« アタマを使う体験学習 | トップページ | うれしいことば »

2009年9月 7日 (月)

文楽&熊森&エコ

東京近辺にお住まいの方にお勧めしたいもの ふたつ。

文楽と日本熊森協会のシンポジウムです。まずは、文楽のお話から。


9月5日6日、思い切って、東京まで、文楽を見に行ってしまいました!

http://www.ntj.jac.go.jp/performance/2789.html

7〜8月に行われていた大阪での公演は、どうしても都合がつかず断念。まさか、東京まで行こうとは思っていなかったのですが、HPを見ているうちに、耐えきれなくなって・・・。

だって、今回は、シェークスピアの『テンペスト』を中世日本に置き換えて翻案した、新作文楽も披露されるのです。題名は『天変斯止嵐后晴(てんぺすと)ー天変 斯くて止み 嵐 后に 晴となるー』 なんか、すてきでしょう?


それに、8月の初めに、ふと手に取った、雑誌の『クロワッサン』。なんと、それに、大好きな、桐竹勘十郎さんの記事がでているではありませんか!お気に入りにの器についての記事だったのですが、買うつもりもなく、なんとなく気になって、パラパラとめくった雑誌にでているなんて、これは、もう、私に、「見に行け」ということなんだな〜、と勝手に解釈して・・・。


5日に第二部と第三部を見て、6日に第一部を見て帰ってきました。

もう、最高!三味線やお琴の音色が、こんなに美しいと感じたのは初めてでした。

内容については、最後の部分が特にじ〜んとしたのですが、これを書いてしまうと楽しみ半減なので、書かないでおきます。


「文楽って見たことないし、難しそう〜」とおっしゃるかたは、ぜひ、第三部の『天変斯止嵐后晴(てんぺすと)ー天変 斯くて止み 嵐 后に 晴となるー』を見てみてください。幻想的で美しい舞台です。

HPやプログラムで、事前にあらすじをだいたい把握しておけば、わかりやすいですし、字幕もついています。

23日まで、東京半蔵門の国立劇場にて。ぜひぜひ、おでかけください。


さて、次は、日本熊森協会のシンポジウムです。

http://homepage2.nifty.com/kumamori/

『第三回 くまもり東京シンポジウムー奥山の生物多様をとりもどそう』
10月4日(日) 13:00〜17:00  於: 早稲田大学国際会議場


会場に溢れるくらいの人が集まってくれたら、マスコミも、もっと注目してくれるかもしれません。

自然は、植物と動物の両方が存在してはじめてなりたつものなのです。奥山に動物を棲めなくして、里へ下りて来たところを駆除し尽くしていたら、10年後、20年後は、いったいどうなるのでしょう。


動物の棲める奥山がまだ残っているから、日本はまだ、水が湧いているのです。でも、今のまま、動物を殺し、自然破壊をしつづければ、日本のレストランでも、まず最初に(無料の)お水がでてくる、ということはなくなるでしょう。


私は小学生から高校生、浪人時代まで、熊本で過ごしました。

熊本には、八景水谷(はけみや)公園という、こんこんとわき水の溢れるところがありました。学校の遠足でも、そこへ行きましたし、高校生のころは、山岳部の練習で、ランニングして、そこでわき水を飲んだりしました。


それが、10年ほど前に立ち寄ったとき、ほとんど水が涸れていて、底にすこ〜したまっているくらいだったのです。ものすごいショックでした。でも、それから今まで、私は何も行動をせずにきました。

熊森協会会長の、森山まり子氏は、「このままでいったら、60年後、もう水は湧かなくなるでしょう」と言っています。私もその通りだと思います。


私たちの世代が、こういうことをしてしまった、そのことに、責任を感じています。

間に合うかどうかわからない、何からすべきかもわからない。でも、とにかく、できる行動をしてみようと思っています。


このシンポジウムのことを知ったのは、文楽のチケットを買ってしまった後だったので、また行くのもしんどいですが、日帰りで行ってきます。東京在住の友だちも、「ぜひ参加したい」ということで、彼女との再会も楽しみに、しっかり勉強してきます!


ご都合のつくかた、ぜひ、ご参加お願いいたします。申し込みが必要です。

事前に会長の講演録(小冊子ー100円)を読まれたほうがわかりやすいと思います。お持ちでないかたにはお送りしますので、ご連絡ください。


だいぶ長くなってしまいました。


あとちょっと、環境問題に関して・・・。

最近、多くの施設のトイレで、ペーパータオル、もしくは温風の手指乾燥機が設置されていますね。

国立劇場のトイレでは、ペーパータオルでした。

ほとんどのかたが、これを使うんですよ。なんでハンカチを使わないんかな〜。

けっこう並んでいたので、観察してしまいましたが、だいたい、15人中、ハンカチ使うのが1人くらいです。

ハンカチは涙を拭くためで、手を拭くためじゃないってわけなんでしょうか?

エコバッグ持つのもいいですけど、ハンカチも使おうよ〜、と言いたくなってしまいました。


あと、高速道路の無料科は、やめてほしい!それより公共の乗り物に補助金をだして、価格をさげ、多くの人が、車より公共の乗り物を使うようにすればいいのに。


ああ、キリがなくなるので、このへんで。


|

« アタマを使う体験学習 | トップページ | うれしいことば »

コメント

いつもながらエネルギーあふれて伝えたいことが山ほどある文章に 微笑んでしまいました
そうなんですね 10月4日か・・・・・
う〜 すれ違いで 和歌山に戻ります
あぁ〜残念
そういえば 先日 森山さんも勧めていらっしゃる 「降りてゆく生き方」みました そこには きのくに父兄も 寮母さんも 涙でます

ぜひ この映画ご覧下さいね
生き方そのものを 感じることになります

投稿: YOKOこと甘莉 | 2009年9月12日 (土) 15時02分

そうだ、甘莉さんも、ホントは関東でしたね〜。

「降りてゆく生き方」まだ見てないんですよ。ダイジェスト版を少し見たのですが・・・。きのくに関係者もいらしてたのですか。うれしいですね〜。甘莉さんが宣伝してくださったのかしら?

どんどんつながって、楽しいですね。

投稿: mami | 2009年9月15日 (火) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタマを使う体験学習 | トップページ | うれしいことば »