« もうすぐシンポジウム | トップページ | これでいいのだ! »

2008年11月17日 (月)

自分のことー近況

昨日は、四回目のフランス語検定、準一級の試験でした。(要するに、過去三回落ちたということです。)

大分では受験できないので(多分、受験者が少なすぎるから)、福岡まで行ってきました。

Fがいつも乗っている高速バスにゆられて2時間。

私はバスのニオイが苦手で、微妙なすきま風も気になって、かなり疲れました。この行き来を、Fはギターと楽譜を抱えて、月に何回もやっているわけで、えらいよな〜、と改めて感じました。おまけに福岡泊まりのときは、板の間に寝袋だし・・・。


さて、私の試験のほうは、う〜む、三回までは順調に点数が伸びて、我ながら進歩を感じていたのですが、今回のできは、多分前回と変わらないくらい。やっぱり、試験勉強じゃなくて、普段から、使って楽しむ勉強にしていかないと、頭打ち、という感じです。

でも、今回も、試験問題のなかで、興味深い文章に出会えて楽しかったです。

「ある学校で教師が生徒に暴力を振るったとういことで、両親に訴えられ、裁判になったが、労働組合も首相も教師の支持を表明したところから、教師を支援する人々が学校にあつまり、マスコミ報道もますます加熱した。」という事件を取りあげて、筆者は、「権威とはなにか」という考察をし、「本来の権威は力の行使を必要としないもの」と結んでいます。

私好み(?)の文章でしたので、楽しく読めて、多分、この文章に関する問題はパーフェクト・・・かな?


「語学上達の早道は“フランス語を学ぶ”のでなく、“フランス語で何かを学ぶ”ことだ」という話しを聞いたことがあります。

確かにそうです。今の私は「フランス語を学ぶ」だけになってしまってるけど、試験問題でも、興味ある分野の文章が読めるとうれしいし、これからは、大好きな文楽の説明を、フランス語でできるようになりたいな、などと思っています。


そんな心境のところへ、私のおぼつかないフランス語でもお役にたてる話しが舞い込んできました!

明日の午後に、、町内のある老舗旅館で、ピアノのコンサートがあります。ピアニストはフランス人。昨日到着されました。

で、その旅館に勤める知人から、「そのかたが、今夜一人で食事しなければならない状況になってしまったので、mamiさん、一緒に食事してもらえないかしら」とのお声がかかりまして、うれしさちょこっとで、あとはほとんど動転しております。


こういうとき、「永年の教育のたまもの」、を実感します。

それは、「間違えないようにしなければ」とか、「私のへたくそなフランス語で、相手にどう思われるか」という、評価を、まず気にしてしまうところです。

心が解放されていないんですね。

言葉って、コミュニケーションのための道具であるはずなのに、「合ってるか間違ってるか」、っていうのがとても気になってしまいます。

一緒に食事するってことは、まず、相手に楽しく過ごしてもらうことなのに、「自分がどう思われるか」っていうことが、まず、気になってしまいます。


そんな自分に直面しまして、「これじゃだめ!このガチガチの心から突破しなくちゃ!」と、自分に言い聞かせたところです。

さて、どうなりますことやら・・・。


|

« もうすぐシンポジウム | トップページ | これでいいのだ! »

コメント

>こういうとき、「永年の教育のたまもの」、を実感します。

こういう場で、それらのことを公表できるんですから、【教育のたまもの】もだんだん、薄くなっていて、
【きのくにの教育のたまもの】が勝ってきてるんじゃないでしょうか?(^^)


投稿: さんちゃん | 2008年11月18日 (火) 09時09分

さんちゃん、たしかにそうですね〜。
もっと前だったら、自分の心がガチガチ、っていうことにも気がつかなかったかもしれないし。

それに、結果的に、お食事も会話もとても楽しめましたし。すごくいい人だったんです。演奏活動でいろんな国を回っているからか、心がとてもオープンなかたで、私もつられて、リラックスしておしゃべりしました。多分、話したことを文章におこしたら、きっと、文法とかめちゃくちゃだったんだろうけど。

「正しく話す」ことより「楽しく話す」ですね、コミュニケーションは!

投稿: mami | 2008年11月19日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/43143391

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のことー近況:

« もうすぐシンポジウム | トップページ | これでいいのだ! »