« セヴァン・スズキさんのスピーチ | トップページ | 子どもの頃のこと »

2008年7月 7日 (月)

あったか〜い

梅雨あけ後、いきなりの猛暑に、このタイトル。すみません。


きのくに国際高等専修学校は7月5日から夏休みにはいり、Nが帰ってきました。それで、心があったか〜くなる話しを聞いたので、ますますHOTにお届けします。


きのくにでの中学時代、Nはバンドを組んで学内でのイベントで演奏していました。そのたびに必死で練習していたようです。

他にもいくつかバンドグループがあり、せっかくだから在学中にCDに録音しておこう、という話しがでていたそうです。結局時間がとれず、卒業することになったのですが、6月のある日曜日、あちこちにちらばったメンバーが集結し、無事、録音を終えたということです。この日のために、埼玉から来たメンバーもいます。帰りは夜行バスで帰ったとのこと。


集合場所はきのくにの録音機器のある部屋。スタッフのKTちゃんが、日曜の朝8時から夕方7時頃までつきあってくれたそうです。

毎日遅くまできのくにでお仕事しているのに、さらに日曜日まで。しかも、 KTちゃんは楽しそ〜にやってくれるんですよね。一緒に歌を歌っていらしたこともありました。(いい声でした〜!)

Fが言ったことがあります。

「KTちゃんは子どもの部分が残ってるんやな。そこがいいんや。」と。


朝から晩までの録音作業中、他のスタッフがいろいろと差し入れしてくれたそうです。

のどに効くアメや手作りシフォンケーキ。
あるスタッフは、昼食のとき、Nたちが5年生のときにプロジェクトで作った味噌をつかって、お味噌汁をつくってくれたそうです。(熟成されたお味噌、おいしかったそうです。)

別に「学校行事」というわけではなく、子どもたちがやりたい、と言ったことです。

子どもの心に応えてくれるきのくにのスタッフ。楽しんで協力してくれるスタッフ。


あ〜、いい感じだな〜。こんな雰囲気だったら、心からの「ありがとう」が言えますよね。

心がほっかり暖かくなりました。

|

« セヴァン・スズキさんのスピーチ | トップページ | 子どもの頃のこと »

コメント

にっこり。

投稿: YOKO | 2008年7月 8日 (火) 11時41分

息子もとても楽しかったと。
そう、スタッフの方々のたくさんの心遣いききました。
嬉しいですね。


今年の夜更かし会は息子となんかやってみる?って言ってます。
mamiさん来られないんですか〜?

投稿: remo | 2008年7月 9日 (水) 11時03分

>YOKOさん、「にっこり」ありがとうございます。

私、きのくにに出会って、「にっこり」の回数が格段に増えました。happy01

>remoさん、そうだ、息子さんも一緒だったんですよね。朝7時に着いちゃった、って言ってたから、相当早くお家を出たんですね。

え〜、息子さんとするんですか〜?聞きたいな〜。でも、やっぱり夏は無理ですね〜。Nはもう帰宅しちゃってるし。

そういえば、remoさんブログ名、変えたんですね。すみません、こちらのリンク、そのままで。いまから変更しておきます。

YOKOさんとremoさんも、気が合いそうだな〜、と思います。

投稿: mami | 2008年7月 9日 (水) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/41763853

この記事へのトラックバック一覧です: あったか〜い:

« セヴァン・スズキさんのスピーチ | トップページ | 子どもの頃のこと »