« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

子どもの目線で

すっかりご無沙汰してしまいました。

23日から26日まで、義父の法事のため、東京に行っておりました。

Fはそのまま山形へ行き、庄内ギターフェスティバル↓に参加。

http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

Nは今日大阪へ発ち、お友達の家に2泊してから、きのくにの新学期の始まりです。


法事では、楽しみにしていた甥っ子との久しぶりの再会。二才半のかわいいさかりです。

FもNも、小さな弟みたいなイトコ、Yくんがかわいくて仕方ないようでした。法事の席で飽きて来た様子のYくんと、電車の本を見ながらお話したり、いけすのお魚を見に行ったり。


Yくんのパパによると、来年の4月から幼稚園に行く予定だそうで、ママはYくんのおむつはずしに一生懸命なんだそうです。なんでも、その幼稚園は、おむつが完全にとれていないと入園できないとのこと。

それはプレッシャーだなあ・・・。


ママは下の子を出産直後だったので、法事には参加できず、終わってからみんなでおうちに行きました。

さっそく、「じゃあ、紙パンツはぬいで、トイレ頑張りましょう!」ということになったのですが、普通のパンツに履き替える前に、床の上にジャ〜!

叱られてしょんぼりのYくん。


でも、家に帰るまでは、法事の最中にお漏らしされたら(親が)困る、ということで、ずっと紙パンツ。帰ってきたら、急に「トイレでしましょう!」って言われても、子どもは理解できないです。

あくまで「親の都合」ですもの。


それほど親しくないYくんのママ(今までに会ったのは4、5回)に、今、それを言っても通じるのか、上からものを言っているふうにならないか、でも、Yくんのためにも、言うべきなのか、いろいろ考えて、心が疲れてしまいました。


もっと小さいころは、右脳開発、とかで、「フラッシュカード」という、絵が書いてあるカードを、その名前を言いながらパッパッとめくっていく、という教育(?)をやっていました。

一緒にタクシーに乗ったときのこと、Yくんがぐずりだした時にそれをバッグから出して(いつもバッグに入れている?)やりはじめたので、どんなものかを間近に見ることができました。

私だったらストレスたまる〜、と思いました。一つの絵を、もっとゆっくり見ていたいから。


パパもママも一生懸命子育てしている。でも、なんか、違うと思う。子どもの目線に立っていないと感じる。


「最近すごく反抗するの」とママは言うけど、Yくんなりの言い分があってのこと。でも、まだ言葉でちゃんと説明できないから、ぐずったり反抗したりするのです。


あるとき、Yくんのママが、「FくんとNくん、どうしてそんなにいい子なんですか?」と言ってくれたことがあったけれど、もっと会う機会が多くなれば、いつか、何かに気がついてくれるときがくるかもしれない、とも思う。


ああ、それにしても、私も以前は必死で子育てしていたけど、それが必ずしも子どものためにはなっていなかったなあ、と思い出すことがたくさんです。

Nが小学一年生の半ばくらいにきのくにのことを知ったので、「宿題は必ずやりなさい」なんてことは言わなくなっていたけど、Fと一緒に書き方を習わせていて、有無を言わさず行かせていました。

学校まで片道20分の道のりを、一度帰宅してからもう一度、書き方教室(学校の近く)まで行かせていたのです。Nが「行きたくない」と言っても、「あなたが自分から習うっていったじゃない!」と、怒って行かせていました。

Nは、そんなに歩かなきゃいけないことも知らなかったし、「書き方」っていうのもいまいちわからず、「お兄ちゃんと一緒なら・・・」くらいの気持ちだったのでしょうけど、私はその頃はまだ、「一度始めたことは最後までやらなければ。」という呪縛にがんじがらめでした。


Yくんとママを見て、そんなことを思い出し、Nに、「ごめんね。お母さんも親の都合で、ずいぶん勝手なことを言ったよね」と言いましたら、「ああ、そんなことあったなあ」と笑い、「でも、今がいいけん(今のお母さんはよくなったから)、いいよ」と言ってくれました。


今回は、身近な者にさえ自由教育のことを伝えきれなくて、落ちこんだけれど、私自身がぶれずに子どもと甥っ子のYくんに接していきたいと思うようになりました。


それにしてもFとNがYくんをかわいがる様子が、ほんとうに微笑ましかったです。

あとでFに、「いとこであれだけかわいいんだから、自分の子だったらどれだけかわいいだろうね」と言ったら、「いやあ、もう、自分の子みたいなもんやろ」と言っておりました。

アハハ、そんなにかわいかったんだ〜。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

社会に出ても

Fが以前からバイトしていたお店で、Nも数ヶ月前からバイトさせてもらっています。

といっても、こちらに帰ってくることが希ですので、一ヶ月に一度帰宅したとき、お店も人手が欲しいとき、ということで、毎日というわけではありません。

でも、8月はけっこうお呼びがかかり、お盆の週は5日間、朝9時半から夜9時まで働いておりました。お店は石釜で焼くピザが大人気で、自家製ベーコンやスペアリブ、パスタもおいしくて、休日にはお客さんが並んでいます。今回も、大忙しだったそうです。


これまで数回の皿洗いで職場にも慣れたころ、オーナーの奥さんから、「Nくん、笑顔がすごくいいから、ウエイターやってみない?」と言われたとのことで、8月はウエイターデビューでした。メニューを持ち帰って略称や種類を覚えていました。


先輩ウエイターさんからいろいろアドバイスもしてもらったそうです。

「“お客さんは自分の鏡だと思いなさい。自分が笑顔だと、お客さんも笑顔になるよ。”って言われた。ほんとにそうやな。それに、ウエイターさせてもらってよかったな。これから社会に出たら、いろんな人に会うし、いろんなことがあるやろ。」と、とても素直に受け止めています。


仕事に向き合う姿勢について書かれた本なども貸してくれたので、熱心に読んでいました。


「今日はな、本で読んだことを思い出しながら仕事したんで。でな、お客さんに、ピザが直径何センチかって聞かれて、それがわからなかったんで、そのときは、“わかりません”って言ってしまったんや。でも、すぐ、本に書いてあったこと思い出して、このままにしたらだめなんや、って思い返して、○○さん(店長)に聞きにいって、それでお客さんに伝えたんや。」

と、その日のことを話してくれました。


私、最近、こんな新鮮な気持ちで仕事していなかったなあ。我が身を振り返って、また初心に戻って仕事しようと思った次第でした。


それにしても、「きのくにでは敬語が身につかないのではないか」とか、「社会に出たとき適応できないのではないか」という、きのくに見学者の感想を聞いたことがあるのですが、ぜ〜んぜん、そんなことないですよね!


バイト生の中にはドタキャンする人もいるらしく、オーナーの奥さんはバイトの工面に大変そうです。
「ドタキャンとか、信じられんよな。責任感とかないんかな。」とNはあきれています。

一方、バイトの中でもベテランになりつつあるFは、「そうやな。でもな、初めてのバイトで、いきなりお盆の忙しいときから入ったら、そうとう疲れるけんな〜」と、落ち着いた発言。

どちらの反応も、いい感じ〜。


社会に出ても、心配ない、どころか、どこへ行っても、しなやかに、たくましく、やっていけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

どうして本音が言えないの?

7月19日の『道徳の時間ですよ!』にも少し書きましたが、大分県教員採用&教員昇進試験贈賄事件の話題です。こちらは地元なので新聞でも連日大きく取りあげられているけれど、関西、関東では、どの程度の記事になっているでしょう。


昇進試験贈賄事件では、三人の校長、教頭が良心の呵責に耐えかねて、自ら警察に出向きました。そのうちの一人のかたが、朝日新聞の取材を受けて語ったことが記事にでていました。


話しをしたのは贈賄で書類送検された小学校教頭。4年連続で教頭試験に不合格。合格者との答え合わせでは自分のほうが高得点だったこともあった。そのうち「コネのない人間がまともにやっていてもだめなんじゃないか」と思うようになり、そんなとき、知り合いに口利きを示唆され、50万円の商品券を渡してしまう。以下、記事の抜粋です。


【教員採用を巡る汚職事件が明るみにでた今年6月、事件を説明する全校集会の司会を任された。「たまらなく憂うつだった」。教員向けの研修もした。「偉そうに説明しながら、自分が不正を隠していることが耐えられなかった。と振り返る。

「ばれるのでは」。眠れない日々が続いた。良心の呵責に耐えきれずに7月8日、佐伯署に出向いた。

「先生は誘惑に負けた悪い人間です」。

前日、児童らへの書き置きを職員室の机に残していた。その後は年休を取り続けている。児童や保護者に経緯を説明してあやまりたいが、「混乱が起きる」と周囲に止められているという。

一方でこう話した。「正当化する気はないが、私たちのケースは氷山の一角。県教育界全体の体質を改めなければ、同じことが繰り返される」】


「混乱が起きる」として、本人の謝罪を止めている「周囲」って誰なんでしょう?

どんな「混乱」が起きるんでしょうか?


こんなことばっかりしてるから、いつまでたっても隠蔽体質は変わらないんですね。

このかたが児童に宛てた手紙も読まれないまま、何の説明もされないまま、なのだそうです。


私がこの学校の生徒だっとして、教頭先生がみんなの前で涙を流して自分のしたことを話し、謝ったら、多分そのことはずっと忘れられないだろうし、小学生ながらに、社会のことや、どんな人間になりたいか、自分だったらどうするか、など、いろいろ考えると思います。


もし、きのくにの大人が、何か、罪になるようなことをしたとしたら、絶対学校からきちんとした説明があると思います。

夜更かし会での会話からも、「そこまで話してくれるんですか〜?」と思うことが多々あり、本音での会話がとても気持ちよいです。


冒頭の教頭さんがいた学校、どうしてホントのことを述べてはいけなのでしょう。


私も自分のブログでぼやいていないで、教育委員会に電話でもして、意見を述べるべきなのだろうか、と考えています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

自由と共同生活

【「自由ってなに?」っていうことは、本当に難しいですよね。でも、それがきのくにで一番大切な点のうちの一つだと思います。】


↑ 『サマースクールのこと』へのコメントの中で、さんちゃんさんが、書いてくださいました。

それを読んで、私も、いろいろなことを思い出しながら、きのくにの良さは「自由」が正しく認められ、行使されうるところだなあ、と感じました。


そして、きのくにの保護者でも、もし、なにか学園なり、大人に不満を持つようなことがあったとしても、「自由ってなに?」っていうところがしっかりとおなかの底に落ちていれば、自然と解決する、というか、たいした問題ではなかったことに気がつく場合が多いような気がします。


『自由学校の設計』から、一部抜粋致します。(p.189〜190)(パソコン上で読みやすいように、段落を多めに開けています。)


【(5)自由と共同生活

きのくにでは、できるだけ自分のことは自分で、自分たちのことは自分たちで決める、というのが基本原則だ。この方針に従って、食事はバイキング方式である。食事はしつけの場ではない。楽しみと社交の場である。

偏食をする子があっても、すべての料理を食べるように強制したりしない。好きなだけ取って、好きなテーブルで、好きな人とたっぷり時間をかけて食べる。もちろんお替わりタイムを破ったり、暴れたりはできない。

寮でしばしば問題になるのは就寝時間である。ベッドタイムは自由ではない。いちばん年少の子は9時、小学校高学年は10時、中学校は11時に決まっている。消灯はそれぞれ30分後だ。

もちろん眠れなくておしゃべりしたり、ごそごそ音を立てる子もある。私たちは「成長に悪いから早く寝るように」とか、「次の日に疲れるから睡眠時間を十分に」とはいわない。

こういう理由も根拠はあるだろう。しかし成長が妨げられたり疲れたりしても、それは厳密にはその個人の問題だ。

ところが他人の眠りを妨げるのは迷惑行為である。そのうえ寮母さんの「安心して自室にもどる権利」を奪うのもよくない。労働基準法に従えば、寮母は「断続勤務」といって、夜間は勤務を解かれるのだ。もし夜中に迷惑をかける子のために特別に寮母を雇うとすれば、寮費は一人当たり月に一万円くらい高くなってしまう。

こういう話しをすると、不服そうな顔をする者もあるが、反論はできない。私は時おり、夜遅くにこっそりと寮へ出かけるが、今のところ深夜に動いている子はほどんどいない。 ー後略ー】


後半略した部分も、是非続けてお読みください。


このブログを読んでくださっているかたの中には、現在、きのくに、かつやまへの入学を検討されているかたもいらっしゃると思います。そのかたへお勧めですが、どうぞ、折に触れて堀さんの本、ニイルの本を、すみずみまで読んでみてください。

見落としていたこともあるでしょうし、自分自身の心が解放されるような文章にも出会うでしょう。


私、自称きのくにオタクですが、『自由学校の設計』も、付箋だらけ、マーカーだらけにして、何度も何度も読みました。で、思うんですが、本からは理念を学び、息子たちの様子からは、その理念が間違っていないことを確信し、という繰り返しで、今日まできたような気がするのです。それはそれは楽しい日々でした。(現在も進行中ですが。)


さて、次には、息子のFが中学三年生のときの文章を紹介します。(前にも載せたこと、あったかな?)


わらじ組、という、子どもたちが何をするか決めていくプロジェクトで、7週間イギリスに滞在しました。そのときのことをまとめた『まじめで愉快なイギリス本』という中からの抜粋です。


*文章中にでてくる、「ファミリーシッティング」というのは、食事のとき、小学生から中学生までがそろうようにグループに別れ、大きい子はお父さんお母さんのような立場で、家族のように食事をする、というものです。


【Killyにくると決まってするのが、ファミリーシッティング。もちろんミーティングで決めたんだけど。ファミリーシッティングもとても楽しかった。本当に家族みたいだった。

いや、それよりも工務店の子はしっかりしていて、朝ご飯のときいつもわらじの男子がおくれるんだけど、起こしに来てくれたり、自分のテーブルについてみると、ちゃんとお皿にご飯をつぎわけてくれていた。その光景を見て俺はとても感動した。

でも一つ嫌なことがあって、それは強制的にご飯を食べさせること。「絶対残すな」とまではいかないけど、「これだけは食べて」とか「これを食べるんならこっちも食べて」とか言う声が他のグループから聞こえてきた。

俺は小さい子の立場になって考えてみたけど、もちろん嫌いなものを食べるの嫌だし、食べたからといって好きになるわけでもないし、無理やり食べさせる必要はないと思ったから、自分のチームでは食べれない物は取らないようにした。

でも小さい子は大きい人には逆らえないから、どうしても食べれないものがあったら、人に見られないように地面に捨てたり、トイレに捨てたり、外に捨てにいったりしてしまう。

自分のチームにもどこかに捨てに行ってしまう子がいた。最初は何でだろうって思ったけど、やっぱりこれは食べれないって言えなかったんだと思う。

ファミリーシッティングでこういう上下関係が生まれるんだったら俺はしないほうがいいかなと、深く思った。】


「これだけは食べて」「これを食べるんならこっちも食べて」・・・多分、家で親から言われているのでしょう。


それにしても、この文章を読んだとき、Fがこんなことを考えているんだなあ、共同生活って、こういうふうに人を育てていくんだなあ、と、大変感動しました。


きのくには、悩んだり、自分を振り返ったり、心から笑ったりして、そうして、やさしくてたくましい子どもたちが育つところなんだろうな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

サマースクールのこと

7月20日の記事『確かな成長』につけていただいたコメントの後半部分、きのくに、かつやまのサマースクールの話題で盛り上がっています。とってもすてきなコメントなので、こちらに転載しました。他にもサマースクールのことで、話した〜いことがあるかた、こちらへコメントいただけたらうれしいです。

ひらおだいのサマースクールはこれからですね!そちらのほうの話しも、楽しみにしています。


○まいさんのコメント
【昨日、サマースクールから帰ってきました。自分のブログに書こうと思うのですが、どうしても時間が取れず、こちらで、まず簡単にご報告します。

やっぱりきのくに!!という素晴らしい内容でした。どのコースも「教材」ではなく、「ほんもの」を作るということは知っていましたが、これほどすごいとは。子どもを一人の人間として尊重しているからこそ、こういう教育ができるのだなあ〜と改めて感心しました。

両親そろって迎えにいったのですが、子どもは何と表情が曇り、帰り道も「もっといたい」「ずっといたい」と泣いてしまいました。そして運動会は絶対行きたいと。

子どもの様子、活動中の写真でみた真剣でなおかつ生き生きとした表情、本格的な活動内容、学校の雰囲気、スタッフの応対・・・・。すべてを総合的に判断したのでしょうか。夫が「こんなに気に入ったら寮に入ったらいいじゃない?」と突然言い出しました。

何度もブログに書いているように、夫は私に引っ張られて・・・という姿勢だったので、その言葉にビックリ仰天しました。私のなかでは寮生になるという選択肢はなかったのですが(親が寂しいから??)、夫は私より先行してしまいました。

このまま子どもの気が変わらず、学校が受け入れてくださったら、週末帰宅の寮生で入学!という展開になりそうです。夢のようでいまもちょっと信じられないです♪

では、また時間ができ次第、ブログの方にもう少し詳しく書きますね(と言いつつけっこう書いてしまいまいしたが(^^;)

まみさん、みなさん、いつも励ましてくださって本当にありがとうございます。これからもアドバイスなどお願いします。】


○ikuさんのコメント
【まいさん!きゃー!!なんと素敵な展開♪

お子さんが心からきのくにを楽しんで、
「もっといたい」の言葉にご主人の心が動かされたのかな。

私までうれしくなってしまいます♪

運動会はさらに、ご家族で楽しまれることでしょう(*^^)v
ブログ、楽しみにしております^^

mamiさんの「神様は、よいタイミングで出会いをくれる」、
まいさんご家族にも「タイミング」がきたのでは♪

こちらも、かつやまで素敵な時間を過ごしてきたようです。
迎えに行った時のキラキラの瞳をみると
私はいつもきのくにかつやまのあたたかさを
感じて、じーんと泣けてきそうになるのです。

そうそう、mamiさんに伝えたいことが。

初日のオリエンテーションで、大人が
「みんなに守ってもらいたいことがあります。
 遊んでいいところは、○○、△△、…です。
 反対に入ってほしくないところは、××…です。
 それから、ここにはヘビや毒を持った虫がたくさんいます。危ないので触らんといてな~。」

…とこんな感じでやんわり注意事項を言われていたのですが、
「自由なきのくにかつやまっぽくないなー、
でもこれだけの人数(51名)がいたらしょうがないかー」
とあまのじゃくな私は感じていたのです。

そしたら、その説明が終わったとき
堀さんが手を挙げて
「あのね、もしヘビに噛まれたり、虫にさされたりしたら、ガマンしないで大人に言ってください。
今、「しないでください」って言われたのに、
触ってしまった、怒られるから黙っとこう、ガマンしとこう、って思わないで。
そうするとね、傷がどんどん悪くなってしまうかもしれないから
怒ったりしないので、きちんと大人に言ってください」
と。

私、鳥肌立ってしまいましたよ。やっぱり堀さんってすごいなあー!
ほんのささいなことかもしれないけど、
こう、子どもの心に寄り添うってこういうことなんだなーと。

ダンナにそのこと話したら、「やっぱ堀さんは違うなあ」ですって!

我が家も
きのくにかつやま南アルプス
タイミングくるといいなあ~☆】


○さんちゃんさんのコメント
【ikuさんwrote;
>…とこんな感じでやんわり注意事項を言われていたのですが、
「自由なきのくにかつやまっぽくないなー、
でもこれだけの人数(51名)がいたらしょうがないかー」
とあまのじゃくな私は感じていたのです。

ikuさんへ
この注意事項、注意の仕方はとてもきのくにかつやまっぽいものなのだと思います。

堀真一郎さんは著書『自由学校の設計』(黎明書房)を、あるお母さんからの手紙を紹介してしめくくっていらっしゃいます。

252頁
「きのくに子どもの村を希望したのは、自由ということばに強く魅かれたからです。だけど“自由”という漢字は読めても、それを理解するのに二年もかかってしまうなんて、想像もしていませんでした。……でも、今は何が真実なのか、はっきり見えるようになり、すっかり楽になりました。……きのくにほど、我慢強くて、愛情深くて、信念をもっている人達がいるところはないと思います。」】


ここからまた、mamiの文章になります。

まいさん、息子さん、楽しんでくれたようで、よかったですね〜。それにも増して、夫様の変化、すばらしい!素直で感性のするどいかたなんですね。私もうれしくて、じ〜んとしました。それにしても、私もサマースクール、体験してみた〜い!


ikuさん、堀さんのお話、ありがとうございます。すてきすてき〜!その一言があるのとないのとでは、だいぶ違いますよね。ikuさんのコメント、息子たちにも話しましたが、「そうなんだよね〜」という感じで、深くうなずいておりました。まいさんの話しも、息子たち、ほんとうにうれしそうに聞いていました。それだけ、きのくにに愛情があるということです。


さんちゃん、私、あの文章を読むと、いつも涙がでます。
【きのくにほど、我慢強くて、愛情深くて、信念をもっている人達がいるところはないと思います。」】
ほんとうに、その通り、と思います。

それにしても、「自由」って、難しい。今でも、私、ちゃんとわかってるのかな〜、と我ながら思うことがあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

オープンキャンパスのおしらせ

以下の日程で、きのくに国際高等専修学校のオープンキャンパスが開かれます。二回ありますので、ご興味のあるかたは、都合のつくほうに、ぜひご参加なさることをお勧めします。


A:9月22日(月)〜23日(火祝)

B:11月3日(月祝)〜4日(火)

どちらの日程も、実際の授業に参加して、寮に1泊する2日間の体験プログラムです。1日だけの参加もできます。

対象:中学三年生
参加費:無料

詳しくは、きの高のHPをご覧になるか、お電話で高専事務室までお問い合わせください。


Nがオープンキャンパスに参加したのが、もう、一年前になるんだあ。早いものです。

去年の今頃は、まだ、全然進路が決まってなくて、エレキギターを学ぶための専門学校に行きたいな、なんて話しもチラッとでたりしていました。

私は、う〜ん、今すぐ道を決めなくても、きの高で、もっといろんなことを深く学んでもいいんじゃないかな〜、と思っていました。はっきり言っちゃえば、きの高に行ってほしかったんです。


でも、それを言ってしまうと、強制されたように受け取られたら困るし、親が言うのと逆の方向に進みたくなる、というのもよくあることなので、ぐ〜〜〜、っとこらえていました。

あ、でも、「ここは、ちょっと、経済的に無理かも〜」というのは、言ったかなあ。
夫とも、「余計なことはいわないようにしようね」と、話し合ったりしました。


あと、一学期最終日の夜更かし会で、きのくにのスタッフに相談もしました。

そしたら、「Nくん、きの高の体験授業(きの中の三年生が、一日授業を受けられる)にでてみて、すごくよかったみたいだから、また、夏休み中に、考えると思いますよ。」と言われ、だいぶ落ち着きました。


9月のオープンキャンパスに参加するのを決めたのは、いつ頃だったかなあ。たしか、夏休み後半くらいだったと思います。


案内を見ながら、「どうしようかな〜」と言うので、「せっかくだから、参加してみれば?」と言いました。

その後は、夫の父親が亡くなったりして、バタバタしているうちに、日々は過ぎ、オープンキャンパス参加を終えたNが帰宅し、「オレ、きの高にしようかな・・・」と。

うれしかったな〜。


以前、ある保護者さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「娘がきの高への進学を決めました。すごくうれしい。もし、将来、理系を目指すことになって、進学のためにもう一回別の高校に行き直すことになったとしても、それでも、今、きの高を選んだこと、とてもよかったと思います。」


この話しを聞いたとき、親がそんなふうに思える学校っていいな〜、と、深く心に残りました。

きの高を知れば知るほど、このかたの気持ちがよくわかります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »