« アリサ・ヒトから人間への記録 | トップページ | 根っこから伸びる »

2010年5月24日 (月)

たとえ何度ころんでも

【自分の足であるかせてほしい。
たとえ何度ころんでも。
どんなにおそくても。

自分の手でやらせてほしい。
たとえ、どんなにきずをつけても。
どんなに下手であっても。

自分の頭で考えさせてほしい。
たとえ、どんなに間違っていても。

その間違いが、必ずその後の育ちに役立ってくれるのだから。】


この文章は、さくらさくらんぼ保育創始者である、斉藤公子さんが書かれたもので、先日ご紹介した『アリサ ・ ヒトから人間への記録』は、その、さくらさくらんぼ保育園が舞台になっています。


ゆふいん文化・記録映画祭で上映をしてもらうために、私ももう少し、さくらんぼ保育園について知りたいと思い、今年3月に、佐賀県にある「さくらんぼ保育園」に見学に行ってきました。ホームページがとてもすてきだったので、行ってみたいな〜、と思ったのです。

http://saga-sakuranbo.com/


冒頭の文章は、そのときいただいた園の「ご案内」チラシに書かれていたものです。こういう気持ちで子どもを育んでいけたらいいですよね。


斉藤さんの文章のあとには、また、すてきな文章が続きます。こちらは、この保育園さんが書かれたものですね。
ご紹介します。


【子どもを賢く育てたい。親であれば共通の願いでしょう。実は子どもの脳は「遊びこむ」ことで発達していきます。これは最新の研究で証明されている事実です。

単純に早くから勉強させておけばよい、というわけではありません。

よく遊び、よく食べて、よく寝ることが大切なのです。


私たちさくらんぼ保育園は、失われつつある子ども時代を子ども達の元へ取り戻し、せいいっぱい生きていける子育てをしています。


これから一生涯を生きていく子ども達に生きる力を、どんな環境でも希望を見出す力を、ユーモアを失わない強さを身につけてほしい。

大地にしっかり根っこをはった子ども達は意欲に満ち溢れ、優しく、美しいです。

お気軽に遊びにおいでください。子ども達の未来のために。】


4月には、大分市内の、上野愛光保育園というところに行ってきました。採光がよくて、風が気持よく通り抜け、園庭には土のお山で泥だらけになって遊ぶ子どもたち。

こちらの園長先生には、今度の映画のあとに、トークをしていただくことになっています。楽しみだなあ。


大分近辺のかた、ぜひぜひおいでくださいね。

5月30日(日)10時から、湯布院町中央公民館にて。前売り500円、当日700円です。


|

« アリサ・ヒトから人間への記録 | トップページ | 根っこから伸びる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリサ・ヒトから人間への記録 | トップページ | 根っこから伸びる »