« 縛られていた | トップページ | 修学旅行へ出発 »

2007年8月14日 (火)

教育シンポジウムのお知らせ

2007年11月23日(金)と24日(土)に、きのくに子どもの村学園主催の、教育シンポジウムが開かれます。

場所は、23日はかつやま子どもの村小中学校(福井県)、24日は橋本市教育文化会館です。

内容は両日共通が、自由学校子どもサミットというもので、以下の学校が参加する予定です。
 かつやま子どもの村小学校(福井県)
 きのくに子どもの村小学校(和歌山県)
 グリーンヒルズ小学校(長野県) 
 ひらおだい四季の丘小学校(福岡県)
 わくわく子ども学校(大阪府)

それに加えて24日のほうは、【いま高等専修学校がおもしろい】と題して、きのくに国際高等専修学校とりら創造芸術高等専修学校が紹介されるようです。


楽しみですね〜。きのくに高専の様子や、昨年開校したりら創造芸術高専の話しもぜひ聞きたいので、私は24日のほうに行くつもりです。

その週末はNが帰宅する予定になっているのですが、もう中三だし、一日くらい私がいられなくても、まあ、いいかな。福岡からの夜行バスに乗ってみようかな、と思っています。飛行機に比べるとかなり安いから。朝大阪についたら、どこかでのんびり銭湯にでも入ってと・・・。


このブログを読んでくださっていて、まだお会いしたことのないみなさまと、ぜひぜひこの機会にお会いしたいです!詳しいことは、きのくに子どもの村学園のホームページの、【教育研究所】というところから見ることができます。


数年前、堀さんが、「これからは、あちこちにできつつある、自由教育の学校やユニークな取り組みをしている学校とネットワークをつくっていきたい」とおっしゃったことがあります。その思いが形になってきているのだなあ、と感慨深いものがあります。


いつも変わらず守り続けるものがあり、それと同時に進化もしつづけるきのくにはほんとうにすばらしい!


あ、それから、【最近のきのくに】に、先日のサマースクールの写真が、ほんのちょっとですが、アップされていますよ。

|

« 縛られていた | トップページ | 修学旅行へ出発 »

コメント

mamiさん、お知らせどうもありがとうございます。私にとっては「待ってましたー」という感じの嬉しい会です。子どもは夫に預けて、何とか参加したいです。ちなみに、私も参加できるとしたら橋本市での会です。さっそく、カレンダーと手帳に予定を書き込みました。久しぶりにブログに教育関係の記事を書きました。きのくにの精神と通じるところが多いと思いますので、TB送らせてください☆

投稿: まい | 2007年8月15日 (水) 20時58分

mamiさん、うれしいお知らせありがとうございます。
うー、行きたい!
ちょっと難しいけど、なんとか参加したいです。
参加できたら、ぜひmamiさんにお会いしたい~!!
サマースクール後、またチカラが入ってしまっています…(笑)

投稿: iku | 2007年8月16日 (木) 01時22分

まいさん、ikuさん、ぜひぜひ参加をお待ちしております。

きのくにのシンポジウムは毎年趣向が違っていて、きのくにスタッフが、活動の様子をじっくり報告してくれたり、外国からのお客さまを招いたり、日本の公立小でも頑張っているところを紹介したり、卒業生、在校生が話しをしたりと、いろいろです。

毎回得るものがあり、感動の一言が心に残ります。そして、ますます、「ああ、きのくにと出会ってよかった〜」と思うんです。

私も今からすっごく楽しみにしています。まいさん、ikuさんにもあえるといいいな。

まいさん、トラバ、ありがとうございます。

投稿: mami | 2007年8月17日 (金) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/16110204

この記事へのトラックバック一覧です: 教育シンポジウムのお知らせ:

» フィンランドの高校教育がわかる本 [教育基本法を読み学ぶ市民の会 in 滋賀]
青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記作者: 高橋 絵里香出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/03/16メディア: 単行本 選挙や戦争の話題が続き、このところ教育について記事を書く余裕がありませんでした。選挙も終わり、お盆のため政治関連の動きも少なくなりました。疲れがたまっていた私の体調もかなり回復し(もともとあまり体力がないのです)、ようやく教育関連について書くことができます。 今日はフィンランドの高校教育を経験した若い女性の体験記の紹介です。とてもお勧めの本で... [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 20時58分

« 縛られていた | トップページ | 修学旅行へ出発 »