« サマースクール | トップページ | 自分の子どももきのくにに行かせたい »

2009年6月18日 (木)

サマースクールの魅力

先日サマースクルのご紹介をしましたが、なんせ、我が家は参加したことがないので、いまいち実感を込めて書くことができません。絶対楽しいことはわかっているのに、十分表現できないもどかしさ。

と、苦しんで(?)おりましたら、まあ、YOKOさんが、なんともすてきに紹介してくれているではありませんか!
みなさま、どうぞこちら↓お読みくださいませ。

http://ameblo.jp/yoko-do/entry-10280899736.html

YOKOさん、ありがとうございま〜す。happy01

|

« サマースクール | トップページ | 自分の子どももきのくにに行かせたい »

コメント

こんにちは
素敵なものは
自然にどんどん繋がって
広がってゆくんですね
その中の1人です
そして次は
このブログを読んでくれている誰かさんかもしれませんね
親が変われば子どもも変わる
子どもが変われば親が変わる
そして周りが変わる
まず 自分が変われば
どんどん変化してゆく
そんなことを この学校を通して感じます
まずははじめの一歩ですね
我が家はそれが
このサマースクールでした

投稿: YOKO | 2009年6月18日 (木) 22時37分

ほんとに、どんどんつながりますね~。
私、きのくににであってから、人生が何倍も楽しくなりました。

YOKOさんがつなげて下さった熊森のほうも楽しいことになってま~す!ありがと~。

投稿: mami | 2009年6月19日 (金) 09時42分

はじめまして。
きのくにの魅力に取り付かれているものです。来週友人と見学に行ってきます。
とてもうれしくなるようなブログですね。感動しています。
みなさんのおっしゃっていることに、「うん、うん」とうなづきながら読んでいます。

こちらは岐阜ですが、実は、私たち数人のグループでなんとか、こんな学校を作れないかと考えています。
またいろいろお話を聞かせてください。

投稿: change | 2009年6月20日 (土) 08時58分

changeさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
見学に行かれるんですね。短い時間かもしれませんが、いっぱい見て、聞いて、楽しんでくださいね。ご感想など、changeさんのブログにアップされるんですよね。楽しみにしています。

投稿: mami | 2009年6月22日 (月) 14時09分

こちらのブログを読ませていただいては、あーやっぱりいれたいよお。といつも憧れを燃やしています。でも入りたいのは母ちゃんのわたし?小二の娘は今の学校が気に入っているのです。過疎の田舎で同級生は10人しかいないけど、担任の先生はとても威圧的らしく、すぐ怒ったり子どもをランク付けしたり、というそんな学校なのに。娘が家で、いじわるねえちゃんになってしまうことが多いのは、あの先生のストレスに違いない!悲しい。
 サマースクールにいかせるぞお!と前から張り切って、こんないい学校があるんだよ。と小出しに伝えていたのに、恥ずかしがり屋の娘は、「いやだ。いかない」ええーがーん。そりゃそうですよね。知らない人ばかりのところに、しかも2泊3日。親から離れて泊まった経験もほとんど無し。では・・・・・・。でもYOKOさんのご紹介を呼んで、やっぱり行かせたーい。(しめきりはもうすぎてますが、空きが有れば行けますよね。)なんとか娘を説得する方法はないもんだろうか・・・。

投稿: まき | 2009年7月 7日 (火) 11時20分

う〜ん、苦しいですよね〜。親はよさをわかっているのに、子どもがその気になれないって。でも、焦りは禁物ですよ〜。北風と太陽みたいなところ、あるかもしれません。まず、娘さんの気持ちに寄り添ってあげて「いやだ、いかない」を受け止めてあげてくださいね。
あと、いきなりお泊まりがきついなら、一度見学に行くとか、運動会を見に行くとか、いかがですか?運動会は10月です。連絡いただければ、私の知り合いということで、見に行くことができると思います。運動会の楽しさにびっくりして、きのくに大好きになったお子さんもいますよ!

投稿: mami | 2009年7月 8日 (水) 23時46分

mamiさんお返事ありがとうございます。本当に私が一生懸命勧めるほどに、むすめはいやがり度を増していきそうです。なので当分、ここは静かに心の中で情熱を燃やすことにします。望めば叶う!ですよね。 南アルプス小学校の方が近いので、そちらの運動会にいけたらいいなあ。
 以前mamiさんが紹介なさっていた「出て行けこどもたち」をamazonで注文しました。子どもには幸せな学校生活を送って欲しいけれど、子どもが旅立つことを想像すると、寂しくてたまらない。自分が地に足つけて、自立した生き方をしていないから。この本を読んだらそんな私の背を押してくれるかな。

投稿: まき | 2009年7月 9日 (木) 09時20分

南アルプスのほうが近いんですか。私もぜひ一度、行ってみたいです。

『出て行け子どもたち』、すごく刺激を受けました。私もやりたいこと、自分の道を、がんがんやっていこうって。
家族が同じ空の下、それぞれ自立して生きていって、たまに全員集合して、互いの生きたかを認め合えたらすてきだなあ、と思います。

投稿: mami | 2009年7月28日 (火) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サマースクール | トップページ | 自分の子どももきのくにに行かせたい »