« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

子どものほうがわかってるのに

9月23日朝日新聞朝刊 『こども 脱・いじめ』の記事で、読者からの投書がまとめて載せてありました。特に印象的だったもの、二つから、少し抜粋します。


〈中学三年生女子〉
【いじめは、ちょっとしたやきもちやストレス解消から始めるんだと思う。いじめられた人がいじめる側になるのはよくあること。自分もいじめたことがある。
学校以外の塾や習い事の教室ではいじめがあまりない。学校がなくなればましになると思う。】


〈16歳女子〉
【「いじめるとスカッとする」という子どもがいるのは、彼らが日頃から相当嫌なものをため続けている証拠です。そのたまったものが変形して現れた姿が、いじめなのだと思います。

今の社会では、子どもは自分の感情を「ないこと」にしています。表すことを許されない「怒り」「悲しい」といった感情を、いじめることでやっと出しているのです。

「いじめたくなる気持ち」は持ってもいい。それを認めれば、子どもの心のもやもや感が軽減でき、いじめが減るかもしれない。「いじめてやりたい」と思うことと、実際にいじめることは違うから。】


どちらの意見も、問題の本質をついていると思います。


最初の、「学校がなくなればましになると思う」という意見は、以前、内藤朝雄氏も同じことをおっしゃっていましたし、ここでも取りあげました。私も、今の体制の学校と教育が存在し続ける限り、イジメはなくならないと思います。


だいたい、親だって、保護者会で気の合わない人がいたり、嫌な思いをすることがあるでしょう?それでも、なんとかやっていけるのは、一日中保護者会のメンバーと同じ部屋で過ごす、という必要がないからです。気の合わない人とは、距離を置くことができます。


今日会った友人が、「もう保護者会や子ども会で、疲れる〜。でも、大人は、そのときだけ我慢すればいいからましだよね。子どもたちはずっと一緒だもんね。」と言っていました。


きのくに子どもの村学園で、深刻ないじめがないのは、まず第一に、子どもたちが抑圧されていなくて、自己肯定感がある、ということが一番大きいと思います。そのうえで、クラス単位で動くプロジェクト活動あり、全然別のメンバーとのチョイスの活動があり、全校生が集まるミーティングあり、と、子どもの集まりに、動きがあるというのも影響しているでしょう。

そもそも、多くの時間をすごす、プロジェクトのメンバーが異年齢の集まりですので、みんな違って当たり前、という空気があります。


最近起こった、高校三年生が恐喝、イジメを受けて自殺した事件について、家族で話していたとき、Nに、「きのくににヒドいイジメがないのは、なんでだと思う?」と聞いてみたところ、

「ミーティングがあるっていうのが、大きいかな。みんの問題になるから。」と言っていました。

ミーティングでは、いじめたとされる子が叱られたり、責められたりするわけではありません。双方の言い分をよく聞いて、周りの子も、それを自分の問題としてとらえます。そして、どうすれば快適に過ごせるかを、小さい子も大きい子も、みんな一緒に考えるのです。


冒頭二つ目の投書にある、 【「いじめたくなる気持ち」は持ってもいい。それを認めれば、子どもの心のもやもや感が軽減でき、いじめが減るかもしれない。」】は、的を射ていると思います。

イジメが発覚するたびに、「命の大切さを伝えたい」とか「道徳教育をもっとしなければ」と、多くの教育者が言うけれど、そんなことしても、無駄ってことは、子どもはよ〜くわかってるのにね・・・。

「いじめたい気持ち」も、怒りも、イライラも、全部「よくないこと」として封じ込めるから、ますます陰湿に、上手に(?)なっていくのにね・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

きの高オープンキャンパス

9月17、18日の二日間、きのくに国際高等専修学校のオープンキャンパスがあり、Nが参加してきました。


と〜っても有意義で、楽しめたようです。心はぐぐ〜っと、高専?


さて、だいたいのスケジュールをご紹介します。

一日目は11時から始まり、まずオリエンテーションと保護者対象の学校説明会。外部生(きのくに子どもの村学園中学校以外)の保護者は説明会に来る方も多いようです。

今回の参加者は、きのくにから5名、かつやま子どもの村学園から7名、その他の学校から約10名、だったそうです。盛況ですね。


その後昼食をはさんで、午後は授業体験5、6時限目通しで、1時40分から3時10分まで。『プロジェクトX』なる、変わった授業の中に、四つ種類があります。
・音楽文化を探る
・土と炎から見た世界
・プロジェクト日本
・人権博物館から学ぶ

この中から、Nは「音楽文化を探る」を選択しました。このときは、民族音楽や楽器の話しを聞いたり、自分たちでグループに分かれて曲を作ったりしたそうです。


7、8時限目は、歓迎イベントとして、スポーツやゲームなどで楽しんだそうです。

一日目はこれで終了で、家に帰宅する人もあれば、高専の寮に泊まる人もいます。

参加者の中に、韓国から来ている子がいて、その子は日本語はわからず、英語だけだったのですが、「どうしてきのくにのオープンキャンパスに来たの?」とか「どれが面白かった?」とか、いろいろお話したそうです。他には、他の高校に一年間行ったけれど、きのくにに来たい、という人とか。

きのくにの内部生だけで固まるのでなく、いろんな人と打ち解けて話しができて、いい感じだなあ、と思いました。


二日目は午前に二つ、午後は一つ体験授業があります。


まず最初が、
・日本語
・世界史
・西洋哲学史
・日本史
の四つからの選択で、Nは西洋哲学史を選びました。

次は
・英会話
・フランス語
・韓国語
からの選択で、Nが選んだのはフランス語。(わ〜い!)
フルーツゼリーをつくったのだそうです。材料の名前や、切る、焼く、などの言葉のフランス語を教えてもらいながら。楽しそう。!

早速、「“切る”のフランス語は?」と尋ねると、「クペ」と即答。楽しみながら、覚えたみたいですね。


午後は芸術選択授業の四つから選びます。
・表現ファクトリー
・舞台芸術
・モーション・グラフィクス
・セルフビルド

Nはモーション・グラフィクスに挑戦しました。アニメみたいに、動かないものを映して、動画にするのをしたそうです。


授業の内容自体もユニークで、私も体験してみた〜い、と心ひかれます。

Nに、「何が一番よかった?」と聞いてみましたら、こんな答えが返ってきました。

「とにかく高専の雰囲気がいいんや。なんかな、高専の大人は、っていうか、きのくにの大人はみんなそうなんやけど、オレらを生徒としてでなくて、個人としてみてくれるんや。普通の高校やったら、先生の立場を使われる気がする。押し付ける感じがするんやな。きのくにだったら、不満があれば、はっきり自分の言いたいことが言えるし。」


この言葉を聞いて、感動してしまいました。中学三年生で、こんなふうに感じることができて、それをすっきりと言葉で表現できるんだ〜。

そして、私自身、なんどか高専の大人と話したことがあって、「雰囲気のよさ」というのは十分感じていましたので、Nの言っている意味が、すごくよく理解できて、うれしかったです。


2年くらい前、きのくにの大人と保護者の懇親会がありまして、高専の校長が挨拶されました。そのときの言葉がすごくすてきだったのです。

「人生、生きてるだけでもうけもん、高専で働けて、ボロもうけ!そないに思ってます〜。」

こんなふうに思って仕事してくれるなんて、子どもたち(もう子どもとは言えない年齢ですが)も幸せですね。


きのくに国際専修学校のオープンキャンパスは11月にも行われるそうなので、興味のあるかたは、HPで詳細をお確かめください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

修学旅行いろいろ

昨夜Nが帰宅しました。

空港まで迎えに行ったのですが、どこかの中学校の修学旅行の一行と同じ便になったようです。ユニバーサルスタジオに行ったらしく、ほとんどの生徒がユニバのお土産が入っているらしいビニールバックを下げています。もしかして、ユニバにも、制服で行ったの?まさかね・・・。

驚いたのは、制服姿の生徒たちの先頭をきって現れた、教師の姿です。背広にネクタイの男性が、鞄と蛍光グリーンのメガホンを持ってる。

修学旅行にメガホン・・・。飛行機の中までメガホン持って入って、何するのですか?

きっと、あちこちで、生徒をしゃがませて、「指導」してるんでしょうね。


決まりきった服装、教師が生徒を仕切る、こういうことが、ごく当たり前の感覚になってしまってるんですね。

教師も、この暑いのに、全員背広にネクタイですよ。そしてその教師の顔に、全然笑顔がない!キリキリして、明らかに疲れきっているのがわかる表情なのです。


イジメで生徒が自殺しても、まず保身を考える学校側。友達を、とことん追いつめる生徒たち。誰も止めようとしない。羊のように先生について歩いて、みんな同じ格好に安心してるから、人と違う言動をとる勇気がなくなってしまうのでしょうか。


家に帰ってから、夫にそんなことを言っていたら、Nが、「オレらイギリスに行ったとき(修学旅行で)、『ホームズの家』に行ったんやけど、駅に着いたらさ、大人(教師)が、“じゃあ、大人は後ろからついて行くからね”って言って、オレらが先に歩いて『ホームズの家』まで行ったんや。」と話してくれました。


以前、中学生の沖縄修学旅行に行った大人(教師)も、感動気味に、こんなことを言っていました。

「沖縄空港についたら、教師は先に行かないで、“じゃあ、ここからは頼むね〜”と、子どもたちに任せるんですよ。最初は戸惑ってた子どもたちも、ちゃんと自分たちで考えて動くんですよ〜。」

もちろん、車の運転はするし、困ったときは助言もするけれど、基本的には「子どもたちがつくる修学旅行」なんです。


この違いはナンなのでしょう?


子どもを信頼しているかしてないか、じゃないかな、と私は思います。


もちろん、それまでず〜っと管理しまくってやってきて、いきなり修学旅行で、「さあ、好きなところへ行ってごらん」というので、うまく行くはずはありません。


きのくに子どもの村学園では、日々、子どもが考える、子どもが決める、という「自己決定」が尊重されているからこそ、「子どもが主役の修学旅行」がうまくいくのでしょう。


自己決定ができて、教師からも信頼されていると、子どもたちには自尊感情がしっかりと根付きます。自尊感情を持てる子は、人のことを陰湿にいじめたりはしないと思う。


「背広にネクタイと制服とメガホン」の修学旅行に、なんの疑問も持たない人がほとんどなら、イジメは決してなくらないでしょうね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

いろいろありまして

すっかり更新が滞ってしまいました。

10日(月曜日)に、東京在住の義父が亡くなり、週末に葬式のため上京し、あわただしく過ごしておりました。


Nは一人で、きのくにから東京に直行してもらいました。飛行機は何十回と乗っているNですが、新幹線は初めてで、私も予約や切符の手配をどうするのかも知らなかったので、ネットで調べたり、Nと連絡を取ったりと、ばたばたしていました。

葬式の翌日は、きのくに国際高等専修学校のオープンキャンパスに参加することにしていたので、終わったらすぐその足で、きのくにに戻る、という強行軍になりました。

Fはギタースクール主催の、大切なサマーコース(ギター合宿)と重なってしまい、本人もしばし悩みましたが、かわいがってくれたおじいちゃんとの、最後のお別れにいくことを選びました。


彼らが身内のお葬式に行くのは、私の父以来です。それはもう12年前のことでしたので、二人は3、4才の頃でしたから、あまり記憶もありません。

私も、自分の父のときは、子どもは小さいし、開業して2年目くらいで仕事も大変なころだったので、感慨に浸る間もなく日常に戻ってしまった、という感じでした。


今回、義父の遺体と対面し、「あ、ほんとに亡くなってしまったんだ」ということが、ようやく実感として感じられ、その後お骨になったのを見たときは、「もしこれが、自分の息子だったら、とても耐えられない」と思いました。

昨年夏、福岡で飲酒運転の車に追突され、三人の幼児が亡くなった事故がありましたが、そのお父さんお母さんのことをふと思い出し、どれほどの悲しみだっただろう、と胸が痛くなりました。子どもたちの骨を見るなんて、正気ではいられなくなりそうです。

義父の思い出とともに、そんなことを考えていました。


FとNは、どんな思いを持ったのでしょう。


1才8ヶ月のいとこの面倒をみているFとNが、なんだかとても大人に見えた二日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

四季の丘小学校の説明会

熊本方面のみなさま、お待たせしました!ひらおだい四季の丘小学校の説明会の日程が決まりました。
(数日前に吉野さんから連絡いただいてましたが、アップできずにごめんなさい。)

9月26日(水) 13時からと19時からの二回行われます。

これだと、お仕事されているかたは夜のに、夜は家をあけにくいかたは昼のに参加できますね。

場所は熊本市託麻公民館B会議室(託麻市民センター内) 熊本ICから車で5分だそうです。


ひらおだい四季の丘小学校については、当ブログトップページの右側、【自由教育】の項の、「ひらおだい四季の丘小学校HP」と、【仲間】の項の、「ひらおだいはGrande!」(ひらおだい四季の丘小学校保護者さんのブログ)をご覧ください。


熊本での説明会は、熊本在住の、ひらおだいの保護者さんが手配されて、代表の吉野さんはもちろん、他の保護者さんも来てくださるそうです。入学を考えている方は、実際子どもを行かせている保護者の意見を聞きたいものですよね。

それから、保護者が学校を愛して、一緒に学校をバックアップしているというのは、学校にとっても、子どもにとっても、とても幸せなことだと思います。きのくににも、こういう頃があったのでしょうね。

「自分の子がいい学校にはいれたから、幸せ!」だけで終わらずに、自由学校のよさを、多くの人にわかってほしいですね。


熊本での説明会、多くのかたが集まってくださるといいな。

入学を検討のかたはもちろんですが、そうでなくても、どんな教育なのか聞いてみたいな、と興味のあるかたは、どなたでも参加できます。どうぞお知り合いのかたにも声をかけていただき、開校2年目のひらおだい四季の丘小学校の魅力に触れてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

全然ちがった

小学一年生の女の子を持つ男性が治療にいらっしゃいました。その女の子も、予防で数ヶ月に一度来院しています。その子にはしばらく会っていないので、会計の後、「Sちゃん、元気にしてますか?」と聞いてみました。


男性Aさん:ええ、元気ですけどね、小学校って、あんなもんなんですかね?今日(2学期始業日)からもう給食があるんですよ。

私:「あら、じゃあ、午後は授業ですか。大変ですねえ。」

Aさん:「先生のとこは、お子さん、○○町(地元)の学校には行かなかったんですってね?」

私:(おっ、きたきた。きのくにに興味があるのね〜。わくわく・・)ええ、全然行かなかったわけじゃないんですけど、ちょっと合わなかったですから〜。う〜んって思うことがけっこうありましたので。

Aさん:う〜んってどんなことがですか?

私:管理教育っていうんでしょうか、なんでもみんな一緒に決められたことをやって、机に向かっての勉強ばかりで、宿題も、同じ漢字を何度も何度も書くとか、うちは、そういうの、無駄なこと、って思っちゃうんですよ。だから、今行ってる学校はとても楽しくて・・・

Aさん:???

私:(あれっ?そういう話しじゃないの???)

Aさん:(きょとんとした顔をしながら)私は福岡で長く暮らしていましたけど、○○小でやってるくらいの勉強では、高校行ってからが大変なんじゃないかって、思うんですよ。

私:(ありゃりゃ、そういう心配でしたか)はあ、でも、机に向かって勉強ばかりしていても、どうなんでしょう。

Aさん:・・・

私:(やばい、Aさんの聞きたいことと、全然違ったんだわ、ここらで話し切り上げよ。)まあ、ここに住んでいたら、小学校の選択肢が、○○小しかないっていうのがよくないですよね。子どもや親の希望で、いろいろ選べるといいんですけどね。

Aさん:そうですね。


と、思いは全く違ったものの、議論する場でもなく、なんとか落としどころを見つけて、話しは終わりました。


やっぱり、こういう考えの親の方が、断然多いんでしょうねえ。


そして、夏休み後半、歯医者にくる子どもたちに、「もうすぐ学校だね、おうちと学校と、どっちがいい?」と聞くと、ほぼ100%「うちがいい〜」と言います。


それなのに、授業時間確保のために、夏休みを短くするんですって?

授業時間を増やしたって、賢くはならないし、人生にうんざりした子どもを増やすだけだと思います。

うんざりして、気力を失って、自分の頭で考えなくなる子どもたち。政治家も、親も、教育者も、みんなして、そんな子を増やしたいんでしょうねえ。


きのくにに行く、息子のNは、もう、とうにウチにいませんが(修学旅行中です)、いつも、長期の休みも半ばを過ぎると、「はやくきのくにに行きてえ」と言っていました。

この間は、「2学期の理科が楽しみや。宇宙のところに入るから。」と授業を心待ちにしていました。

授業時間が少なくても、やる気があって、楽しく学ぶほうが、ずっと身に付くのになあ。どうしてわからないのかなあ。
      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »