« これでいいのだ! | トップページ | 自分を好きになれたら »

2008年11月30日 (日)

きの高のフィールドワーク

きのくに国際高等専修学校では、後期に「フィールドワーク」とよばれる一週間があります。

この期間はすべてプロジェクト活動にあてられ、多くの場合、学校の外で活動します。例えば、Nが所属しているプロジェクト『音楽文化を探る』のフィールドワークは、こんなふうです。


24日(月):シンフォニーホールでクラシックコンサート。今回は千住真理子さんと小編成室内楽オーケストラの演奏でした。終了後、帰寮。

25日(火):午前中は学校で活動。午後から大阪の管楽器修理工房見学。関西フィル練習見学。古楽器のコンサート。新大阪ユースホステル泊。

26日(水):韓国の音楽サムルノリを習う。服部緑地ユースホステル泊。

27日(木):大阪音楽大学音楽博物館。同上ユース泊。

28日(金):嵐山オルゴール博物館、清水寺。16時頃京都駅で解散。(Nは帰寮)


すご〜く中身の濃い一週間。こういう予定も、自分たちでミーティングを重ねて決めていくのです。うらやまし〜!


Nはロックが好きなのですが、千住真理子さんのコンサートはとてもよかったらしく、
「ずっと聞いていたかった。目をつぶっていても、千住さんの音がどれかわかるくらいだった。」と言っていました。


他のプロジェクト、
『人権博物館から学ぶ』『プロジェクト日本』『土と炎からみた世界』、これらのフィールドワークでの活動も、とても魅力的です。

私が今中三だったら、絶対きの高を選んじゃうな〜、と思いました。

|

« これでいいのだ! | トップページ | 自分を好きになれたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/43272310

この記事へのトラックバック一覧です: きの高のフィールドワーク:

« これでいいのだ! | トップページ | 自分を好きになれたら »