« 23時 アンデス行き | トップページ | ローカルニュース »

2007年6月 9日 (土)

寮の朝ご飯

きのくに子どもの村学園では、だいたい約8割の子どもたちが寮生活をしています。関西近県の子は、月曜の朝学校に来て、金曜の夕方帰宅する、という「週末帰宅」での寮生活です。


食事は、夜は市内のお店で調理したものを、寮まで毎日運んできてもらいますが、朝は寮母さんと、担当の子どもたちで準備します。


先週の『weekly きのくに』というお便りに、こんな文章が載っていました。


【寮の朝食は、当番の子どもたちが生協さんのチラシを見ながらメニューを決めます。
今週は麺づくし:
火曜日 うどん50玉(足りずに、あせって思わず長期のときに残っていたそうめんやそばをゆがきました。)
水曜日 スパゲティ7kg
木曜日 冷麺
金曜日 焼きめし

前夜から子どもたちも一緒に下準備します。人数が多いので「大変!」と思うときもありますが、「家で食べられなかったものが寮で食べられるようになった」「寮の朝ごはんが楽しみ」などという声を聞くと、寮母も朝食をつくるのが楽しくなります。】


子どもの話しによると、他にもパンとスープとサラダだったり、メニューはいろいろだそうです。

それにしても、すごい量です。これでも、今、ひとクラスがイギリス滞在中で不在なので、少ないほうでしょう。

つくづく、寮母さんて、えらいなあ、すごいなあ、と思います。私だったら、朝から麺なんて、手間のかかること、できませ〜ん。子どもたちに決めさせるなんて、できませ〜ん。

私が寮母さんだったら、多分、毎日トーストになるでしょう。(^^”)


1998年発行の『自由学校の子どもたち』(黎明書房)の中に、当時の寮母さんが書いた文章が載っています。

【当番の片方が休む時もある。ある日、残った子が、「オレ一人や」と心配そうにポツリ。聞いていた同室の子が、「オレ、手伝ってやる」。そして「オレもオレも!」と、頼もしい助っ人が次々と登場する。そして、みんなで決めたメニューはチャーハン。えっ、朝からチャーハン?でも、作ってしまうところがすごい。

まず、玉ネギのみじん切りからスタートする。目がしみ、涙をボロボロこぼして、「げーっ、目がしみるー」と悲鳴をあげる。一生懸命がんばったけれど、ついにギブアップ。何といっても玉ネギの数が多い。そこで寮母にバトンタッチ。

次に子どもたちは、夕べの冷やご飯を炒め始める。隣では、玉ネギとミックスベジタブルを炒めている。ホットプレートで炒めるので火力が弱い。うまくいかない。それに少しずつやっていては時間が足りなくなる。時間との戦いなのだ。あせりがでてくる。

寮母もハラハラ、ドキドキ。何かいいたくなるのを、ぐっと我慢する。助っ人の子どもたちも「手伝わなければよかった」と言い出す始末だ。みんなの手がうまく動かない。しかし、ここまできた以上、やめるわけにはいかない。「ごはん炒めるのやめて、鍋に入れて具を混ぜたらどうなかー」と提案してみる。みんな「そうか」という感じで、ようやく手が動き始める。 ・・・】


子どもの考えを、頭ごなしに却下したりせず、一緒に動き、せかしたり愚痴を言ったりしない。そして、命令するのでなく、さりげなくアドバイス。これ、なかなかできることではないですよ。

寮母さんたちには、ほんとうに頭が下がります。

Nも言いますもん、「お母さんは、絶対寮母さんできんよ。」って。よくわかってらっしゃる!

|

« 23時 アンデス行き | トップページ | ローカルニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/15372902

この記事へのトラックバック一覧です: 寮の朝ご飯:

« 23時 アンデス行き | トップページ | ローカルニュース »