« 学ぶ喜び | トップページ | 台風こわかったです »

2007年7月31日 (火)

息子から逆輸入

今、『オオカミ族の少年』(ミッシェル・ペイヴァー作  評論社刊)という本を読んでいます。分類分けするとすれば、ファンタジーに入るのでしょうが、とてもその一言ではおさまりきれません。舞台は6000年前です。


Nが、「すごく面白かったよ。続き(二巻、三巻)が読みたいなあ。」というので、購入しました。

この本は、ミッシェル・ペイヴァーの『千古の闇』というシリーズもので、六巻までの予定で、現在二巻の『生霊わたり』、三巻の『魂食らい』まででています。


きのくにでの国語の授業のとき、自分がお勧めの本を、みんなに紹介する、という課題があったのだそうです。すでに読んだ本を紹介してもいいし、特に思いつかない人へは、国語の教師が、いくつかお勧め本を紹介してくれて、その一つが、『オオカミ族の少年』だったそうです。

きのくに子どもの村学園中学校の図書室には、すてきな本がたくさんそろっているのです。

授業では、1人ひとりが本を紹介して、「どんな話しなのか」「読んだ感想」などを文章にまとめ、発表したということです。

Nは、「オレの紹介した『オオカミ族の少年』を読みたいっていう人がすごく多かったよ」とうれしそうに言っていました。


夏休みの宿題で、「読書感想文」を義務づけられて、しぶしぶ書くより、興味を持って本を読んで、みんなに紹介して、友達にも興味を持ってもらう、って、ずっと楽しそう。


そして、その国語の教師は、きのくにの教員、という、それだけで十分忙しいなか、読書量も多いし、おまけに剣道でも大会に出場するほど打ち込んでおられます。


そういう姿を見て、子どもも尊敬の念を抱いているようです。尊敬している人が勧めてくれるから、よけいに興味もわくのでしょう。

「○○くん(教師のニックネーム)、すっごく本読んでるよ。いい本紹介してくれるんや。」とNも言っています。

きのくにの、こういう雰囲気が、私は大好きです。

そして私は、大好きな息子が勧めてくれる本、ワクワクしながら読んでいます。これからも、息子からの逆輸入で、読書の幅が広がりそうです。

|

« 学ぶ喜び | トップページ | 台風こわかったです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/15954490

この記事へのトラックバック一覧です: 息子から逆輸入:

« 学ぶ喜び | トップページ | 台風こわかったです »