« グローバルニュース | トップページ | 深い興味、広がる興味 »

2007年6月19日 (火)

試練のとき

2001年の10月、きのくに子どもの村学園10周年記念シンポジウムの資料の中で、サマーヒルスクール校長、ゾーイ・レドヘッドさんが、こんな文章を書いておられます。(すでに紹介したかもしれませんが)


【明らかに数学の才能に恵まれた子どもが、数学に背を向けて、音楽や焼き物に熱中することもあります。これを黙って見守るのは、なかなか骨の折れる仕事です。

しかし、私たちは肝に銘じておかねばなりません。これは私たちの人生ではなくて、子どもの人生なのです。何に興味をもつか、そしてどの方面に進むかは、その人自身が決めることです。】


次男Nも、そろそろ進路について考え始めたようです。


私は、ゾーイさんの言葉をしっかり心に刻むとともに、経済的なことを考え、伝えたいことはきちんと伝え、そして、Nの気持ちを受け止めていきたいです。私にとっての、試練のときがきたようです。

|

« グローバルニュース | トップページ | 深い興味、広がる興味 »

コメント

まみさん、こんにちは。
>明らかに数学の才能に恵まれた子どもが、数学に背を向けて、音楽や焼き物に熱中することもあります。これを黙って見守るのは、なかなか骨の折れる仕事です。
私の夫がきのくにを評価しながらも不安を拭いきれないのは、これが大きな理由の一つだと思います。夫自身は入学時に専攻を決めなくても良い大学を選択し、いろいろな講義を聴きながら興味の幅を広げていったそうです。きのくにでは、(「たまたま」と言うような軽いものではないと思いますが)興味を持ったことに没頭しすぎて、自分の本当の持ち味を生かせない子もいるのではないか・・・というのが彼の気持ちのようです。もちろん反対に、早くから自分の大好きなことを見つけて打ち込める子も同じようにいるということはわかっていると思います。

私自身はゾーイさんの
しかし、私たちは肝に銘じておかねばなりません。これは私たちの人生ではなくて、子どもの人生なのです。何に興味をもつか、そしてどの方面に進むかは、その人自身が決めることです。
という言葉により共感します。私自身、親の強い勧めで進路と職業を決めてしまいましたが、その職業をこなせないことはないけれども、いろいろな面であまり向いておらず、中途半端になりいまだに苦労しています。「大学進学の時、自分で決めたかった」というのはいまも大きな後悔です。

我が家の悩みが凝縮されたような記事です。
まみさんはきのくにスピリットをお持ちなので、Nくんは幸せです。「試練」が夢と楽しみに育っていきますように、お祈りしています。

投稿: まい | 2007年6月20日 (水) 09時54分

>まみさんはきのくにスピリットをお持ちなので、

いえいえ、ときどき「問題の親」が顔をだすことがありますです。
私はほんとうは何を大切に思っているのか、どういう価値観で生きているのか、そんなことを、きのくにに試されているような気がします。

それから、オットさんご指摘のことは、他の見学者のかたからも同じような意見を聞いたことがあります。なので、ちょっとじっくり書きたいので、本文記事で触れたいと思います。

投稿: mami | 2007年6月22日 (金) 13時27分

>オットさんご指摘のことは、他の見学者のかたからも同じような意見を聞いたことがあります。なので、ちょっとじっくり書きたいので、本文記事で触れたいと思います。

ぜひ教えてください!うちの家族にとってはかなり大きなポイントになりそうなので、とても興味があります。と言ってもお忙しいことでしょうから、無理はなさらないでくださいね。楽しみに待っています☆

投稿: まい | 2007年6月23日 (土) 10時20分

【教える】なんて、めっそうもございません。(笑)
あくまで、私個人が感じていること、というスタンスです。自分の書いていることが、正しいかどうかもわからないし、【正しい答え】というのがあるかもわかりせん。なので、もし、参考になるところはしていただいて、そうでなければ、読み飛ばしてくださいまし。

きのくに保護者といっても、いろんな考えの人がいます。私も、ここで発言することによって、いろいろ話しが聞けたらいいな、って思ってるんですよ。

投稿: mami | 2007年6月23日 (土) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/15494009

この記事へのトラックバック一覧です: 試練のとき:

« グローバルニュース | トップページ | 深い興味、広がる興味 »