« ジュンク堂さんありがとう | トップページ | 価値観の溝 »

2010年7月12日 (月)

見くびっててごめん!

Fは今、イタリアにいます。


シエナにある「キジアーナ音楽院」で行われている音楽講習会に参加しているのです。

クラシックギターだけでなく、ピアノ、フルート、クラリネット・・・、いろんな楽器の演奏家たちが、いろんな国から集まってきます。


7月2日に発って、帰国は8月初めの予定。


講習会初日にはオーディションがあって、それに通ればオスカー・ギリアという著名な演奏家のレッスンが直接受けられるのです。落ちれば聴講のみ。

でも、期間中、毎晩のように、いろんなコンサートが開かれて、生徒は全て無料で聞くことができるのです。楽しいだろうなあ。


オーディションはどうだったのかな〜、泊まるところは、最初の二泊だけは予約していたけど、期間中の宿泊、安いところ見つけられたのかなあ。

そもそも、スリにも会わずにシエナまでたどり着けたのかなあ。


なんて思っていたら、一昨日、やっとメールが届きました。


「こっちのネットワークのパスワードがわからなかったから、メールできなかったけど、部屋をシェアしているスペイン人に教えてもらって・・・」


ええ〜!?スペイン人と部屋をシェア?


ほとんど英語のできないFが、どうやって・・・?


「言葉はあんまりしゃべれないけど、友だちいっぱいできたよ」と、短い文面ながら、生き生きと楽しんでいる様子が伝わってきます。


この講習会に参加することを決めてから、それなりに、英語は勉強していました。

英会話のレッスンにも、8回くらい通ったかなあ。でも、先生が引っ越すことになっちゃって、カタコト状態から脱皮できないまま。


それなのに、のんびり「筆記体の練習帳」かなんか開いて、丁寧に、筆記体のお稽古してるし。coldsweats01

それがまた、笑っちゃうくらい、上手にきれいに書いているのです。どこまでが見本で、どこからがFが書いたものなのか、見分けがつかないんです。


でも、こっちから見れば、

「今頃そんなことしてる場合かい?」
「そんなことより、まず、語彙を増やして、会話の練習でしょうが」

と言いたくなるのですが、彼は独特の脳とペースを持っているようでして・・・。


そして、「オーディションも受かったよ!」ということで、とりあえず、めでたしめでたし。


連絡がなかった一週間、夫と、

「たどり着けてないのかなあ」

「パソコンなんて、買ったばかりで、あいつ、使えないんだろ」

「ホテルも、安いところなんて探せなくて、最初に予約したところにそのまま滞在してるのかなあ」


なんて言ってたのですが、ちゃんと、楽しく、たくましく、やってたみたいです。


Fくん、見くびっててごめん。


親が思うより、アンタ、ずっとしっかりしてたんだね。


そういえば、イタリアに発つ2日前、一歩間違えば命を落とす事故に遭遇したF。


イタリアでの日々を楽しんで、無事に帰っておいでね。生きてるだけで、もうけもん!

土産話、楽しみにしているよ。


|

« ジュンク堂さんありがとう | トップページ | 価値観の溝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュンク堂さんありがとう | トップページ | 価値観の溝 »