« 何度聞いてもええ話しやな〜 | トップページ | 学ぶ喜び »

2007年7月20日 (金)

うすっぺらな知識

何日か前の記事に、息子が『伊豆の踊り子』を買って来た、という話しを書きました。

もちろん息子は読むために買ってきました。尊敬するギタリストのブログに書いてあった、というのは、影響力が大きいようです。多分彼は、「川端康成」も知らなかったはずです。


で、私は、川端康成を知っているし、『雪国』の出だしが、「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」というのも知ってます。でも、読んだことないんですよ。

小林多喜二が『蟹工船』を書いたとか、ダンテの『神曲』とか、試験にでるから、そういうセットでちゃんと覚えてる。でも、よく内容を知らない。これってどうよ、と自分に突っ込みたくなります。


全然、先入観、というか、予備知識なく、自分の尊敬する人が読んでいた本を、自分も読んでみよう、って、いいなあ。その新鮮さが、ちょっとうらやましかったです。

私もまた、新鮮な気持ちで、読書、しようかな。そして、彼みたいに、じっくり、ゆっくり読んでみよう。

|

« 何度聞いてもええ話しやな〜 | トップページ | 学ぶ喜び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/15827394

この記事へのトラックバック一覧です: うすっぺらな知識:

« 何度聞いてもええ話しやな〜 | トップページ | 学ぶ喜び »