« 根っこを育てる教育 | トップページ | 南アルプスのオープンデー »

2009年10月 9日 (金)

水源の森 トラスト 

健康が取り柄の私が、不覚にも、数日ダウンしておりました。

といっても、風邪でもインフルエンザでもありません。


ジンマシン  だったのです。 きゃ〜、今思い出しても、恐ろしくて鳥肌がたってしまいます。


10月4日、日本熊森協会が主催する、東京でのシンポジウムに参加してきました。そのことも書きたかったのに・・・。


朝一番の飛行機で行き、シンポジウムの前に、20年来の友人と、久々に会って一緒にランチしました。1時間しかなかったので、近場で目についたところに入りました。

私が頼んだのは、『明太子シラススパゲティ』・・・ああ、これ、書くだけでも、なんか、いや〜な気分。

食べてすぐ、「う〜ん、おいしくない」と思ったものの、友だちとの会話に夢中で、全部食べてしまいました。


13時からのシンポジウム、始まって15分くらいしたら、腕、肩、膝の裏あたりが、チクチクかゆくなってきました。

もともと肌が弱く、アトピーの気もあるので、「足早に歩いて汗かいたから、かゆくなったのかなあ」と思っていたのですが、かなりかゆい!


合間に、そっと、腕をまくって見てみたら、たくさんの蚊にさされたみたいに、肌がぼこぼこになってる〜〜!

途中休憩でトイレに入り、足やお腹を見てみたら、もう、真っ赤でぼこぼこ。卒倒しそうになりました。weep


今から16年くらい前、父の葬儀に向かうときにも、ジンマシンがでたことがあります。そのときは、電車のなかで、チクッときて、それからどんどん広がり、夜には顔まで。夜間救急で病院に行き、注射一本で治りました。あのときは、多分、疲れとストレスだったんですね。


食べ物ででたのは初めてでした。


必死にかゆみと闘いながら17時までシンポジウムに参加し、後はひたすら、薬局で薬を買うために帰りを急ぎました。

でも薬ではおさまらず、月曜日、なんとか仕事はしたものの、頭はぼーっとした状態。早々と布団に入ったものの、身体があたたまったらさらにヒドくなり、とても寝られず、夜11時、病院に行きました。

キョウミノ(ってどんな漢字?)という、肝臓のための注射をし、飲み薬、塗り薬ももらい、それから3日かけて、徐々におさまってきました。

この数日、仕事だけして、あとは寝る、という生活。もう、読書も、勉強も、ブログも、なにもできなかった〜。(泣)


でも、自業自得なんです。

もともと、そんなにお酒に強くないのに、8月から9月、ストレスがあって、毎晩ちょこちょこお酒を飲み、ジンマシンがでる1週間前は、二日酔いになるほど飲んでしまったのです。このときは楽しいお酒だったのですが・・・。

肝臓が弱ってると、悪いものが入ったとき、解毒できず、こういうことになってしまうそうです。←夫が解説してくれました。


来週末はきのくにに行きます。もうお酒は飲みません。(ホントですよ!)自分の身体は自分で守って、やるべきことをドンドンやっていかなければ!


はい、では、気を取り直して、シンポジウムのときの話しです。


現在、日本熊森協会は、水源の森を買い取って永久保全すべく、トラスト活動を進めています。↓こちらをご参照ください。

http://homepage2.nifty.com/kumamori/okuyama-trust-top.htm


シンポジウムのときには、三重県大台町の森、676haの買い取りを決定したとの発表がありました。


その土地の持ち主さんも来て、経緯を話してくださいました。


「おじいさんがなくなったとき、相続税が1億円。それを払うために土地の一部を売ったけれど、今後も相続税の問題は起きてくる。企業から、買いたいという申し入れも来たが、企業に売ると開発される。自分としては、このまま残して、動物の棲める森を残したいので、日本熊森協会さんにトラストしてもらうことにした。」


ということでした。

企業に売ったほうがよほど高く売れるでしょうに、「動物の棲める森を残したい」という言葉が、とてもありがたく感じました。


でも、熊森も、購入を決定したとはいえ、まだ9000万円足りないそうです。

そのため、現在寄付金を募っています。振込先は、上記HPの一番下に記載されていますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。


日本は海に囲まれていますし、国際河川(たくさんの国にまたがる川)がないので、水の問題に疎いところがあるかもしれませんが、水源を守ることは、次世代のために、大切なことだと思います。


水ジャーナリストの橋本淳司さんのお話に、なるほどなあ、と気づかされました。

「現在日本の食料は多くを輸入に頼っています。食料をつくるにはたくさんの水が必要です。牛肉を作るにはその2万倍の水が必要です。現在、アメリカ、中国、オーストラリアは水不足に陥っています。そうすると、食料生産がおぼつかなくなる。日本は 食料を買う=水を買う ことができるのか?」


国連は、「21世紀は水を取り合って戦争になるだろう」と言ったそうです。


その言葉を裏付ける情報も入ってきています。


トラスト地購入資金の寄付、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 根っこを育てる教育 | トップページ | 南アルプスのオープンデー »

コメント

タラコシラススパゲティですかあ・・・
シラスはいいけど、タラコに添加物がたくさん入っていて、敏感なまみちゃんの体がそれを拒絶して排毒したのでしょうなあ^^
水の問題がすぐそこに近づいているんですね。枯渇してからでは復元することはほとんど不可能に近いと思います。自分たちがすぐにできることは何か、またみんなで集まって相談いたしましょう。
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

投稿: サムライ菊の助^^ | 2009年10月10日 (土) 21時12分

危機的状況に焦りを感じます。
すでにクマを絶滅させてしまった九州では、今度はイノシシやシカが消えてしまうのだろうかと、新聞の「有害駆除」の文字を見るたびに悲しくなります。でも、農家のかたには切実な問題だし・・・。
やっぱり、動物の棲める森を復元することが根本的な解決ですよね。
はい、また、集まりましょう!

投稿: mami | 2009年10月11日 (日) 22時41分

まみさん、具合はいかがですか。たくさんのことに頑張っておられるので、きっとお疲れもあったことでしょう。私は熊森は休眠状態ですが(当地では休日の間伐活動が多くて遠方だし、子連れでは役に立ちません)、いつも気になっています。

トラスト活動は素晴らしいですね。ただ、やはり問題は資金でしょう。私はいま給料日前でスッカラカンなのですが、給料が入ったらぜひ寄付したいです。

あるところにはお金はあるはずなのに、熊森に限らず頑張ってもらいたい団体はほとんどが資金難です。「この構造、なんとかならないかなー」と考えてしまいます。

ところで「キョウミノ」は強力ミノファーゲンCでしょう。主成分はグリチルリチンという薬で抗アレルギー、抗炎症作用があり、慢性の肝臓病やアレルギー、じんましんに適応があります。

週末まで十分休養を取ってくださいね。

投稿: まい | 2009年10月14日 (水) 18時37分

まみさん、東京までおつかれさまでした。それにしてもタラコスパゲティでこんなに大変なことになっていたとは・・・ビックリしました!

当面は身近なところで活動を進めていきたいと思っています。また連絡しますね♪

投稿: ひだまりくん^^ | 2009年10月14日 (水) 22時51分

○まいさん、ありがとうございます。すっかり回復しました。それでもお酒はまだ飲みたくないです。私にしたら驚異的な期間、飲んでません!

「頑張ってもらいたい団体はほとんど資金難」ほんと、そうですね〜。
麻生前首相なんて、「金に苦労したことねえから」なんておっしゃったんですから、熊森のトラスト資金、ど〜んと寄付してほしいです。
でも、根本はもっと大きな問題ですよね。
夜更かし会でおしゃべりできたらうれしいです。


○ひだまりくんさま〜
もう、エラいことになってました。weep
今週末は虎丸さんのところに行かれるんですよね。お話聞かせてくださいね。またお会いできるの、楽しみにしています。

投稿: mami | 2009年10月15日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根っこを育てる教育 | トップページ | 南アルプスのオープンデー »