« 殺伐としそうだな | トップページ | ぜひ読んでみて! »

2008年1月31日 (木)

強制しないで

フランス語を勉強してま〜す、っていうのは、何度かここでも書いていますが、実は、先週から、ベリーダンスも習い始めちゃいました〜。

フランス語のレッスンは、先生が大学の授業のあるときだけなので、1月から4月と7、8月はお休みです。で、ベリーダンスのレッスンは同じ火曜日にやっているので、この期間にトライしようということで。

昨年はひと月(4回)だけレッスンを受けましたが、楽しい!すっかりはまって、ビデオや本、ヒップスカーフ(レッスンのとき、腰にまくと、ついてるコインがじゃらじゃらいって、ちゃんと腰が動いているかどうかよくわかる)などをそろえました。

私のことを知っている人からすれば、「へ〜、いい年してよくやるねえ、恥ずかしくない?」という感じだと思います。実際、家庭では、夫と息子に、半ばあきれられています。

でも、きのくにに出会ってから、どんどん図太く、 じゃなかった、 心が解放されてきて、「私がやりたいからやる」というふうなので、平気です!


それにしても、小学校のフォークダンスからはじまって、高校のジャズダンスまで、授業や体育祭で強制的にやらされて、ほんとうにつらかったです。私、とってもどんくさくて、フリがどうしても覚えられなかったんです。それに、スタイルのいい子たちのなかで、自分がもたもたジャズダンスを踊る姿が、どれだけみっともないかも、よ〜くわかっていました。

それなのに、高校のときなんて、女子だけの全校練習だったのですが、男子が見学するなか、マイクで、「○○さん、ちゃんと見て!どうしてそうなるの!!」と名指しで叱られて・・・。(涙)

私、あのとき、「これが終わったら、一生踊らなくていいのかな・・・」と悲しい思いをしたこと、忘れられません。

それがどうしたことでしょう、ベリーダンスなんて!

たしか、7年くらいまえ、あるイベントでダンサーたちが踊っているのを見て、なにか、ぐっとくるものがあったんです。それから数年、心と行動が自由になってきたのかな、やっと自分でもやってみることができて、なかなか難しいですが、毎回気分爽快です。


それで思うのですが、「学校で無理にでもやらせられたことが、今、役立っている」とうい人もいるけれど、ほんとうにそうなんでしょうか。やめる自由、最初からやらない自由があったなら、逆にもっと楽しく、深く学べたのではないかと思うのです。


スポーツでも勉強でも、同じことを全員にやらせて、全員がある一定のレベルになるようにさせる、というのは、子どもにとっても教師にとっても、ものすごく労力の無駄をしているような気がしてなりません。私をどなりつけたあの体育の教師も、やる気のない私にいくら言ってもだめだってこと、わからなかったのかなあ。教師はいらいら、生徒はびくびくで、な〜んにもいいことなかったと思う。強制は無駄ですよ。

誰でも自分で決めて、その気になったとき、力を発揮できるのだと思います。

私もいつかベリーダンサーに・・・、ってそれはちょっと・・・、といいながら、密かに夢見ていたりして・・・。

|

« 殺伐としそうだな | トップページ | ぜひ読んでみて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/17912862

この記事へのトラックバック一覧です: 強制しないで:

« 殺伐としそうだな | トップページ | ぜひ読んでみて! »