« サマースクールのお知らせ | トップページ | 人はいつから大人になるのか »

2007年5月29日 (火)

善き人のためのソナタ

『善き人のためのソナタ』というドイツ映画、みなさまはもうご覧になりましたか?当地では、ただいま公開中でして、先日の日曜日、一人で見てきました。もう最高の映画でした!


舞台はベルリンの壁崩壊少し前の東ドイツ。国家保安省の優秀な局員であるヴィースラーは、反体制の疑いのある劇作家ドライマンと、その恋人クリスタを完全監視することになります。24時間態勢で、すべてを盗聴するのです。

ヴィースラーは、盗聴器を通して、ドライマンとクリスタの愛を感じ、西側の思想に触れ、ドライマンがピアノで弾くソナタを聞きます。

家では一人で食事をし、売春婦を呼んで、ひとときの安らぎを買うヴィースラーは、次第に自分の硬い心が変化するのを感じるのです。

敵だと思っていた相手に、共感を覚えてしまったら、どうなるのでしょう。

この先はぜひ映画をご覧ください。


最後の最後のシーンが、胸にグッときて、エンドロールが全部終わっても、まだ心のなかで波だっている感動を、味わい尽くせないような感じでした。


私が言葉で表現すると、なんだか安っぽく、陳腐になってしまいそうですが、人間のほんとうの強さを見せられたような気がしました。そして、人は変われる、という希望・・・。う〜ん、どう書いても、伝えられない〜。とにかく多くのかたに見て欲しいです。

Nは残念ながら、公開中は帰宅しないので見られないけれど、Fは今週見に行くそうです。


それにしても、ベルリンの壁崩壊が1989年11月。まだ20年もたってないのですね。その頃私は20代半ばでした。壁崩壊は知っていたけど、それまでの東ドイツが、こんな恐ろしい監視国家だったなんて、全然知りませんでした。社会のことに、あまり関心もなかったし。なんてぼんやりと過ごしてしまったんだろう、と忸怩たる思いです。


ぼんやりしてたら、自由な日本も、いつ監視国家になってしまうかわからない!

|

« サマースクールのお知らせ | トップページ | 人はいつから大人になるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/15249303

この記事へのトラックバック一覧です: 善き人のためのソナタ:

« サマースクールのお知らせ | トップページ | 人はいつから大人になるのか »