« 許せばいい | トップページ | 堀さん講演会 in 東京 »

2009年12月31日 (木)

平和な夜

今日は大晦日。

たいした大掃除もせず、おせちもつくらず、穏やかな一日です。

でも、三が日に食べるだけのビーフシチューと根菜の煮物と、その他、きんぴらごぼうや酢の物はつくったんですよ!(←名誉挽回)


おせちは、みんな、好きじゃないんです。特にFなんて、「全部冷たいやん、おいしくない」と言いますので、私としては、楽ですね〜。


さて、この時間、何をしているかというと、夫は自室で、読書かな?あれ?ちょっと尺八の音も聞こえるかな? (←見てないので、何をやってるものやら・・・)

Fはギターの練習。

Nはリビングで読書。私も同じく。


Nが読んでいるのは、デュマの「モンテ・クリスト」。

この本は7巻あるのですが、数年前私が読んで、ものすご〜く面白くて、やめられなくらいだったので、家族みんなにお勧めしていました。でも、誰も振り向いてくれず・・・。


でも、少しまえ、Fが手に取り、すっかりはまり、それから夫、そして、冬休みに帰宅して、みんなが読んだと知るや、猛然と読み出して、今、最後の巻です。


みんながはまる様子に、ウフフ、と喜ぶ私です。


私が高校生のころの大晦日って、なにしてたかといえば・・・「勉強」でした。

紅白歌合戦は、好きな歌手のときだけ、呼んでもらって見てました。あれだけ時間費やした「勉強」だったのに、結局、嫌々、だらだらしてるもんだから、全然身につかないし、楽しくないしで、結局浪人だし。いったい、何やってたんでしょうね、私。

それに、家族とリビングで一緒に過ごす、っていうのが苦痛だったし。だって、親の視線が、「そんなことしてて、大丈夫なのか!?」って、言ってるんだもの。


だから、今、Nと同じテーブルに向かって本を読んだり、・・・、あ、今、Fが練習の休憩で、みかんを食べにやってきた、・・・こうやって、家族が同じ部屋で、過ごすのが、最高に幸せです。


まあ、当地は、と〜っても寒いので(雪が降っています)、みんなが別の部屋で過ごすと、暖房代がすごくなる、という理由もあるのですけどね。息子たちも、冷えきった自室には、行きたくないみたいです。


そんなこんなで、今年も終わろうとしています。


来年は、Nもきのくに生活最後の年になります。この冬休み中、ちょっと、転機があったような・・・。


また楽しみな一年。

私も、自分のやるべきことを見失わず、大切に過ごしていきます。


きのくに子どもの村学園のすばらしさを、もっともっと、多くの人に伝えたいです。

ブログを見に来てくださるみなさま、また来年も、どうぞ、ご協力お願いいたします。

|

« 許せばいい | トップページ | 堀さん講演会 in 東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 許せばいい | トップページ | 堀さん講演会 in 東京 »