« きのくにー行き帰り | トップページ | 水源の森 トラスト  »

2009年9月28日 (月)

根っこを育てる教育

9月23日は、北九州子どもの村小学校で、学園長の堀真一郎さんの講演会があったので、行ってきました。

お話は、A.S. ニイルがどんな人であったのか、どんな教育をしたのかについてでした。その中では、私が、何度でも聞きたいと思っていた、「意識と無意識」についての話しもしてくださいました。


いけないことをした子どもに、こんこんとお説教する =意識に働きかける= のは、あまり意味がないという話し。

大切なのは、無意識に働きかけることなのです。


いろんな要因で、どうしても、「ダメ」と言われることをやってしまう子。その子自身も、それがよくないこととわかって、それでもどうしてもやってしまう。それは、罰を与えたり、説教したからと言って、すぐに治るものではないのですね。


そこから、ニイルが、しょっちゅう盗みをする子どもをさそって、隣の家の鶏を盗みに行く、というエピソードが語られます。この行動にも、深い意味があるのです。


【困った子というのは、実は不幸な子である。彼は内心で自分自身とたたかっている。その結果として外界とたたかう。】 A.S.ニイル


ニイルの教育について、詳しくお知りになりたいかたは、『ニイルと自由な子どもたちーサマーヒルの理論と実践』と、現在新版刊行中の、ニイル選集(全5巻)をお読みください。いずれも黎明書房から、訳は掘さんです。


講演会後は、堀さん、北九州子どもの村のスタッフ、保護者さんと、他の一般参加者との懇談会がありました。

楽しかった〜。

わざわざ大阪からいらした学生さんもいらっしゃいました。6月のときにもいらしていて、きのくにの教育に、すっかり魅せられてしまったそうです。


他には、なんと、大分からの参加者もいて、しかも二家族も! 不思議と、関心持ってるかたには、情報が伝わるようになってるんですね〜。


北九州の保護者さんは、いつもながら、とても雰囲気がよくて、快活、楽しい!


「子どもの村はお金がかかるとか、高校、大学のためにお金を残しておきたい、って言う人がいるんだけど、私は、今、小学生のうちに根っこをしっかり育てる教育をしたい。そこがしっかりしていたら、高校とか大学とか、どうにでもなると思うんですよね。」

そんな話しをしてくれたかたがいらして、うんうん、と、心から共感してしまいました。こういう話しで盛り上がれるって、とっても楽しい!


「自分自身の魂の船長となって」、自分自身の生き方ができる自由な人間に育ったら、ほんとうにやりたいことを見つけていくだろうし、もしそのために、大学での学問が必要ならそれを選ぶだろし、お金がなければ一年でも二年でも、自分で働いて準備するだろうし。


今年の春祭りのとき、きのくにOBの保護者さん数人と話しをしたのですが、彼らの娘さん、息子さん、それぞれ独自の道を歩んでいて、感心しました。


高校卒業後、1〜2年外国でボランティア活動して、帰国してから大学に進学し、やりたい学問を探究している人。

きのくに時代から動物が好きで、どうしても獣医になりたいということで、浪人して受験に備えている人。

家業を手伝いながら自分の道を模索している人。

そして、うちの息子(Fのほう)は、今年三月に通信制高校を卒業し、今はギターの練習に励んでいます。ときどきは、人前で演奏する機会もあり、来年はどのように羽ばたくのか、こちらも楽しみです。


とにかく、ストレートに中学→高校→就職 or 大学 という決まったルート以外、というのも、ちょっとドキドキしますが、ワクワク度も大きいんです。happy01

|

« きのくにー行き帰り | トップページ | 水源の森 トラスト  »

コメント

大阪の学生です!笑

今回の堀さんの講演も本当に「なるほどなぁ~・・」の連続でした。ニイルの本は数冊読みましたが、今回の講演でもう少し理解が深まった気がします。第3回講演も楽しみです。

そして北九州の保護者のみなさんも前回同様、みなさんパワフルでまたまたたくさんの元気をいただきました。今回は講演終了後にすぐに大阪へと思っていたのですが、とても楽しくてまたまた長居をしてしまいました 笑

北九州 サイコー!
自由教育 ばんざ~い!!
堀さん ありがとう~!笑 

投稿: 上田 文子 | 2009年9月29日 (火) 10時12分

上田さ〜ん、早速コメントありがとうございました。
すでにニイルの本を読まれていたのですね。さすが!

三回目は湯布院まで足を伸ばして、ご旅行なさいませんか〜?その前に、11月のシンポジウムでお会いできたらいいですね。

私も、いつも、「堀さん、ありがと〜」+「愛してま〜す!」って思っています。heart04
そして、この間は、講演会前に授業を見学させてもらって、スタッフにも頭の下がる思いをしました。保護者さんも明るくバックアップしていて、すてきだし・・・。
みんな、みんな、ありがとう〜。

投稿: mami | 2009年9月29日 (火) 22時46分

mamiさ~ん、11月のシンポジウム絶対参加します!
会場でmamiさんを探しますね~。

と、いうのも・・・

大学の全履修が11月前半で終了できそうなんです。
なが~い道のりでした 笑
本当に長かった・・・・

でもそのなが~い学生生活の中できのくにに出会い、
そしてmamiさんにも出会えたのだから、
感謝感謝です。

では、また11月のシンポジウムで!
そのあとはまた子育て講座の3回目でお会いできますね。
湯布院旅行、実行したいと思いま~す 笑

投稿: 上田 文子 | 2009年10月 2日 (金) 11時22分

こんにちは。
別府から参加させていただいた者です。
とても良い時間を過ごすことが出来ました。
「意識と無意識」のお話しはすごく興味を持ちました。子供が自分の思い通りに行かないときはものをよく投げるのですが、今まではそれを注意していたのですが、先生のお話を聞いて、私も子供と一緒に投げてみました(笑)。きょとん、としていましたが。。。さて今後どうなることやら。。。

保護者の方からも貴重なお話しを聞くことができよかったです。先生の中にはご自身の子供と一緒に通学していらっしゃる方もいるようでステキだな~と思いました。

機会があれば次回は子供たちの様子を見させて頂けたらいいな、と思いました。
子供はまだ2歳ですが、親がいろんなことをこれから学んで選択出来たらと思っています。

機会があればお会いできるのを楽しみにしています。
P.S 私たち家族もくまもりの会員です!

投稿: 内原 由季 | 2009年10月 2日 (金) 16時40分

上田さ〜ん、よかったですね〜。おめでとうございま〜す。頑張りましたねえ。では11月21日に!
そして、次は、湯布院でお待ち申し上げております。smile


内原さん、コメントありがとうございます。ええと、赤ちゃんを抱いていらしたほうのかたですか?堀さんのお話し、いいでしょう?多くのかたに聞いてほしいですよね。
別府からなんて、びっくりしました。おまけに熊森会員だなんて!またお会いできたらうれしいです。

*熊森で知り合ったすてきな友だちがいます。
「畑のレストラン ひだまり」
「サムライ菊の助」
この二つで検索してみてください。ほんわかと、熱いブログです。ひだまりさんの食事はとってもおいしく、身体が元気になります。ぜひぜひ行ってみてください。予約制です。

投稿: mami | 2009年10月 3日 (土) 21時17分

ありがとうございます。
お二人ともいつかお会いしたいと思っていた方々です。mamiさんにもまた別府のうちが落ち着いたら是非お会いしたいです。

投稿: 内原 由季 | 2009年10月 9日 (金) 05時59分

お二人のこと、ご存知だったんですね!なんだかうれしいです。
はい、私もぜひまたお会いしたいです。

投稿: mami | 2009年10月11日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのくにー行き帰り | トップページ | 水源の森 トラスト  »