« 子どもの目線で | トップページ | コメント掘り起こしーその1 »

2008年9月 2日 (火)

知らぬ間に・・・

最近、二つの、息子に関する、新発見・・・? 


まず、Nのこと。

先日の、東京での法事からの帰りの電車の中のことです。夫の家族とともに、六人で電車に乗りました。始発だったので、席にゆとりもありましたが、ちょうど優先席の一角が6人そろって座れるので、通路を隔てて三人ずつそこに腰かけました。

しばらくして、私はうとうと。気がつくと、少し立っている人もでてきました。と、向かいに座っていたNが、席を立って、私のほうにやってきました。

どうも、前に立っていた若い女性に席をゆずったようです。そのかたがその席に腰掛けながらこちらを向いたのでわかったのですが、妊娠していたようなのです。私もとっさに、「気づかなくてごめんなさい」とあやまりましたが、そのくらい、おなかの出方が微妙だったのです。


後でNに、「あなた偉かったね。お母さんはあの人が妊娠してるって、全然気がつかなかったよ。」と言いましたら、Nは、こう言いました。

「そりゃあきのくにで重々言われてるからな、優先席には座らないって。だから、ずっと居心地が悪かったんや、あそこに座ってるの。で、あの人、ちょっとわかりにくかったやろ。妊娠してないのに席譲ったりしたら失礼やし。」


優先席には座らない、というのは、教師から指導されるのでなく、ミーティングで、電車内でのマナーを話し合ったときに決まったことだそうです。きのくにへの行き帰りだけでなく、普段から気をつけているなんて、自分たちで決めたルールだから、しっかり身についているのですね。


それにしても、「妊娠してないのに席譲ったりしたら失礼やし」という配慮にも、いつのまにか大人になったなあ、と感心しました。


次はFのこと。

Fは法事のあと、そのまま一人で山形の庄内へ行き、一週間のギターフェスティバルに参加してきました。参加者、講師の先生には、中国人、韓国人のかたも多くいらっしゃいましたので、レッスンや普段の会話には、英語が多く使われたそうです。

期間中は講師の先生のレッスンを受けることができ、Fが希望した先生の一人は韓国のかただったので、レッスンはすべて英語。

帰宅してから先生のレッスンのことをいろいろ話してくれたのですが、たしかレッスンは英語、Fは英語が苦手・・・。

「えっ?それ、日本語じゃなくて、英語で言われたんだよね。あんた、それわかったの?」とびっくりしてしまいました。

「うん、なんかわかるんだよね。話すほうはあまりできないんやけどな。やっぱり、もっと英語話せたらいいよな。勉強しよ〜!」ですって。

通信制高校の課題では、いつもふ〜ふ〜言っているのに・・・。好きなことのためなら、自然と吸収できちゃうのかな。


FもNも、私の知らぬ間に、いい感じ、に育ってます。

|

« 子どもの目線で | トップページ | コメント掘り起こしーその1 »

コメント

お久しぶりです お元気ですか?
素敵ですねぇ~
優しさや 心を配る って
自分を見つめていないとなかなかできないものだと思いますし 心に余裕もないと 目が届きませんし まして その妊婦さんか妊婦さんじゃないか 相手の気持ちまで考えて・・・
確かに難しいですよね
私も 席に座っている時に 
この方に声をかけていいのだろうかと・・・
もしかしてこの方は シャンとしていらっしゃるし お声をかけたら 失礼なのかと・・・
迷うことが度々あります
Nさんの 優しさという 愛をもらって 
心が温かく幸せな気分になった人が
何人もいるようですね

英語力も これまたさすが~
自然にこういうことが学べてるって
素敵な環境ですね

投稿: YOKO | 2008年9月 3日 (水) 10時49分

YOKOさん、こんにちは。元気ですよ〜!

10月は中学校の15周年記念と運動会、11月はシンポジウム。YOKOさんとお話できますね!楽しみです。

投稿: mami | 2008年9月 4日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/42362846

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬ間に・・・:

« 子どもの目線で | トップページ | コメント掘り起こしーその1 »