« 南アルプス子どもの村ー教育講座 | トップページ | 教育とは、生きることそのもの »

2010年6月21日 (月)

親子でハッピー!

南アルプス子どもの村小学校での教育講座、無事、終わりました。(ホッ・)

たくさんおいでいただきまして、どうもありがとうございました。

南アルプス子どもの村に関心をお持ちのかたが、あんなにたくさんいらっしゃるなんて、感激してしまいました。


YOKOさんとSさんのお話も、私、意外と落ち着いて聞くことができました。楽しかったな〜。お二人とも、ステキ!


このときの様子は、南アルプス子どもの村小学校のHPでも、少しアップされています。

YOKOさんのブログも心待ちにしていますよ〜。私よりずっと上手く表現できるかたですから、みなさんお楽しみに!


でも、みなさん、堀さんのお話も、もっと聞きたかったでしょう?それがちょっと、申し訳なかったです。私、いっぱいしゃべっちゃったし。もっと、堀さんに話しをふればよかったかな。


最後の締めに、ちょっと話してくださいましたけど。

「日本のお父さんお母さんは不幸すぎます。いつもイライラして・・・。今回話してくれたこちらの三人は、みなさん、親も幸せになった、と言っておられましたね。」


はい、そうなんです。

以前は、宿題のこと、学校へ持っていくもの、などにキリキリして、私、よく、イライラしてたなあ。


日常生活だって、なんであんなに口うるさかったんだろう。


あの頃、なんだかんだと、息子の言動に口をだしてたときより、きのくにに出会って、余計なこと何も言わなくなってからのほうが、ずっとおだやかで、すてきな子なんです。自立してるし。


今回、母親三人が話す、ということでしたが、実際は、ものすごくたくさんの親が、きのくにやかつやまの教育に出会ったことで、新しい世界が開け、幸せになっています。


あるお母さんが、

「私、前の学校での保護者会に行くと、なんか、顔がこわばっちゃってたんだけどさあ、ここ(きのくに)に来ると、楽しくて楽しくて、ニッコニコになっちゃうんだよね〜」

って言っていました。


11年もきのくににいると、たくさんの保護者に会います。

そうすると、最初の頃、なんか、少し、お顔がこわばっていたようなかたが、年を経るごとに、だんだん柔らかい表情になっていくんですよ。

ああ、心が解放されてきたんだなあ、ってうれしくなります。(←エラそうですみません。)


たま〜に、希に、こわばったままのかたも、いないことはないけど・・・。

もったいないですよね、そういうの。


親は親で、自分の人生を、思い切り生きることが、家族の幸せになると思う。

子どもをいつまでも支配しようとすることを、親の愛と、勘違いしてはいけないと思う。


話しの中で、やっぱり、私、何度も胸に込み上げてくるものがあって、声が震えてしまいました。
泣くまいとして、早口になってしまったこともありました。

なので、もう一度、伝えたいこと、書いておきます。


○ほんとうの自由を味わったら、子どもは、その時がくれば、自分で自分の道を切り開いていくと確信しています。

○みんなが自己肯定感を持てるようになったら、社会は変わると思います。一人でも多くの子どもたちが、こういう教育で育つことを願っています。


ということで、今週末は、大分で、堀真一郎さんの講演会があります。ぜひ、多くのかたに、真の自由教育がどういうものなのか、知ってほしいです。

まだ、少し席は残っておりますので、どうぞお早めにお申し込みください。


当日は、次男のNが帰ってきてくれて、講演会の手伝いもしてくれます。

小学校二年生から和歌山県のきのくに子どもの村学園に転校し、寮生活を送ってきた彼。直接話しを聞いてみたいか、講演会の前後に、どうぞ。一人だけ若いイケメンが働いていると思いま〜す!


ということで、講演会についてはこちらから↓

【堀真一郎さんの大分講演会のお知らせ】

「幸福で自主的な子どもを育てるために〜自由学校の実践から学ぶ〜」

6月26日(土)13時より、大分市コンパルホール305号室にて行います。
参加費は500円、事前申し込みが必要です。
詳しくは、下記のページをご覧ください。

http://kinokuni-daisuki.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5a2e.html

|

« 南アルプス子どもの村ー教育講座 | トップページ | 教育とは、生きることそのもの »

コメント

以前、少しコメントした、わかくさです。

週末は、遠いところ南アルプスまでありがとうございました。こっそり?見に行きました。
先日のゴールデンウィーク中も、実は南アルプス・きのくにとはしごしましたが、コメントする機会を逸してしまい、今度こそはリベンジです。

YOKOさん・Sさん・mamiさんと3人もの方から、いろいろと保護者としての変遷・葛藤・これからの期待など、とても有り難い話を聞くことが出来ました。

子どもの世話でず~と座って拝聴することは出来ませんでしたが、ほとんど聞くことが出来た相方によると、講演していただいた方3人とも自分の息子・娘をとても信頼して自慢できて誇れることがとてもすてきだったと話していました。

家庭内での温度差はどの家庭も経験しているみたいですが、相方がこのような感想をもてたことが今回、非常に収穫?!でした。YOKOさん・Sさん・mamiさん方のすばらしい講演の賜物です。ありがとうございました。

詳しい内容は他の方にお任せするとして、せっかく遠いところを来ていただいたのにじっくり聞いて質問が少なめだったのが少々残念でしたし、堀さんに対しても同様でした。今後は自分でも聞いてなくても?!質問をしのばせて臨もうと思います。

>たま〜に、希に、こわばったままのかたも、いないことはないけど・・・。

これは、5月にきのくにに行った時に少し感じましたが、やはり家族間でも温度差はあるのでしょうか。積極的に関わるところもあれば、せっかくの春祭り後も早々と退散?!。。。一面から部外者としての主観なので、気を悪くされたらすみません。

ともかく、子どもだけでなく親にとっても楽しく真剣さを試され、かつ、自由になれる学校って、本当に待ち遠しくなりますね。どういう形で関われるかわかりませんが、今後もウォッチさせていただきます。

投稿: わかくさ | 2010年6月21日 (月) 20時25分

素晴らしかったです!!!

まだ感動の余韻に浸っています。

話も皆さん上手で一緒に胸がつまりながら一言一言が心に沁みました。

そしてお三方がほんとうに美しくて(お世辞じゃありません)びっくりしたんです。
母としての凛とした強さしなやかさ深い愛情それらがにじみ出ていて私も癒された気がしました。

そして思いがけずお会いできてうれしかったですよ。

子どもたち、教師、保護者それぞれが素晴らしさのリレーでキラキラですね。

私も思わず仲間に入りたくなりましたよ。

うちも私は乗り気なのですが張本人の次男は引き気味なので(今の学校が楽しいらしい)これも本人次第なのでその気になるまで待とうと思ってます。

私もさっそくブログで当日のレポ書きましたのでよかったら覗いてみてくださいね。

またどこかでお会いできるのを楽しみしてます!

投稿: ミュルア | 2010年6月22日 (火) 13時18分

○わかくささん、おいでになっていたのですね。ありがとうございます。

ほんとに、親ばか話が思いっきりできる、すてきな保護者さんだらけです。よく言うんですよ、
「子どもほめられても、謙遜なんてできないよね〜。ええ、ほんとうにいい子なんです〜、なんて言っちゃうよね〜」って。ウフフ・・・。

【春祭り後も早々と退散!?】
春祭り後(掘さんの講演会後)は、その後、送迎バスがでて、すぐ帰る保護者も多いし、あのときは、イギリスに行くプロジェクトの説明会をしていたから、みんな、それぞれ、解散ですね。でも、あの後、学校主催の懇親会(保護者対象)もあったりして、みんな遅くまで楽しんでいたんですよ。私は遠いので、学校のバスで、すぐにきのくにを後にしましたが。

秋にはシンポジウムもありますので、また、お越し下さいね。

○ミュルアさん、お会いできて、うれしかったです。
ブログでのレポートも、ありがとうございます。
お仲間になれる日を、楽しみにしてますね!!

投稿: mami | 2010年6月22日 (火) 20時23分

素晴らしいお話しをありがとうございました!

初めて、きのくにの保護者の方の
生の声が聴けて、本当に感動しました!

涙がこみ上げてくるのを何度もおさえていた
姿が、とても印象的でした。
私も、思わず涙しました!

残念ながら、講演の後、お話しをさせて
いただきたかったのですが、
いろいろな方とお話しされていたようなので、
今回は、遠慮して、またの機会にゆっくり
お話しさせていただこうと思いました。

遠い距離ですが、心は近し!!

また、いつかお会いできるのを楽しみにしています!!

投稿: 松木祥恵 | 2010年6月23日 (水) 22時14分

松木さん、そうなんです。あの後、いろんなかたとおしゃべりしてて、そうしたら、誰かが、「mamiさん、松木さんと会った?」って聞いてくれて、「あっ!まだお話してない!」と気がついたけれど、そのときにはもう、人もまばらになっていて。

残念でした。

それしても、「人前で話しなんて、絶対ダメ」、と思っていたのが、「大好きな堀さんに声をかけていただいたんだから、できるだけのことはしてみよう」と思ってお引き受けして、それが、少しでも、お役にたてたなら、こんなにうれしいことはありません。

松木さんも、コメントまで書いてくださって、ほんとうにありがとうございました。

投稿: mami | 2010年6月24日 (木) 14時18分

素晴らしい時間をありがとうございました
mamiさんの話 たくさん教えていただくことがありました そして魅力たっぷりのmamiさんに 出会えたことにふかくふかく感謝しています
こうやって 出会えて そして一緒に何かを感じ合える空間にいられることにも 
なんて素敵なんでしょう
自由教育は人をかえ 世界を変えていくんですね

mamiさん 
また逢いたいな
そんなことを強く感じています
どこでも楽しかったですけれど
車の中 楽しかったですね♪
とびきりの笑顔 

今度は 夜更かし会でしょうか?
色々な形で 参加する方がいらっしゃるから 私も ひょうたんランプ展で参加しようかしら♪ あの光の中で話するのもなかなか楽しいかも 

投稿: YOKO | 2010年6月24日 (木) 23時58分

YOKOちゃん(今日はなぜか、チャン付けしたい気分なの)、今でも、あのときのピカピカな一日が思い出されて、じ〜んとしてしまいます。
ほんと、車の中、楽しかったね〜、はしゃいじゃったね〜。

夜更かし会、私は10月のにしか行かないのですよ。会えるのは、そのときかな。でも11月のシンポは、きのくにも、東京も、行っちゃおうかな〜。

そういえば、菊さまがYOKOちゃんのブログに紹介されていたきのくにの動画を見て、「堀さんの講演会行きたい」って強く思ってくれて、お友達もた〜くさん紹介してくれたの。南アルプスから帰ったら、菊さまからの紹介のかたからじゃんじゃん連絡がはいって、すごかったよ!ありがとう。

ああ、また会いたい、おしゃべりしたい。
もうちょっと落ち着いたら、またメールするね。

投稿: mami | 2010年6月28日 (月) 19時50分

あれ~なんて素敵なことになっているのでしょう YOKO(ちゃん)は涙出ちゃう
菊様に感謝ですね
ひろがるのがイメージできますね
そうです ジョン様のイマジンの世界ですね あ~うれしいね~

投稿: YOKO | 2010年6月29日 (火) 11時04分

菊様にも、ぜひ、YOKOちゃんのひょうたんランプ、見ていただきたいですね!

投稿: mami | 2010年6月30日 (水) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アルプス子どもの村ー教育講座 | トップページ | 教育とは、生きることそのもの »