« 問題の親 | トップページ | 堀さん講演会まであと2週間! »

2009年5月16日 (土)

三原則と愛校心

この間の連休中の話しです。バイトさきでのこと。

Nがお客さんにお料理を持っていったら、ひょんなことから話しがはずみ、話題が学校のことになったそうです。

そのお客さんは、きのくにのことにとても関心を示し、帰り際、「君と会えてよかったよ!」と、背中をポンとたたいて行ったそうです。


その夜、学校のことをもう少し聞かせてほしいと、Nご指名でお店に電話があったのです!それで、お店も忙しくなかったので、10分くらい話したそうな。

Nも帰宅してから、「バイトときのくにがつながるなんてなあ〜」と、興奮気味に、話しをしてくれました。


私:「で、学校のことって、プロジェクトのこととか話したん?」

N:「うん、でもまあ、あんまり詳しい話しはできなかったけど、三原則のこととか・・・」

私:「えっ?三原則って、あれ?」

N:「うん、自己決定、個性尊重、体験学習、のこと」

私:「え〜っ?あんた、そんなのすぐに言葉にでてくるん?すごいね。」

と、驚いたことでした。


きっと、堀さんが折りにふれて話してくれていたのでしょう。高校生ともなると、しっかり受け止めていて、人に話しができるくらいになっているのですね。

そして、バイトから帰ってきたときのNのうれしそうな顔!人からきのくにのことに興味を持ってもらったり、「いい学校だね」と言われるのが、とてもうれしいのです。

自分が育った学校を、こんなに愛せるなんて、ほんとうに幸せなことです。

幸せな学校時代を過ごせたなら、愛校心なんて、自然にわき上がってくるものなんですね!

|

« 問題の親 | トップページ | 堀さん講演会まであと2週間! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 問題の親 | トップページ | 堀さん講演会まであと2週間! »