« 充実の夜更かし会 | トップページ | 旅は最高の教師 »

2009年10月30日 (金)

わらじ新聞

10月17日の、海外研修発表のことと、夜更かし会のことは書いたのに、18日の、きのくに子どもの村学園の運動会のことは、書いていませんでしたね。


実は、今年は参加できなかったのです〜。weep


なぜなら、18日は、福岡で、Fのギターの先生のリサイタルが行われたから。こちらにもぜひ行きたかったので、きのくに歴10年目にして、はじめて運動会を欠席しました。


ということで、18日、朝2時半くらいまで夜更かし会でおしゃべりして、それから、少し寝て、5時半にはきのくにをでて、通天閣のところのラジウム温泉に入ってきれいになって(?)、それで、福岡でのコンサートに向かったのでした。


さて、たった一日のきのくにデーでしたが、十分楽しみ、さらに、よいものを見つけてしまいました。


『わらじ新聞』


みなさま、ご存知ですか?


息子がきの高生になると、なかなか、小中の情報が入らなくて、ずっと知らなかったのですが、きのくにの事務室前に、ひっそり置いてありました!周りに誰もいなかったのですが、カンパ箱が置いてあったので、お代はそのなかに入れてきました。


きのくに子どもの村中学校の『わらじ組』の子どもたちが作っています。


私が持っているのは、今年7月10日と10月18日発行の分です。7月のが第一号になるのかな?


最初のところに、このように書いてあります。


【私たちわらじ組は、「世界の子どもの住む環境」をテーマに活動しています。ひとりでも多くの人に世界の様々な現状を知ってもらうため、新聞を発行することにしました。 今回のテーマは身近なところから入り『食』です。】


中身は、「食料不足 飢餓」「地球温暖化の影響」「紛争による被害」「輸入」「水不足」「フェアトレード」について、各自がひとつ担当して、書いています。


参考文献もちゃんと記載してあって、かなり下調べした様子がうかがえます。しかも、資料の丸写しではなく、説明とともに、自分の気持ちや考えなども丁寧に書いてあります。


10月発行のほうは、「自殺」「不登校」『児童虐待」「麻薬」「サイコパスと子どもの脳」「森林破壊」「ゴミ山で働く人々 スカベンジャー」。


こちらは枚数も多くなり、さらにパワーアップしています。


私は「スカベンジャー」という言葉を、この新聞で初めて知りましたので、とても勉強になりました。


Nは「わらじ新聞」を読んで、「今年のわらじ組、すげえな」と感心していました。


これ、シンポジウムのときに、販売してくれるのかな?わらじ組に聞いてみよう。


みなさま、もしあったら、ぜひ購入して、読んでみてくださいね。とても中学生とは思えませんよ!

|

« 充実の夜更かし会 | トップページ | 旅は最高の教師 »

コメント

こんにちは^^私もわらじ新聞は、楽しみに読ませていただいてます。世界の子供の労働の問題など、深く心に残る問題が取り上げられていて、その着眼点というかどういった話合いからそこへ至ったんだろうと、とても興味があります。とにかく凄いです。

投稿: ぴいぶ | 2009年11月 1日 (日) 20時23分

ぴいぶさんは、最初の号から読まれてたんですね。私はずっと知らなかったので、あのとき、事務室の前をうろついてて(?)、それで発見できたので、よかった〜と思いました。^^

そうですね、それぞれがどれを担当する、というのもミーティングで詰めていったんですかね。
また、次号も楽しみですね。

投稿: mami | 2009年11月 3日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充実の夜更かし会 | トップページ | 旅は最高の教師 »