« 動植物研究所 | トップページ | Fの進路 »

2009年3月30日 (月)

イタリアへ行ってきた!

最近ブログに登場していなかったF、3月18日から26日まで、イタリアに行っていたのです。我が家に帰ってきたのは27日。

歌の先生の企画で、ミラノ滞在生活型ツアーです。ミラノスカラ座でのオペラ鑑賞やお城での歌のレッスンもありました。(歌のレッスンのついては、2008年1月14日と17日に、関連記事を書いています。)


Photo

こちらは、かの有名なドゥオーモです。写真でも十分迫力が伝わってきます。


Photo_2

こちらはドニゼッティという作曲家にまつわる博物館。ベーゼンドルファのピアノに惹き付けられて、何枚も写真をとってました。


Photo_4

レストランで、ギター、弾いちゃったそうです。(逆光ですね・・・。)心優しいイタリア人、「ブラボー」って言ってくれたんですって!


Photo_5

これ、三人分ですと。


参加者5名に講師の先生二人、それに現地の案内人のかたがお一人。ゆったりしたツアーで、ほんとうに楽しかったそうです。

ミラノスカラ座でのオペラはそれはもうすばらしかったと、感激していました。

最初、女性の歌が調子悪かったそうで、ブーイングが出たのですが、だんだん盛り返し、最後はブラボーで終わったのですって。出演者もすごいけど、観客もすごいなあ。(私は、ブーイング出すなんて、できないよ・・・ってそういう問題じゃないか。)


帰国後、次の日には福岡で行われたギターのコンサート(クラシックギターとジャズギターのセッションで、楽しかった!)を聞きに行き、帰宅後夜中まで練習。次の日はバイト。そして今日は、レッスンのため、また福岡に向かいました。今夜は福岡泊まりです。

休む間もなくですが、イタリアで吸収した何かが、彼の中に蓄えられているみたいで、またさらに、深みを増した男になったような・・・。


ミラノについたその日に、地下鉄のストで、タクシーに乗るのに1時間以上待ったんだそうです。

「そういうのが、なんか、よかったな。」

ですって。


それにしても、F、全然時差ぼけがないんです。

なぜなら、普段から、全然規則的でない生活だからです。

夜中2時3時まで練習して、次の日昼頃起きる生活をしていたかと思えば、バイトがあれば8時には起きて、とか、福岡でのレッスンの後は、そのまま徹夜で練習とか。

不規則って、悪いことばかりじゃないね。時差ぼけにならないという、強さがあったんだわ、と、妙なところで感心する私。

|

« 動植物研究所 | トップページ | Fの進路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動植物研究所 | トップページ | Fの進路 »