« プロフィール | トップページ | ニイルのおバカさん »

2010年5月 2日 (日)

大笑い 春祭り

*【お詫び:: 5月4日追記です。昨日、少し文章の訂正をしてサイドアップしたら、改行が全部なくなって、文章が全部つながってしまいました。オリジナルはちゃんと改行できているのに・・・。しかも、macで見るのとwindowsで見るのとも、画面が違う。私の問題なのか、ココログの問題なのかわかりませんが、いずれにしても、大変見難い画面のかたもおられると思います。申し訳ありません。】

昨日5月1日は、きのくに子どもの村学園での春祭り。 私が行くのも、もう、これで11回目!毎回楽しいよ〜。

やっぱり、息子の年齢に応じて、主に見て回るところが移っていきます。今年は特に、たぶん、息子がいる春祭りはこれで最後、ということで、高専中心になりました。

「プロジェクト日本」というクラスが企画した、「喫茶アジト」最高! Photo この喫茶店では、入店前に、店員さん(=生徒)の対応を、「命令」「ため口」「ツンデレ」「ていねい」の4種類から選べます。

「ツンデレ」って、初めて聞きましたが、若者は、知ってるんですね〜。ちょっとツンケンした感じながら、でもちょっと、かまってほしい、みたいな、感じなんだそうです。

長男のF曰く、「one piece のチャッピーチョッパーみたいな感じかな」ということです。私はone pieceを見ないのでわかりませんが、愛読者の夫によると、「その説明でよくわかった」とのこと。

で、そこに入ったら、すでに教員のNさんが「ツンデレ」で注文しておられたので、同じじゃ面白くないから、私は「ため口」にしました。 そしたら、注文とりにきた高校生が、「何にする?」と。

そこまではスムーズにいくのですが、となりの「ツンデレ」のお客さんと、対応が交互になると、こんがらがるみたいで、ひとこと言う前に、うっと言葉につまって、考える様子がもうおかしくって、大笑い。

最後、お店をでるときには、

高校生:「向こうでは、プロ日(プロジェクト日本)がディベートのコーナーを開いていますので、どうぞお立ち寄りください」

私:「あれ?もう ため口 は終わったん?」

高校生:「あっ、いえ、・・・(頭の中でモード切り替え、ひと呼吸)・・・向こうでプロ日がディベートコーナー開いてるから、行ってみてな〜」

はい、高校生とのディベート、参加してきました。 テーマは「どうしたらモテるか」←ホワイトボードに書いてあったのを書き留めなかったので、この通りじゃなかったかも・・・。

男の子たち、「モテたい」と言うから、「アイドル的に、たくさんの人に、かっこいいって言われたいだけなの?それとも意中の人から思われたいっていうことなの?」聞いたら、 「あ、そうですね、ではまず、モテる、の定義から話さないといけないですね」 と、

それから、話しはあちこち行きつつも、Nさんが、「女の子は健康的で明るくて、やっぱり、ポニーテールがいいですねえ」とか言いだして、ここでも大笑い。 あのときディベートに参加していたのは、全員男子だったのですが、みんな、絶対モテるよ!

自分の親の年代の人と、ごく自然に話しができて、おまけに話題が恋愛のこと。会話していて、私もとっても楽しかったです。ありがとう。

さて、Nは今年も「音楽文化を探る」のプロジェクトを選びました。 春祭りのオープニングでは、ビートルズの「イエローサブマリーン」を、効果音を入れて、ホンモノみたいに演奏してくれました。

今年のテーマは「音楽の力」についての探求だということで、「音と音楽の違い」(←タイトル通りでないかも。書き留めるの忘れました)についての考察などが壁に張り出してありました。

そして、いろいろな珍しい楽器も展示してあり、それについての説明をしてくれたり、演奏してみたりもできました。Cimg0500これは「月琴」というのだそうです。

Cimg0502 こちらは太鼓。どこの国のものだったけ〜。Nに確かめたいけど、もうアルバイトに行ってしまった・・・。

これは吹くのがものすごく大変そう。でも、ちゃんといい音がでていました。 Photo_2

午後の堀さんの講演会では、進歩主義学校出身の卒業生が、社会にでて、立派に、幸福に生きている様子を、詳しい研究データとともにお話くださいました。 このお話のことは、また日を改めて、書きたいと思います。質問もたくさんでていましたね。

この講演会のとき、司会をしていたのは、きのくにの卒業生で、現在、きのくにの寮母さんです。 なんとまあしっかりしていること!

きのくに卒業後の成績とか、数字で見なくても、彼女の明るくて、知的な様子を見たら、たいていの人は、きのくにの教育の真価をわかっていただけるのではないでしょうか。

おいしく食べて、笑って、感動して、ああ、いい一日だった。

P.S.講演会後、私と話したかたで、私の目がうるうるだったことに気づかれたかたへ。 あれはね、堀さんが、次男さんのことを話すなかで、「二人とも教育を専攻してくれて、こんな親孝行なことはないですね。(次男さんに向かって)ありがとう。」とおっしゃったとき、その暖かさに、涙、どばーっ、だったのでした。

|

« プロフィール | トップページ | ニイルのおバカさん »

コメント

喫茶アジト、高専生の発想が柔らかくて、大人はちょっと戸惑い気味でしたが、楽しかった!講演会では私も堀さんの暖かさを感じましたよ、とっても。
音楽文化ではN君にギターを教えてもらって幸せでした!楽しくて、元気をもらえた春祭りでした。

投稿: なかた | 2010年5月 3日 (月) 14時13分

春まつりで『きのくにの課題について』と質問したのは、何を隠そう私の父です…。府の教育委員会を経て、学校事務に携わっています。学校を『経営』として見ていない堀さんの回答は、少々もどかしさ(?)が残るモノだったかも知れませんが、親にとっては温かい回答でした。そして何を隠そう、毎日『金返せ』と言っていた我が娘…。 春まつりを終え帰って来てから『学校辞めるのやめる。春まつり楽しかった!』とまたひとつ成長してました!
もっといっぱい回りたかった!来年はもっと回るぞ!とまた楽しみになりました。教育家庭の中で育った私。小学校教員の母と事務の父。両親が私にしてくれた事を否定はしません。ただ、私は娘のために『自由教育』を選び、きのくにに通うチャンスを娘は掴めたと思っています。

投稿: かんち | 2010年5月 4日 (火) 01時11分

○なかたさん、こんにちは。
春祭り、楽しかったですねえ。笑いが満ちている学校って、幸せですね。それにしても、高専生のあの発想には、感心しますね。

○かんちさん、お子さんも楽しまれたようでよかったです。緊張がとれてきたら、これからますます楽しくなるのではないかな?

【学校を『経営』として見ていない堀さんの回答は】
とういことですが、堀さんは教育者であって、いわゆる、一般的な意味での「経営者」
(一般的というか、私個人のみかたかもしれないけど、この言葉からは、利潤を追求することが第一目的、のような感じを受けています)
ではないかもしれないけど、きのくにを創設して、ここまで豊かに存続させていることは、十分優れた経営者であることを証明していると思います。人材を育てるという意味でもすごいなあと思うことばかりです。

堀さんはみなさんに負担にならないようにと、寄付のことはあまりおっしゃいませんが、やはり、これから二つも中学校をつくるのですから、寄付はありがたいと思いますよ。

かんちさんへだけでなく、みなさ〜ん、どうぞ、よろしくお願いしま〜す!!

投稿: mami | 2010年5月 6日 (木) 18時46分

お久しぶりです。学校は違いますが、先日南アルプス子どもの村の春祭りのほうに家族3人で出掛けてきました。息子(年長)はかなり満喫した様子で、帰り道「南アルプスの小学校気に入った!行くの!」とそれはそれは乗り気で(笑)パチンコタワー?と竹馬が気に入った様子で、何時間も粘って遊んでいました。クラフトセンターでトンカチもって工作するんだ!と話しております。主人も、子ども達の様子が明るく、学校が楽しいであろう様子を見て、もう即決・・・みたいでした。

学園長の堀さんのお話も聞けました。本当に優しげな先生ですね。この先生達なら、信頼を持って息子をお願い出来そう、そう思える一日でした。

まだ年長の息子は体験入学を受けられないので、近日中に授業の見学に行くつもりです。

行った日が関東では久しぶりの快晴で、お庭から富士山がくっきり見えて、3人ともすがすがしい気持ちで学校を後にしました。

まだ100%この学校に行かせてやれるという状況ではなく、問題山積ですが、ずっと就学問題に頭を抱えてきた私にとって、明るい光が見えてきたような…そんな気持ちになりました。

投稿: kewpie | 2010年5月 6日 (木) 23時43分

kewpieさん、南アルプスの春祭りに行かれたんですね。息子さんも楽しまれたようで、何よりです。この日の様子、保護者のかたのブログで読みました。ほんとうに楽しそう。↓

http://ameblo.jp/whoareyoumyprinces/

私も初めてきのくにに見学に行ったとき、まず、堀さんと話しをして、こんなかたが学園長なら心配ない、と思いました。スタッフも、愛情深いかたばかりで、私は、私だけが囲い込んで育児するより、うちの子はよっぽど豊かに育つだろうと思いました。そして、その通り、たくましく、すこやかに、かっこよく成長しました!

投稿: mami | 2010年5月 7日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフィール | トップページ | ニイルのおバカさん »