« 教育とは、生きることそのもの | トップページ | 誇らしげ! »

2010年6月28日 (月)

講演会ご参加御礼ー追記ありー

【追記】
堀さんのお話の中で、数の概念をどう学ぶかということに関して、ビー玉を使って・・・、というのがありましたよね。

グッドタイミングなことに、北九州子どもの村小学校の保護者さん、KUuさんのブログに、その様子がとてもわかりやすく紹介されています。

http://k-children-chiacchie.blog.so-net.ne.jp/2010-06-28

↑こちらを合わせてご覧いただけますと、堀さんのお話が、より具体的に理解できると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月26日の、堀さんの講演会においでいただきましたみなさま、ありがとうございました。

大変熱心にお聞きいただき、また、アンケートにもたくさん感想を書いていただき、うれしく思っています。


「自由な学校がたくさんできて、幸せな子どもたちがたくさんできることが、幸せな国をつくる一番の近道だと、今日の講演を聞いて思いました。」

と書いてくださったかたがいらっしゃいます。前回の記事にコメントをつけてくださった、菊様です!!

私も、心からそう思います。

だから、私も、人に伝えずにはいられないのです。きのくにに出会ってしまった者の、使命を感じるのです。


A.S.ニイルはこう言っています。

【すべての犯罪、すべての憎しみ、すべての戦争は、その原因をさぐれば不幸にたどりつく。不幸はどのようにして生まれ、どんなふうに私たちの生活を台無しにするのだろうか。この本の目的は、これを明らかにすることである。】  (ニイル選集① 「問題の子ども」 序 より)


講演会後、たくさんのかたに、「こんな学校があることを、もっと早く知りたかった」と言われました。


そう思われた方、どうぞ、周りのかたに教えてあげてください。


ニイルや霜田静志さんや堀さんのように、子どもの心を大切にする教育者がいる(いた)ことを、たくさんのかたに教えてあげてください。

家庭での子育てにとりいれられることもたくさんあります。


講演会当日は、ニイル選集の①と②だけ販売しましたが、ジュンク堂さんには、全集そろっていました!
③恐るべき学校 ④問題の教師 ⑤自由な子ども もお勧めです。


そして、きのくに子どもの村小学校、かつやま、南アルプス、北九州、全校で、サマースクールの募集が始まっています。例年、あっという間に定員に達してしまうほどの人気です。


自由学校を体験する最高のチャンスです。

きのくに子どもの村学園のホームページから、すべての学校の情報を見ることができます。


昨日(27日)は、北九州子どもの村小学校の、おもちゃづくり教室に行って来たのですが、リピーターの子も多く、誇らしげに、自分のつくったおもちゃで遊んでいました。その様子は、次回に。


|

« 教育とは、生きることそのもの | トップページ | 誇らしげ! »

コメント

mamiさん。講演会の、企画・運営お疲れ様でした。

堀さんのお話、また、mamiさんや息子さんのお話を伺って、我が家の“非常識”な子育てが、やっぱり間違っていなかった、と安堵いたしました。

本当に学びたいことであれば、学ぶことそのものが楽しくてしょうがないはずです。

生徒も先生も心を病んでしまうような学校では、幸せな子どもを育てられるわけがありませんよね。

娘は、今日、一人旅をひとまず終えて帰ってきます。みやげ話が楽しみです。

またゆっくりお話をしたいですね。

投稿: カズミ | 2010年6月29日 (火) 09時50分

カズミさん、こんにちは。コメントありがとうございました。

娘さん、いいお母さんを持って幸せですね!
一人旅から帰った娘さんの土産話、私も聞きたいなあ。学校で、静かに机に向かっているだけが学びじゃないですよね。送り出してあげたカズミさん、すてきだと思います。
ほんと、またゆっくりお話したいです。

投稿: mami | 2010年6月30日 (水) 20時48分

Mamiさん、そしてやっぱり今回もカッコよかったN君、
大分・北九州・福岡とおつかれさまでした!
いつもありがとう~ヽ(´▽`)/
いやいや、大分での堀さんのお話に偶然フィットしてたんですねー
ビー玉の話(゚0゚)いやビックリ。以心伝心?!
あれはホントにすごいです。
何と言ってもドリルなんかで培うのとは全く違う楽しさが詰まってる!
またこれからも、目からウロコの話、紹介しちゃいますよ~。

投稿: KUu | 2010年7月 1日 (木) 13時23分

日曜日に会ったとき、講演会の内容まで話してないですよね。なのに、ビー玉のこと、書いてある〜って、ホント、うれしかったですよ。心、通じてたのね〜!

他にも具体的なお話、参考になるかた、たくさんいると思います。楽しみにしてますね!

投稿: mami | 2010年7月 2日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教育とは、生きることそのもの | トップページ | 誇らしげ! »