« 三原則と愛校心 | トップページ | ニイルに学ぶ »

2009年5月18日 (月)

堀さん講演会まであと2週間!

5月初めに決まって、ばたばたと準備してきた堀さんの講演会。

思いつくところにはすべてチラシをお送りし、今週末には新聞2紙にも講演会情報として、載せてもらえる予定。やるだけのことはやった、と、少し安堵しています。

ちらほら参加申し込みが届き始めました。チョーうれしい!!


ご連絡くださったみなさま、どうもありがとうございます。


ところで、堀さんのこともきのくにのことも、初めて聞いた、というかた、ご参考までに、関連サイト、書籍をご案内いたします。

まずは「きのくに子どもの村学園」のHPがあります、そこには、堀さんの著書、その他関連書籍、サマースクールや講演会の日程なども記載されています。ぜひご覧ください。

当日は『自由学校の設計』を、販売する予定です。私がきのくにに出会うきっかけとなった本です。


それから、当ブログの右側【仲間】のところに、『ひらおだいはGrande!!ー北九州ー』というブログがあります。これは、北九州子どもの村小学校の保護者さんが書かれています。タイムリーに様子をかいま見ることができますよ。


もうひとつ、こちら↓は、『きのくに保護者のブログ』です。
http://kinokuni-hogosya.blog.so-net.ne.jp/

今年一年生で入学されたところのお母さんが書かれています。うちはもう、息子たちが大きくなってしまったので、小学校の情報がなかなか入ってきません。こちらのブログは、私にも昔を思い出させてくれて、新鮮な気持ちがよみがえります。


長男のFはもう卒業してしまったし、Nはきの高の二年生。もう、みんな、それぞれの道を歩み始めています。

私は、まず仕事は毎日のことで、もちろんちゃんとやっていくのですが、それとは別に、ライフワークとしてやりたいのは、きのくにの教育を広めることと、自然保護活動をすることです。

自然保護活動に関しては、また追々書くとして、なぜ、きのくにの教育に関わり続けたいと思うのか、ということを考えてみました。


それは、なんといっても、息子たちの成長を間近に見てきたから、というのがあります。そして、決定打は、Fがきのくに子どもの村中学校を卒業するときに言ったひと言です。

「おとうさん、おかあさん、きのくにを見つけてくれてありがとう。」


子どもが、行かせてくれたことを感謝したくなる学校、多くの人に、知ってほしいです。

|

« 三原則と愛校心 | トップページ | ニイルに学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三原則と愛校心 | トップページ | ニイルに学ぶ »