« 子どもの心にふれる | トップページ | 南アルプス子どもの村小学校 »

2009年6月27日 (土)

大盛況!

今日は、北九州子どもの村小学校で、掘真一郎さんの講演会がありました。

すご〜い!ほぼ満員御礼の、大盛況。

聞くところによると、山口県とか広島県とか、けっこう遠くから来られたかたもあったようです。

そして、うれしかったのは、北九州子どもの村小学校の保護者さん、全員参加されていたこと。(全員と聞きましたが、違ってたら、ごめんなさい。)やっぱり、「子どもを入れて、終わり」でなくて、親が自ら自由教育のことを学んでいかないと、もったいないですものね。


講演会後は懇談会があったので、参加してきました。

ここで、また、よい話しが聞けました。

最後のほうで、保育園の幼稚園の教頭先生(たしか、教頭、と聞こえたのですが・・・)をしていらっしゃるかたが、質問されました。

「今日見せていただいた幼児教室のおもちゃづくり、さっそく取り組みたいと思います。つきましては、まず、何から始めればよいでしょうか?」

(幼児教室のおもちゃづくり、に関しては、掘真一郎著『ニイルと自由な子どもたち サマーヒルの理論と実際』のP.271〜289を参照のこと。)

堀さん、即座に、「缶下駄づくりがいいですね」とお答えになりました。缶下駄というのは、ジュースなどの空き缶にある程度の長さのヒモを通して、缶に足を載せ、ヒモを持って歩くおもちゃです。

以下、堀さんの説明を、メモを便りに書き起こします。(言葉通りではないことをご了承ください。)

(ただ、メモを取ろうと思ったら、ペンをバッグの中に置き忘れたことに気づき、後ろのテーブルまでペンを取りにいったので、一部聞き逃しました。間違っている箇所ありましたら、どなかたフォローしてください。)


「缶下駄づくりがいいですね。とにかく、いろんな大きさの缶をたくさん用意します。そこから同じ大きさの缶を二つ見つけてくる、というのは、とても知的な作業です。

そして、缶に穴をあけるのも、まず、指であけようとする子がいるんですが、そういう子は一番賢い子ですね。

でも、指ではあけられませんね。でも、やってみるんです。

それで今度は、細い釘を持ってきたりするんですが、穴が小さすぎるとヒモが通らない。そういうことも、子どもがいろいろやってみます。ある程度、穴の大きさがないとダメだということも、試してみてわかってくるんですね。

それから、両側、同じくらいの位置に穴をあけるというのは、けっこう難しいですし、これが、円の直径と円周の基礎になります。

ヒモの長さを考えるのも難しいんですよね、結ぶ長さを考えないで切ってしまうと、できたときにはすごく短くなってしまうし、長すぎると缶に乗ったとき、ヒモが、こんなところになってしまいますから。

でも、大人は何にも言わないんですよ。子どもが自分でやってみて、失敗しながら考えるんです。」


これはお話のほんの一部です。

こういうふうに考えられた教育なら、子どもたちは、ほんとうの意味で、賢い子に育つなあ。自分の頭で考えられる子に育つなあ、と思いました。


掘さんのお話って、講演会自体ももちろん、すごく勉強になるのですけれど、参加者が質問してくれて、それに対して答えてくれるとき、とっておきの話しが聞けるんです。堀さん、たくさん引き出しをお持ちですから。


今回、懇談会では、その、参加者が質問できる時間、というのがちょっと短かったかな、という気がしました。

その分、保護者さんたちの、熱い思いを聞けて、感動しているかたもいらしたと思うのですが、せっかく堀さんがいらっしゃる時間なのですから、一般の参加者さんと、もっと話しをしてもらいたかったな、と思いました。

実際私も、終了後、一般の参加者のかたに質問されたことがあったので、スタッフのかたへ橋渡ししましたが、他にもきっと、中学校設立のことや、実際の学校生活等、堀さん、校長、スタッフに、聞きたいことがあるかたも多かったのでは?


それにしても、北九州子どもの村小学校があるおかげで、私も、掘さんの話しが聞けるチャンスが増えて、ありがたいことだなあ。9月も楽しみです!


そうそう、わざわざ和歌山からかけつけてくれた、きのくにの保護者さんもいらっしゃいました。北九州に9年間住んでいたことがあるということで、お友達も何人か一緒に。

彼女も「体調の悪いときでも、きのくにに行くと元気になる」とおっしゃっていましたが、それ、ほんとうに、気持ちわかります。きのくにに行くと、なんか笑えてくる。元気になる。

北九州もそんな場所になりました。

子どもにも大人にも、幸せな場所がまた一つ増えて、うれしいかぎりです。

|

« 子どもの心にふれる | トップページ | 南アルプス子どもの村小学校 »

コメント

happy01Mamiさん、いつもありがとうございます!
北九州校保護者のKUuです。本当に大盛況!
(普段の人口が少ないだけに・・賑やかさにビックリ?!)

きのくに保護者の方やスタッフの方にも
いつも応援いただき心から感謝するばかりです。

記事にもある幼稚園の教頭先生は、環境や食育にも
積極的に取り組んでいらっしゃる素敵な方なんですヨ。
幼稚園でのおもちゃ作りが楽しみです☆

また、時間が押した上に4月以降久しぶりに介したもので
みんなちょっと熱く語りがちになっちゃいまして、失礼しました(^o^;)
参加されたみなさん、いつもは気楽な仲間達ですので、
その点は、くれぐれもご心配なくー(笑)coldsweats01

投稿: KUu | 2009年7月 1日 (水) 11時09分

KUuさん、こんにちは~。講演会、よかったですね。
あ、「幼稚園」の先生だったのですね。すみません、「保育園」と書いてしまったので、後ほど訂正しておきます。

それにしても、北九州の保護者さまがた、ほんとすてきなかたがばかりで、楽しくなります。今年は徹底的に北九州に行くぞ~!運動会の日にちが決まったら、教えてください。都合がつけば、行こうと思います。

投稿: mami | 2009年7月 2日 (木) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの心にふれる | トップページ | 南アルプス子どもの村小学校 »