« 受容のちから | トップページ | 心が解放されていく »

2010年2月22日 (月)

南アルプスー最近の様子

きのくにも、かつやまも、南アルプスも、北九州も、子どもの村のホームページがとても充実してきていますね。


私が気に入って、特によく見るのが、南アルプス子どもの村小学校の【最近の様子】というページです。

http://www.kinokuni.ac.jp/nc_alps/html/htdocs/index.php

(↑このページの上部、真ん中あたりの【最近の様子】をクリックしてみてください。)


今日は、2月20日の『失敗は成功の源』という記事に感動!

「失敗することはよくないことだと考えがちですが、この学校の大人は失敗した子をしかることは絶対しません。そもそも失敗するために学校はあるのです。すべての学びは失敗から始まります。」


こんな大人に見守られて育つ子どもたちは、きっと、表情豊かで、いろんなことに挑戦できる、好奇心溢れた子どもに育つでしょう。


少し前の記事になりますが、2月5日の『ブランコのルール』というのも、ぜひ読んでみてください。(もちろん、他の記事も全部、すてきなんですよ!)


堀さんの著書『自由学校の設計』の中で、ある保護者からの手紙が紹介されています。

「きのくに子どもの村を希望したのは、自由ということばに強くひかれたからです。だけど、“自由”という漢字は読めても、それを理解するのに二年もかかってしまうなんて、想像もしていませんでした。・・・・・でも、今は何が真実なのか、はっきり見えるようになり、すっかり楽になりました。

・・・・・きのくにほど、我慢強くて、愛情深くて、信念を持っている人達がいるところはないと思います。」


この、最後の一文を読むと、いつも涙がでてしまうのです。きのくにで見聞きした、あんなこと、こんなことを思い出すと、ほんとうに、この保護者さんの言う通りなんですもの。


私は今まで、たくさんのかたに、「お子さん、小さい時(小四と小二)から寮生活で、お母さん、寂しくなかったですか?」と聞かれてきました。


たぶん、私にこの質問をしたかた、30人は越えていると思います。

で、そのたびに答えてきました。


「息子に会いたいなあ、という気持ちはもちろんあったけれど、そんな寂しい気持ちより、彼らが、こんな学校で学べるんだ、という喜びのほうが大きかったです。」


質問したかたは、一様に、わかったようなわからないような笑みを浮かべるのです。


多分、子どもの村の良さがほんとうにわかったとき、私の答えも理解してもらえるんだろうな、と思っています。


子どもの村にはとても興味があるけれど、寮生活が・・・、と気にされているかたは、とにかくまず、堀さんの著書を読まれることをお勧めします。

『自由学校の設計』
『自由学校の子どもたち』
『ニイルと自由な子どもたち』(三点とも黎明書房)
『きのくに子どもの村ー私たちの学校づくり』(ブロンズ新社)

後者三冊は書店では入手しにくくなっておりますが、図書館にはありますし(多分)、アマゾンでも中古で出ていることがあります。


本はしっかり読んだ、それでも、「何となく不安」とか、「とにかく子どもの村に行かせた人のナマの話しが聞きたい」というかたもおられますよね。そんなときは、私、いつでも力になりますわよ〜!happy01

|

« 受容のちから | トップページ | 心が解放されていく »

コメント

まみさん、お久しぶりです。ブログは拝見しているのですが、毎日バタバタしすぎていてなかなかお話しできませんでした。

さて、実はこの私が「学校はものすごく素敵だけど寮生活が・・・」という親そのものでした。サマースクールで夫が「きのくにに入るならば寮の方がいい!」と見抜く?までは、母子で和歌山に引っ越そうかと考えたくらいです。

何となく「夫がそこまで言うなら寮もいいかなあ〜」と思いながら入学して1年。今でははっきりと「寮は心配ない。寮で過ごしているからこそ、この子はここまで育った」と信じています(もちろん通学が良くないという意味ではありませんよ)。

一口で言うのはとっても難しいのですが、親でさえこの1年の成長には目を見張るばかりです。例を挙げればきりがないのですが(小さなことが多いのでけっこう忘れてたりします)、先週帰って来たときにちょっとしたことで軽い言い合い、というか意見の違いになったのですが、子どもの口から「もうしようがないねえ」という言葉が出ました。後で考えてみると私の方が子どもっぽいことを主張していて、子どもがそれをさらりと柔らかく大人な態度で優しく返してくれたようです。

きっと友だちや大きい子たちも、うちの子のわがまま?をそうやって受け止めてくれて、お互いに優しく寛大に接しているのだろうなあと思いました。

きのくにに行って、うちの子の器というか許容範囲というか柔軟性がすごく高まったのを感じます。これは親も負けてはいられないぞ!、もしかしたらもう子どもの方が人間ができてる?と感じることもあります。

子どもっぽい言動ももちろんたくさんあります。←その方が安心ですよね。一方で「すごいなあ」と感心することがどんどん増えてきました。

ただ一つ、私の方が寂しいのは、一緒に本を読む時間が減ったことです。その分、週末にはべったりとして寝る前に読んでいます。

私としてはいまのところ、きのくにの寮は予想をはるかに超えて素晴らしいところです。

投稿: まい | 2010年2月22日 (月) 22時31分

まいさん、こんにちは。

実体験にもとづく率直なコメント、ありがとうございます。

我が家の場合は遠方のため、「きのくに転入」イコール「寮生活」で、息子もきのくにに行きたかったので、悩むことがありませんでした。

だから、まいさんのような体験談は、参考になるかたがとても多いと思います。


【きのくにに行って、うちの子の器というか許容範囲というか柔軟性がすごく高まったのを感じます。これは親も負けてはいられないぞ!、もしかしたらもう子どもの方が人間ができてる?と感じることもあります。】

ほんとにそうですね~。私もドキッとすること、よくあります。(苦笑)

投稿: mami | 2010年2月24日 (水) 14時32分

mamiさん、まいさん、こんにちは!

「こどもの村小学校いいな!」と思ったものの、小さい頃から寮に入れるのはどうなんだろう?とかぐだぐだ悩んでるところでした。

お二人のお話、とっても参考になります。
「寮の方がいい」のですね。勇気づけられます。
うちの子はもうすぐ年長で、あと一年あるので、考えてみようと思います。
まだまだ母にべったりの我が子なので、今きいてみたら絶対に「いやだー」なのは目に見えてます。でも年長になったら、さくらんぼ保育系の交流園で合宿が何度かあるので、母から離れるのも慣れてくることでしょう(^^)

投稿: ヒカル母 | 2010年2月27日 (土) 04時27分

ヒカル母さん、このあいだのオープンデー&講演会以来、すっかり「子どもの村」に魅せられてしまいましたか~?(笑)うれしいです!

寮生活でお悩みなのですね。まいさんのコメントにもありましたが、「通学がよくない」というわけではありませんし、タイミングもあるでしょうから、ゆっくり考えてみられたらいいですね。来年度はサマースクールにも参加できますしね。

学校の大人は、いつでも相談歓迎だと思いますよ。

あと、『自由学校の設計』には「寮生活とホームシック」という項がありますし、『自由学校の子どもたち』では、寮母さんが執筆されている章がありますよ。今思えば、私もいろいろ不安だったのでしょう。その部分を何度も何度も読んで、そこから安心を得たような気がします。

投稿: mami | 2010年2月27日 (土) 10時25分

mamiさん、ありがとうございます。
サマースクール、楽しみです。

『自由学校の設計』読んで、うーん、こども一人を溺愛してる私に問題アリかも!と思いました。
『自由学校の子どもたち』も読んでみようと思います。
アドバイスありがとうございます。

投稿: ヒカル母 | 2010年2月28日 (日) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受容のちから | トップページ | 心が解放されていく »