ。

時間がた〜っぷりある今のうちに、本でも読んだらいいのに、とか、
ちゃんと、前日に、翌日やるべきことの計画をたてといたらいのに、とか。


でも、本人の、機が熟していないときに、まわりがわーわー言っても、無駄なんですよね。


やっとわかってきました。


そして、ぼーっとしているように見えて、それが、実は大切な時間だったりするんですよね。

そんなときに、

「あんた、なにぼーっとしてるの!本でも読んだら!?」とか
「ゲームは1時間って決めたら?もっと他にすることあるでしょ。」

なんて決めつけたら、気分はムカムカで、結局、何にも集中できない、ってことになってしまいます。


マンガもゲームも堪能して、ほんとうの自由も味わって、十分満足したら、しっかりと、自分の足で立ち上がって、歩んでいくんですよね。


「機が熟す」

これがとっても大切で、この時期は、その子その子で、タイミングは違うのでしょう。


私も、ときどき有意義病がぶり返すのですが、堀さんやきのくにスタッフから学んだことを思い出して、自分を戒めています。


一つ、ご参考までに、過去記事ですが、こちら↓を読んでみてください。気持ちが軽くなるかたもおられるのではないでしょうか。

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7e08.html


そして、私は、子どもがどう過ごしているかが、気になって仕方がないというときは、結局、自分自身が「有意義に」生きていないときだということにも気がつきました。


だって、自分自身が、忙しく、やりがいのあることに没頭しているときは、息子についての些末なこと、あまり気にならないですもん。


だから、私のイライラ度は、自分の生き方の充実度をはかる物差しになっています。

|

« 寮生活とホームシック | トップページ | 自由な学校で子どもは育つ »

コメント

「有意義に夏休みを過ごしましょう!」
って、日本全国津々浦々の学校の1学期の終業式では申し渡されて、子どもたちは夏休みを迎えたことでしょう。アフリカのライオンにも聞かせてやりたいですなあ。「そんなにゴロゴロしてないで、有意義にシマウマを追いかけなさい!」って。
有意義有意義って尻を叩かれて、人は自然を破壊して物を作りゴミを捨て、こんなに無残な地球にしてしまったのではないでしょうか。少なくともゴロゴロしている人の方が、山を切り崩して高速道路を作っている人より有意義です。

投稿: サムライ菊の助 | 2010年8月29日 (日) 19時30分

菊の助さん、いつも示唆に富むコメント、ありがとうございます。^^
ほんとに、「有意義」って、何が、誰にとって、なんでしょうね。

投稿: mami | 2010年9月 1日 (水) 02時32分

有意義病!!!

お見事!
ウキペディアに載ってそう。

まさに現行公学校ではこれですよ。
そして帰ってくれば1日の反省を記入して宿題、音読、明日の準備、挨拶うんぬん。。。

私はモンスターペアレントになろうと決意したので
一切宿題やれとも反省表に記入しろとも言いません。
すると本人な~んにもやりません。

でも毎日楽しそう!そしてママとも仲良し!
どれだけ宿題や勉強のことで意味なく親が子供をしかりつけて子供を追い込んで
子供につまらない思いをさせていることか。。。

よくわかりますよ。

その呪縛から解放されてそのシステムから離脱できてうれしいです。

この有意義病に罹ってる人多いね。

投稿: ミュルア | 2010年9月 9日 (木) 13時57分

ミュルアさん、こんにちは〜。
「一日の反省」なんて書かされるのですか!?
なんか、子どもをどんどん縮こまらせそうですね。悲しくなります。

でも、それが当たり前と思っている親が、まだまだ多いのでしょうね。

ミュルアさんとこは、親子で平和で楽しそうですね!

投稿: mami | 2010年9月10日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寮生活とホームシック | トップページ | 自由な学校で子どもは育つ »