« 天才の育て方 | トップページ | 予備校日誌 »

2009年2月16日 (月)

Nとバスケ

2月6日から15日まで、きのくに国際高等専修学校は、中間休みでして、Nが帰ってきていました。

そうりゃあもう、楽しい一週間でした。

映画を見たり、コンサートに行ったり、いろいろしましたが、私が一番楽しかったのは、Nとバスケをしたこと!なので、タイトルの「と」は、andでなくて、withの意味なんです。


最後の日、Nは外で一人でバスケをしていました。ドリブルしたり、高い木の、同じ位置にボールを当てる練習とか。

私が、「お母さんもする〜」と出て行くと、「えっ?するん?」と驚きながらも、ボールをパスしてくれました。

強くはねたボールを、そのままドリブルしようとして、少し突き指してしまったのですが、
「ボールは硬いんやけん、気をつけんと。最初に、こうやって、指をそらして、慣らしとかんとすぐ突き指するよ。」
と、優しく指導。


シュートの打ち方を教えてくれても、運動音痴の私、全然言われたようにできなくて、Nも笑ってしまいます。


それでも、私の要望に応えて、走りながらのトス・・・ほとんど歩いてますが・・・も、してくれました。


ボール遊び(?)なんて久しぶりでしたから、うっすら汗ばむほど。


楽しかった〜。

高校生の息子と、外で一緒にバスケ(と、言えるのかどうかわかりませんが)できるなんて、あ〜、私って、なんて幸せものなんだ〜。N、なんていい子なんだ〜。

ほんとに、親ばかですね。

でも、ほとんど毎日つぶやいています。

「うちの子って、FもNも、どうしてこんなにすてきな子なんだろ〜」、って。

|

« 天才の育て方 | トップページ | 予備校日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天才の育て方 | トップページ | 予備校日誌 »