« 幸せな学校 | トップページ | いろんな出会いがありました »

2007年11月29日 (木)

つれづれなるままに・・・

日常に戻って忙しく過ごしながらも、ときおり、先週末のシンポジウムのことを思い出し、幸せな気持ちに浸っています。

それで、この間書けなかったことを補足します。

学校紹介のなかで、どの学校も「ミーティング」の話しがでていました。それで司会者から、「ミーティングってどう?」という質問がでました。

ひらおだい四季の丘小学校の二年生(だったのですね!)の子が、「大事。決めなきゃいけないことがある」と言ったのには感心しました。他にも、「好きじゃないけど、クラスでつくるものとかの話し合いをするのに、みんなで話さないとダメだから、必要」とか「やめてほしいこととか言えるから大事」という意見がでていました。

どの子も、ミーティングの必要性を、肌で感じ取っているのですね。


それから、シンポジウムには、卒業生や、卒業生の保護者も何人か来ていました。

ある卒業生は、「きのくにみたいな考え方に賛同してくれる人がいるってことを知っただけでも、息しやすくなるわ。」と、話していたそうです。

卒業生がそんなふうに感じてくれる学校って、幸せですね。

そして、私も、きのくにに来て、きのくにのスタッフや保護者、子どもたちと話しをすると、すご〜くリラックスできます。本音で話せる空間だからかなあ。


|

« 幸せな学校 | トップページ | いろんな出会いがありました »

コメント

なんかほっとする空気を感じるところですね。

せっかく久しぶりに会ったのにゆっくり話もできなかったのが残念です。

投稿: ぺー | 2007年11月30日 (金) 20時50分

私も先日の会の様子を思い出したり、いただいた冊子を取り出して眺めては、幸せな気分になっています。
ミーティングについてはまみさんがおっしゃるように、必ずしも楽しくはないけれど(こういう気持ちをそのまま表現できるのが、またいいですね)、学校生活に必要なもの、欠かせないものという意見が多かったですね。どの学校にもミーティングがあるのは、さすが自由教育だと思いました。

投稿: まい | 2007年11月30日 (金) 22時41分

ぺーさん、ほんと、近くに座ったのに、全然お話できませんでしたね。残念!私、何してたんだろ・・・。
それにしても、OBになってもまた来たくなる場所ですね、きのくには。

まいさんがおっしゃるように、ミーティングは自由教育に欠かせないものだと思います。

自由教育というと、「体験学習」とか、「宿題やテストがない」、ということばかりが注目されたりしますが、ミーティングをして、相手の言うことをしっかり聞き、なおかつ自己主張もする、ということは、幸福な人生をつくっていくうえで、とても大切ですね。

投稿: mami | 2007年12月 2日 (日) 19時29分

さっそくブログ見せていただきました。素敵なブログですね。ニイルの本、もう一度読み返したくなりました。これからも色々教えてください。ありがとうございました!

投稿: TAO | 2007年12月 3日 (月) 14時35分

あ〜、TAOさん、さっそく来てくださって、ありがとうございま〜す。今回は、お話をうかがうことができて、大変よかったです。内容もさることながら、お話うまいですねえ。1時間があっというまでした。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: mami | 2007年12月 3日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/17225390

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに・・・:

« 幸せな学校 | トップページ | いろんな出会いがありました »